2018年6月14日

燃焼熱利用、柱に 倉吉市が再生エネ計画策定へ

 鳥取県倉吉市は、木質バイオマス資源の持続的な活用を目指す「再生可能エネルギー計画」を策定する。民間事業者による木質バイオマス燃焼設備の導入を促進するのが狙い。市によると、燃焼熱の利用を柱にした計画策定は県内4市では初めて。

会員登録すると続きをお読みいただけます。