2018年6月19日

県立高校統廃合も検討 再編視野と県教育長

 鳥取県の山本仁志教育長は18日の県議会本会議で、2026年度以降の県立高校の在り方について「場合によっては統廃合を含めて検討しなければいけない」と述べ、少子化で生徒数が減少する中、高校再編も視野に検討する必要があるとの考えを示した。

会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連特集