2018年6月19日

出荷態勢など対策本部設置 JA鳥取中央

 JA鳥取中央は18日、大阪府北部で起きた地震を受け、倉吉市越殿町の同JA本所に販売対策本部(本部長・栗原隆政組合長)を設置した。現地の被害や交通状況を把握しながら、最盛期のスイカなどの出荷態勢を生産部と協議し決めていく。

 同JAによると、取引のある関西圏の12指定市場のうち、数社で建物損壊や停電などの被害が出ているという。同JAは洗いラッキョウなどの品目で18日の出荷を一部中止、他地域へ振り分けた。大栄スイカは予定通り出荷したが、道路渋滞などで市場への延着も懸念される。

 19日に現地を視察する同JAの戸田勲常務は「今後の出荷は状況確認しながら決めていくが、できるだけ出荷したい。鳥取中部地震の際には大きな応援を受けた。恩返しする時だ」と話した。(池田悠平)