2018年6月30日

今夏、本格運用 中西部5自治体クラウド

 鳥取県中西部の1市4町が今夏、各庁舎と民間のデータセンターを専用回線でつなぎ、住民基本台帳や納税情報などのシステムを共同運用する「自治体クラウド」を本格導入する。システムの運用や維持にかかる経費を削減し、住民サービスの向上につなげる。

会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連特集