2018年7月2日

塩見さん初優勝 全日本アマ将棋名人戦県予選

 第72回全日本アマチュア将棋名人戦鳥取県予選大会(日本将棋連盟鳥取支部、新日本海新聞社主催)が1日、鳥取市富安2丁目の日本海新聞ビル5階ホールで開かれ、米子市東福原8丁目の会社員、塩見晴義さん(26)が、鳥取大付属中3年の小畑悠太朗さん(15)を決勝で下し、初優勝した。塩見さんは、9月8日から東京都で行われる全国大会に県代表として出場する。

 小学生からベテランまで38人が参戦。開会式では同支部の伊吹和芳支部長が「近年は若い世代の活躍が目立つ。皆さんが培った実力を発揮してほしい」と激励した。

 決勝は、前県アマ名人の塩見さんと、同大会2年ぶりの決勝進出となった小畑さんの若手実力者同士が対戦。互いに手の内を知り尽くしており相穴熊戦で展開したが、塩見さんの猛攻で一気に勝負がついた。

 塩見さんは「自分の持ち味である攻めの展開で進められた。学生の活躍ばかり目立つが、全国大会では県代表として意地を見せたい」と意気込んだ。(植田紀子)

関連特集