2018年7月10日

豪雨被害の岡山、広島支援 鳥取県がセンター機能

 中国地方を襲った豪雨を受け、鳥取県の平井伸治知事は9日の定例会見で、特に被害が大きい岡山、広島両県の支援に向け、鳥取県が広域応援を取りまとめるセンター機能を担う意向を示した。中国5県内で復旧作業に関わる人員を確保し、派遣先の調整に当たる。

 鳥取県は既に情報連絡員として岡山県に3人、広島県に1人を派遣している。被災地のニーズを把握した上で人員数や派遣先を調整する。要員派遣が必要な分野として、家屋被害の認定調査▽避難所の運営支援▽土砂崩落箇所の現地確認▽農地や農作物の被害確認―などが想定される。

 本来は中国地方知事会長の湯崎英彦広島県知事が取り仕切るが、広島県の被害が大きいことから平井知事に要請があった。既に支援を表明している関西広域連合についても鳥取県が調整役を務める。

 10日には平井知事が菅義偉内閣官房長官に同知事会の緊急要望を伝える。主な項目は、速やかな人命救助▽激甚災害への指定▽道路や鉄道の早期復旧―など。

 平井知事は「鳥取中部地震で中国地方の皆さんから大変な支援をいただいた。中国5県が一体となって難局を乗り切ろうと話し合った」と述べた。(今岡浩明)