2018年8月10日

家族失った子の手記に涙 米子で朗読コンサート

 長崎原爆の日の9日、米子市立図書館で朗読コンサート「星は見ている―原爆の日に寄せて」が開かれた。悲惨な被害を記録した写真とともに家族を失って深い悲しみを抱える子どもたちの言葉が伝えられ、会場は悲しみと平和への祈りに包まれた。

会員登録すると続きをお読みいただけます。