2018年9月12日

造形表現変遷知る30点 島根県立美術館で河井寛次郎展

 近代陶芸と民芸運動の大家、河井寛次郎(1890~1966年)のコレクション展が松江市の島根県立美術館で開かれている。世界の古陶磁を研究した初期から「用の美」の民芸に傾倒した戦前、独創的な造形を追求した戦後まで、

会員登録すると続きをお読みいただけます。