2018年10月2日

東京五輪の年賀はがき発売 マスコットをデザイン

 2020年東京五輪、パラリンピックの公式マスコットをあしらった19年用年賀はがきの発売が1日、全国の郵便局で一斉に始まった。通常の年賀はがきより1カ月前倒しした数量限定販売で、1枚につき5円の寄付金付き。鳥取県内の郵便局でも早速、平成最後のメモリアルはがきを買い求める人が訪れた。

 公式マスコット「ミライトワ」「ソメイティ」をデザインした3種類で1枚67円。無地と絵入りは20年大会にちなんでそれぞれ2020万枚発行。特殊印刷は限定100万枚。5円分の寄付金は大会運営に充てられる。

 鳥取市東品治町の鳥取中央郵便局で記念セレモニーがあり、日本郵便のキャラクター「ぽすくま」が販売をPR。全種類計10枚購入した同市気高町新町の田中法昭さん(60)は「記念に取っておくつもり。年賀状という形で自分もオリンピックに携われるのはうれしい」と話した。

 通常の年賀はがきの発売は11月1日。販売はいずれも来年1月11日まで。