2018年10月5日

幼稚園で交通安全教室 ホンダカーズ山陰中央

 ホンダカーズ山陰中央(本社・米子市車尾)の交通安全教室が2日、鳥取市西品治の認定こども園鳥取第二幼稚園であり、全園児293人が横断歩道の渡り方など交通安全の基本を楽しく学んだ。

 ホンダグループが全国の幼保育園や小学校などで展開する交通安全普及活動の一環。

 鳥取県東部の販売店スタッフが「白い線の内側を一列で歩く」「信号が点滅したら車に気を付けて急いで渡る」など、正しい歩道の歩き方や交差点の渡り方を説明。模擬横断歩道を使った実践学習では、子どもたちは左右の安全を確認し、手を上げて一斉に渡った。

 中野理飛斗ちゃん(5)は「車の音当てクイズが楽しかった。横断歩道を渡るときはいつも右を見て左を見て、もう一度右を見て渡ってる」と話した。