2018年10月11日

任期中に復興道筋 鳥取中部地震2年控え知事

 鳥取県の平井伸治知事は鳥取中部地震から2年を前に10日、本紙のインタビューに答え、「任期中に復興の道筋を付けておく必要がある」と述べ、「復興」は本年度中に一定のめどを付ける考えを示した。その一方で「福興(ふっこう)、さらに福高(ふっこう)に

会員登録すると続きをお読みいただけます。