2018年11月19日

大会盛況、観光振興も クライミングアジア選手権

 倉吉体育文化会館で行われたスポーツクライミングのアジア選手権(7~11日)はリード種目で3位に入った北栄町出身の高田知尭選手(県協会)をはじめ日本勢が5種目で金メダルを獲得し、5日間の来場者は5千人超と盛況だった。競技と合わせて観光振興を狙った関係者は手応えをつかみ、次の一手を模索する。

会員登録すると続きをお読みいただけます。