2019年1月12日

鳥取砂丘にまた落書き 県が外国人観光客に注意

 鳥取県は11日、鳥取市の鳥取砂丘で縦5メートル、横25メートル大の落書きが見つかったと発表した。外国人観光客の男女2人が足で書いたことを認め、県砂丘事務所が口頭で注意した。4日には車のタイヤ跡も見つかっており、県はルール徹底の啓発を強化する。

会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連特集