グッドヒル株式会社 匠の業とIT技術の融合
経営方針 会社概要 デザインアシスト 生産システム ファッション・スタジアム

グッドヒル「3つ星」 縫製工場を優秀認定 IACDE (2016年2月11日付「日本海新聞」掲載記事)
藤本会長から認定書を受け取る吉岡社長(右)=10日、東京都文京区の嘉ノ雅茗渓館
 大手紳士服メーカー「グッドヒル」(鳥取市、吉岡秀樹社長)の縫製工場が10日、紳士服のパターン・縫製技能保有者(モデリスト)でつくる「国際衣服デザイナー・エグゼクティブ協会(IACDE)」日本支部の「国内縫製工場優秀3つ星工場」に認定された。

 同支部は、品質に優れたメード・イン・ジャパンの生産技術にスポットを当て、世界に発信していこうと、国内の紳士服工場を格付けし、優良企業を選定する事業を進めている。2013年の3社に続き、今回はオーダースーツ部門として3社を選定した。

 選定されたのは同社のほか、ジェンツ(福島市)、ミユキソーイング(長崎県西海市)の工場。毛芯(けじん)技術による製品の品質が優れ、優秀な技術者がいることなど認定基準をクリアした。

 東京都内のイベント会場で開かれた、同支部主催の「モデリストの集い」で格付けの発表があった。藤本博哉会長から認定書と記念品を受け取った吉岡社長(59)は「10年以上前から、IT技術と匠(たくみ)の技の融合を目指して取り組んできた。今後も独自の技術検定の実施など、技能向上に取り組んでいきたい」と述べた。

 グッドヒルは本社(鳥取市)と浜村(同)、岩美(鳥取県岩美町)、郡家(同八頭町)の4工場を稼働。1日平均1400着のオーダースーツを生産している。


インドに本格進出 鳥取の技術を海外へ (2013年3月28日付「日本海新聞」掲載記事)
インド工場の生産ライン
インド工場に掲げられた合弁表示看板
 鳥取市に本社を構える大手紳士服メーカー、グッドヒル(吉岡秀樹社長)は最先端のIT技術を活用し、国内外に向けてオーダースーツを製造・販売している。人口10億人を超える巨大市場である中国に加えて、インドにも進出し、海外事業を拡大するとともに鳥取県内の工場では、熟練の職人の技による付加価値の高い商品を“創り”出している。

 同社は県の誘致企業として1961年に設立。現在820人の従業員が働く国内最大級の縫製工場であり、鳥取を代表する企業として定着している。販売は、直営店や、子会社エフワンの東北から九州までの店舗、大手百貨店などで行っている。

 海外事業は72年に韓国に進出したのがスタート。めざましい経済発展が続くインドでは2013年11月、南西部のバンガロール市に工場を建設し、稼働。生産から販売までを手掛ける。日系アパレルメーカーのインド本格進出は初めてという。

 現在、インドの工場は従業員約千人が働き、パンツを中心に1日当たり2千枚以上を製造。提携先のインド繊維大手でジーンズやシャツなどを扱うアルビンド社が販売している。日本国内と比べて品質面での課題が残るものの、グッドヒルは鳥取で高めてきた技術やノウハウを、社員を派遣するなどして持ち込み、品質の向上を進めている。

 インドの紳士服市場は数量ベースで既に日本を上回り、今後も成長が見込まれている。中でもオーダースーツ市場は個人経営の店舗での販売が大部分を占めていることから、グッドヒルは最新の設備による生産でスピードや仕上がりに差をつけ、15年中の黒字化を見込む。

 吉岡社長は「インドは世界に向かって打っていく拠点工場として考えており、今後世界展開を強化する。国内ではイージーオーダーから高いレベルのオーダーまで手掛け、グッドヒルのブランド力を高めていく」と将来を展望している。


「本物の紳士服」手作り ITと匠の技の融合 (2013年3月28日付「日本海新聞」掲載記事)
高精度な自動裁断機での作業=グッドヒル本社工場
グッドヒルが誇る職人の名前が掲示された「番付表」と吉岡社長
 グッドヒルは「本物の紳士服は手作りが基本」との理念の下、鳥取市に構える国内屈指の工場などで、IT技術と匠(たくみ)の技を融合した高い品質の紳士服を製造し、ブランド力を高めている。

 在庫を抱えない、売ってから作る「セルデュースシステム」を採用し、販売と製造を一体化した。お客さまを採寸することから始め、1千万人の体形データをシミュレーションした独自ソフトで個々に型紙を作成することで仮縫いしなくても体にフィットするスピーディーな服作りを実現した。

 工場では、まず服地を1着ずつレーザー自動裁断機で裁断する。続いて部品、組み立て、仕上げの各センターで、さまざまな資格を取得した社員が最新鋭の機器を駆使しながら作業を進めていく。紳士服の仕立ての良さ(着心地)を左右する組み立て作業では、豊富な経験と熟練した技術、そして諸先輩から受け継いできた基本作業で、作る喜びを持ち縫い上げていく。

 最先端の機械が並ぶ同社だが、高品質スーツの製造には社員の技術が欠かせない。国内では多くの縫製工場が海外移転したのに伴い、職人が減っているが、同社には、卓越した技能者である通称「現代の名工」(厚生労働大臣が表彰)をはじめ、多くの国認定の紳士服製造技能士らが在籍。本社のほかにも県内には、浜村(鳥取市)、岩美(岩美町)、郡家(八頭町)に工場があり、社員は日々研さんを積み、技術を高めている。

 同社は社員の技能を大事にしており、各種研修などを実施。社員を技術力の順番に並べて掲示する「番付表」を社内に掲げるなどユニークな取り組みも行っている。今年夏には、独自の資格試験を新たに導入し、社員の技能や意欲のさらなる向上を図っていく。


地域の誇り 引き継がれる縫製技術 (2013年3月28日付「日本海新聞」掲載記事)
早く正確に着心地の良い服を縫い上げる岩田さん=岩美工場
 「着心地のいい洋服を届けたい」―。約30人の社員が勤めるグッドヒル岩美工場では、工場長を務める岩田輝美さん(63)をはじめ幅広い世代の社員がアイロンやミシンを駆使して高品質スーツを次々に仕上げていく。

 グッドヒルの主力製品はオーダーメードスーツ。既製服と異なり一点一点、生地の大きさや形が違い、作業も同じではない。作業には知識や経験、そして勘も求められる。

 同工場では、7年前から本社から社員研修を受け入れ、岩田さんや、「現代の名工」の厨子博之さん(67)らが半年間みっちり縫製技術を教え込む。“卒業”して本社に帰った社員は13人。いずれも各部署で中心となって活躍している。

 岩田さんは「外国の工場に勝つためには技術アップして付加価値を付けないといけない。いいものをつくる技術を引き継いでいきたい」と話す。


ガイナーレにオーダースーツ贈呈 (2013年3月1日付「日本海新聞」掲載記事)
吉岡社長とともにオーダースーツ姿を披露する小村監督(前列右)と選手(後列)=28日、鳥取市吉成2丁目のグッドヒル本社ロビー
 紳士服メーカーのグッドヒル(鳥取市吉成2丁目、吉岡秀樹社長)は28日、クラブスポンサーとなっているサッカーJ2のガイナーレ鳥取に、選手、スタッフ合わせ38着のオーダースーツを贈った。

 オーダースーツの贈呈は7回目。スーツは選手の精悍(せいかん)な体つきを強調するエックスラインで、流行のシルエット。オーダーネクタイや襟穴には、チームカラーのグリーンをあしらっている。

 同社で行われた贈呈式には、真新しいブルーのピンストライプスーツに身を包んだガイナーレ鳥取の小村徳男監督と選手4人が出席。吉岡社長は「スーツはJ1に負けていない。プレーでもJ1に負けず、今年は昇格を目指して頑張ってください」と選手らを激励した。

 小村監督は「今回は監督としてスーツを着て戦う立場で、気が引き締まる思い。しっかり戦っていきたい」と語り、横竹翔選手は「選手が同じスーツ、同じ意識の下で一丸となって、チャレンジ精神を持って戦いたい」と力を込めていた。


iPadでオーダー管理 (2012年1月19日付「日本海新聞」掲載記事)
iPadでオーダー内容を確認するスタッフ(右) =大阪市北区のエフワン梅田新道店
紳士服販売の「エフワン」(本社・大阪市)は、ウェブを利用し受注伝票を管理するシステム「シミュレーションオーダーオンライン」の運用を進めている。イージーオーダー業界では紙での管理が主流だったが、いち早く電子化に着手し、業務効率の向上や経費削減につなげたい考え。

同社の受注内容は、基本的に店舗ごとに紙ベースの受注票で管理。顧客の体形を表す図や生地原本など、数値化しづらい情報に対応できる半面、書き間違いや保管スペースの確保など課題も多かった。

新システムは親会社の大手紳士服メーカー「グッドヒル」(本社・鳥取市)が直営店で先行導入しており、エフワンは昨年月に直営7店舗と本社営業部で取り入れた。iPadを利用し、店舗で寸法や生地情報を入力。オーダー内容は自動的にオーダー管理室で一元管理される。

同社総務部によると、これまでの課題が解決できる上、印刷会社への受注票の発注コストや受注内容をファクス送信する通信コストも削減。顧客に対しても受注内容の可視化で、共に作り上げていくという「オーダーならではの喜び」が伝わりやすくなったという。

今春にも直営全店舗に広げ、将来的には顧客情報の管理などにも対応させる方針だ。


”質”の高さ実感インドの繊維会社CEOら当社視察 (2011年8月3日付「日本海新聞」掲載記事)
吉岡社長(左)から製造ラインについて説明を受けるクリン・S・ラルバイ氏(左から2番目)=2日、グッドヒル本社
インド西部アーメダバードにある繊維会社、アービンド・リミッテッド社のリテイル部門チーフマネジャーのクリン・S・ラルバイ氏、アシシ・クローCEOら一行が2日、鳥取市吉成2丁目のグッドヒル(吉岡秀樹社長)本社を視察。紳士服イージーオーダー業界では全国ナンバーワンの生産量を誇るグッドヒルの生産ラインなどを見学し、細やかな手作業とIT技術を融合させた同社製品の”質の高さ”を実感していた。 
アービンド・リミッテッド社は、世界各地にジーンズやシャツなどを輸出している。インドでオーダースーツの製造販売を新規に手がける計画があり、「日本のナンバーワンの会社」としてグッドヒルを視察先に選んだ。一行は初来日という。

グッドヒルは素材選びから製造、販売までを一貫して手掛ける独自のシステムを構築しており、顧客の体形や希望のデザインなどをデータ化して一括管理。スーツに必要な生地の色柄や量、型紙を作る作業、裁断などを多くの工程がコンピューターで自動化されている。吉岡社長が製造ラインを案内しながら、同社のこだわりや特徴などについて説明した。

クリン・S・ラルバイ氏は「デザインは何種類くらいあるのか」など積極的に質問。同社のシステムに強い関心を示し、「縫製技術の高さとオートメーション化に感銘を受けた」と話していた。

一行は同市富安2丁目の新日本海新聞社本社、同市五反田の製作センターも見学した。


ガイナーレ鳥取にオーダースーツ贈呈 (2011年4月29日付「日本海新聞」掲載記事)
ガイナーレ鳥取にオーダースーツ贈呈
贈られたスーツに身を包み力強くポーズする選手ら=28日、鳥取市吉成2丁目のグッドヒル
紳士服のグッドヒル(鳥取市吉成2丁目、吉岡秀樹社長)は28日、サッカーJ2のガイナーレ鳥取の選手らに、オーダースーツとシャツ、ネクタイ50セットを贈った。同社はチームのクラブスポンサー。オーダースーツの贈呈は今回で5回目を数える。

同社で行われた贈呈式には、真新しいスーツに身を包んだチーム運営会社SC鳥取の塚野真樹社長と選手4人が出席。吉岡社長が「いよいよJ2。これまで通り頑張ってください」、社員代表の西尾秀志さんが「鳥取の希望として頑張ってください」と、それぞれエールを送った。

塚野社長は「地元の皆さんに喜んでもらえるように勝ち星を挙げていきたい。遠征やイベントなどで着用させていただきます」と感謝した。

選手らは「軽い」「着心地がいい」などと気に入った様子で、鶴見聡貴選手はスーツのカラー・灰色(ライトグレー)にちなみ、「灰のように燃え尽きるまで頑張りたい」と力を込めた。

贈られたスーツはデザインと実用性を兼ね、ネクタイにはガイナーレのチームカラーのグリーンが配されている。

和紙ジャケット 〜 身につけるエアコン
ガイナーレ鳥取にオーダースーツ贈呈


 グッドヒルは石川県羽咋市の生地開発・製造のオリケン株式会社との共同開発により、和紙のジャケットを実現しました。

和紙繊維とはーーー
レーヨン、ポリエステルの縦糸に、横糸としてテープ状の和紙が織り込まれています。
通常の洋服生地と同様にクリーニング、アイロンがけができます。

和紙の特徴を最大限に活かすーーー
日本家屋の障子紙に代表されるように、和紙は空気の湿度の高い時は湿気を吸収し、少ない時には放出する機能があります。
250gという軽量で風通しもよいので、特に夏場に活躍すること間違いなし。ジャケットとパンツを組み合わせるジャケパンスタイルにお勧めです。



<キリリと引き締まった紺色> <はんなりイメージのピンク>
★24種類のカラーと素材のバリエーション★

★2012年3月から順次発売
オーダーメイド価格 41,790円





秋一番!ただ今、人気モデル  NRA MODEL ナローモデル
スリム、シャープなラインをキーワードに、袖など各ディテール全体をスリム化したニュースタイリッシュモデル。

<店長からのメッセージ>
従来20〜30代のスリム体型のお客様に人気のモデルでした。
最近はガッチリ体型のお客様からもニーズに合わせてご注文をいただいています。 
ワンランク上のおしゃれ、ビジネススーツにトライしてください。

<お客様の声>
ゆったりめのデザインだと、かえって太って見えて、老けて見られていたけれど、ナローモデルにしてから、職場の女性から、「細くなった、かっこいい」と言われ自信がつき、胸をはって着用しています。

ジャケット・・・ぴったり感ショート丈のジャケットは、下半身を長く見せ。活動的です。

パンツ  ・・・BBモデル(正統派ブリティッシュライン)にトレンドを取り入れた新スタイル。


パンツ裾は細みのノークッション、ワンクッション
ワンクッション
ノークッション
靴、靴下にも心遣いをお忘れなく!!
脚の長さに自信のある方はノークッションにチャレンジしてみてください!!


そろそろ涼しい夏に着替えませんか? グッドヒルのクールビズ
 ジャケット?スーツ?シャツ? 思いのまま、自分流バリエーション。


 お求め、お問い合わせは


オーダーメイドニットシャツ 好評発売中!!

・ポリエステル100%
・ポリエステル100%綿30%
 着心地ラクラク!

伸縮性抜群! 体にフィットする感触! 光沢のある高級感!

 お手入れラクラク!

洗濯機で丸洗いOK! アイロン不要! 優れた速乾性!


 「ビジネスシャツがこんなに楽に着られるなんて・・・!?」

これがお客様から一番にいただいたご感想でした。

従来のYシャツのシャッキリイメージはそのまま、高級感ある光沢をプラス。着心地はポロシャツ感覚。

白、ブルー、グレーの3色からお選びください。

お客様のお体に合わせて・・・お好みのデザインで・・・

オーダーメイドお仕立て上がり 自前工場ならではの 6,720円〜7,245円(税込)

 お求め、お問い合わせは


ハイブリッドアクティブスーツ (2010年9月6日NHK『まちかど情報室』で放映されました。)
ビジネスシーンで”戦うよろい” 水着素材の高機能スーツ

雨でも型崩れしない! 保温性抜群! ニットセーター並み伸縮性! 光沢感!

競泳水着素材バイオラバースイムで知られる特殊素材メーカー「山本化学工業」と、「エフワン」、「グッドヒル」3社が開発いたしました。

競泳で世界新記録樹立に貢献してきた水着素材「バイオラバースイム マークV」を基に開発した。業界発のゴム製素材を使ったビジネススーツです。

厚みは0・3−0・45ミリ。窒素ガス入りの気泡を敷き詰めたゴム素材や、チタン合金を用いて保温性を高めるとともに、小さな穴を開けて通気性も確保しております。

また、約150−170%の伸縮性や、一般的なビジネススーツの2、3倍の耐久性を実現。しわができにくく、家庭用洗濯機での丸洗いも可能なのです。革製品のような光沢感と風合いを楽しんでいただけます。

色はグレー、ブルー、グリーン、紺、赤、黒(シンプル)、(レザータッチ)の7色。

お値段は82,950円(税込)

 お求め、お問い合わせは

 
Copyright© 2005 Shin-nihonkaishinbunsya All Rights Reserved.