トップページ » 一覧

南場兄一作品展「出会いを絵でしるす日記」

17年10月1日(日) 〜 17年10月30日(月)

作品が並ぶ会場
 日本現代美術協会(日現会)鳥取県支部長の南場兄一さん(71)=北栄町=の作品展「出会いを絵でしるす日記」が、鳥取市の渡辺美術館で開かれている。30日まで。
 2007年度の日現会展で、内閣総理大臣賞を受賞した「船上山・秋景」など、県中部を中心とした思い出の場所を題材に、アクリル絵の具で描いた作品など約40点を展示している。
 実際に訪れ、居合わせた過去の風景、体験をメインに描き、客観的に眺める人を手前に配置した構成で、独特の世界観を表現した作品も目立った。
 同美術館の学芸員・石谷美恵子さんは「一枚の絵の中で過去と今を仕切った作品などは独特の面白さがあり、見どころの一つ」と話している。
日程は変更される場合があります。
投稿マークのついたイベントの詳しい内容は投稿者に確認してください
2017.12
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2018.01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31