トップページ » 一覧

諸流合同いけばな展

17年10月5日(木) 〜 17年10月10日(火)

各流派の特色を表す大作
 第73回米子市秋の文化祭参加事業「諸流合同いけばな展」(米子美術挿花連盟主催)が10月5日、米子市西福原2丁目の米子しんまち天満屋で始まった。6流派の個性が光る作品が並び、来場者を楽しませている。10日まで。
 池坊、小原、嵯峨御流、草月、未生、未生(庵家)の6流派が計78点を展示。小原流の大作は、菊やケイトウ、ドウダンツツジなど秋の花を使って季節感を演出している。
 会場にはモミジや実のものなど秋の草花を中心に、古典的な格花や自由な盛花など流派の特色を表す作品が並んでおり、8日以降は作品を入れ替える。同連盟の長谷川広美理事長は「伝統と革新の融合がテーマ。生け花の魅力を改めて知ってほしい」と話した。

米子しんまち天満屋 その他イベント

日程は変更される場合があります。
投稿マークのついたイベントの詳しい内容は投稿者に確認してください