トップページ » 一覧

紙細工の巨大戦艦展示

17年11月11日(土) 〜 17年11月12日(日)

紙細工の巨大戦艦2隻と稲田さん
 安来市佐久保町の稲田幹雄さん(73)が、細い筒状に丸めた新聞折り込みチラシなどを使って長さ約4メートルの巨大な戦艦2隻を作り上げた。1年がかりの労作で、11月11、12両日、宇賀荘交流センター(同市宇賀荘町)で開かれる文化祭で展示される。
 若いころから手仕事が好きだった稲田さんは4年前、孫がチラシを丸めた剣で遊ぶのにヒントを得て、紙細工を始めた。
 同センター文化祭には3年前から毎年、日本や西洋の城などを作って展示してきた。今回、初めて船に挑戦し、昨年10月から戦艦「大和」の模型の写真やイラストを参考に想像を交え、長さ3・8メートル、幅50センチと長さ4メートル、幅90センチの2隻(高さは共に1・4メートル)を相次いで完成させた。
 段ボールで型を作り、その上にチラシやギフトのカタログ紙を斜めに丸めた筒状の部品を曲げたり切ったりしながら積み上げ、戦艦の各部位を作っていく。チラシなどの多彩な色が帯状に無数の模様を広げ、立体感を醸し出す。
 甲板に機関砲や大砲など、船橋にレーダーや照明、船尾にはクレーンを付けている。クレーンは糸巻き式で、レバーを回すと艦載の飛行艇がつり上げられる細工も施した。
 1隻13〜17のパーツに分かれ、自宅から軽トラックで搬入し、組み立てた。
 稲田さんは「レーダーなど各種装置を細かく表現するのに工夫を凝らした。多くの人に見に来ていただきたい」と話した。
 自宅所蔵作品の貸し出しもしている。
日程は変更される場合があります。
投稿マークのついたイベントの詳しい内容は投稿者に確認してください
2017.11
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
2017.12
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31