日本海新聞
特集 >> 鳥取県高校野球 >> 2015秋季鳥取県高校野球
2010秋季鳥取県高校野球
 
−第4日−
2015年9月27日の紙面から
 「秋季鳥取県高校野球大会」第4日は26日、どらドラパーク米子市民球場で準決勝2試合を行い、境が2年連続、鳥取城北が2年ぶりの決勝進出を果たした。

 境は初回に一挙6点を先取し、六回コールドで大勝した。鳥取城北は七回に打者9人の集中打で5点を奪い、先発の中塚が被安打2で完封勝ち。2校は10月23日から島根県で行われる「第125回秋季中国地区大会」の出場権を得た。

 最終日の27日は米子西−鳥取西の3位決定戦後、決勝がある。


 
鳥取城北 完封勝ち
2015年9月27日の紙面から
準決勝・米子西―鳥取城北 九回を投げて米子西打線を2安打に抑え完封した鳥取城北の中塚=どらドラパーク米子市民球場
米子西
000000000
鳥取城北
00000050×

 鳥取城北のエース中塚が2安打完封の好投。打線も七回に打者9人の猛攻で快勝した。

 四回2死満塁の得点機を逃すなど、中盤まで苦しんだ打線は七回、樫根の中前打を足場に犠打などで2死満塁とすると、万金の左翼線二塁打で2点先制。さらに満塁から垣内の左前適時打などで3点を追加した。中塚は外角を巧みにつき、打たせて取る投球で米子西打線を寄せ付けなかった。

 米子西は先発右腕の竹田がテンポよく緩急をつけ、六回を無失点の力投。しかし打線がつながらず、四回に2死三塁と先制の好機を生かせなかった。



 
境 先発全員15安打
2015年9月27日の紙面から
準決勝・境―鳥取西 境は初回無死二、三塁で嘉本が右前に適時打を放ち2点追加=どらドラパーク米子市民球場
620012
鳥取西
000100
(六回コールド)

 境が先発全員安打の15安打11得点で圧勝した。初回、無死一、二塁から勝部、塩田、嘉本の3連打で4点を奪った。2四球に浜の犠飛、松原の適時打を絡めて2点を追加した。8点差をつけた六回には1死から隠家、浜、松原の3連打で満塁とすると、勝部の左前適時打で2点を挙げた。先発隠家は低めにボールを集めて、内野ゴロの山を築き、六回1失点と危なげなく投げきった。

 鳥取西は初回の大量失点が響いた。その裏に2死二塁から小林が右前にはじき返したが、 二走の土居が本塁で憤死するなどリズムに乗れなかった。四回1死一、二塁で勢川の右越え適時二塁打による1点にとどまった。





NEWSmartでは全試合イニング速報を掲載します
9月27日の試合
3決 鳥取西 4-3 米子西 試合終了
決勝 4-9 鳥城北 試合終了
9月26日の試合
準決勝 米子西 0-5 鳥城北 試合終了
準決勝 11-1 鳥取西 6回コールド
9月21日の試合
準々決勝 倉吉西 1-4 米子西 試合終了
準々決勝 倉吉北 7-8 鳥取西 延長11回
準々決勝 鳥城北 8-0 米子工 8回
コールド
準々決勝 3-2 鳥育英 試合終了
トップページ 主要・地域ニュースコラム・論説釣り情報イベント案内購読申し込み

 当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)