日本海新聞
特集 >> 鳥取県高校野球 >> 2015秋季鳥取県高校野球
2010秋季鳥取県高校野球
 
−最終日−
2015年9月28日の紙面から
 「秋季鳥取県高校野球大会」最終日は27日、どらドラパーク米子市民球場で決勝と3位決定戦が行われ、鳥取城北が2年ぶり7度目の優勝を飾った。3位決定戦は鳥取西が制し、8年ぶり16度目の中国大会出場を決めた。

 鳥取城北は初回、長短5連打などで3点を先取。その後も確実に追加点を奪った。鳥取西は七回に4本の安打を集めて逆転し、接戦を制した。

 上位3校は10月23日から島根県で行われる「第125回秋季中国地区大会」に出場する。


 
鳥取城北2年ぶりV 境は好機生かせず
2015年9月28日の紙面から
決勝・境―鳥取城北 鳥取城北は二回1死二塁から万金が適時三塁打を放つ=どらドラパーク米子市民球場
010100101
鳥取城北
31100211×

 鳥取城北が両校合わせて24安打の打撃戦を制した。初回、先頭の山本と万金の連続内野安打で無死二、三塁とすると、瀬戸、垣内、中島の3連打で3点先制。 二回には1死二塁から万金の中越え適時三塁打で1点を追加した。さらに六回には2死から四球に山本の左前打、敵失などが絡んで2点を加えると七、八回にも 加点した。先発右腕の黒木が七回途中まで3失点と試合をつくると、リリーフした福本も1失点にとどめた。

 境は二回無死一、二塁の好機も併殺などで1点止まり。四回には勝部、塩田の連打、七回には木村の左翼線への二塁打を足場に高塚の適時打などで得点したが、後が続かなかった。


 
鳥取西、接戦制し3位
2015年9月28日の紙面から
3位決定戦・鳥取西―米子西 鳥取西は七回1死二、三塁から小林が中前適時打を放ち、3―2と逆転する=どらドラパーク米子市民球場
鳥取西
000000310
米子西
100001001

 鳥取西が七回、長短4連打で逆転した。2点差をつけられた七回1死から左前打で出塁した米田が暴投で二塁まで進塁。山根佑が右翼線への適時打を放った後、 土居の中前打、小林の左越え二塁打で2点を挙げて逆転した。八回にも2死一、三塁から重盗を仕掛けて1点追加。九回に詰め寄られたが、先発吉田が粘りの投 球でしのだ。

 米子西は初回、渡瀬の中前打などで1死二塁の好機から宮崎の左前適時打で先制。六回には1死満塁から森田の内野ゴロで1点追加。六回から代わった2番手の内田が捕まった。




NEWSmartでは全試合イニング速報を掲載します
9月27日の試合
3決 鳥取西 4-3 米子西 試合終了
決勝 4-9 鳥城北 試合終了
9月26日の試合
準決勝 米子西 0-5 鳥城北 試合終了
準決勝 11-1 鳥取西 6回コールド
9月21日の試合
準々決勝 倉吉西 1-4 米子西 試合終了
準々決勝 倉吉北 7-8 鳥取西 延長11回
準々決勝 鳥城北 8-0 米子工 8回
コールド
準々決勝 3-2 鳥育英 試合終了
トップページ 主要・地域ニュースコラム・論説釣り情報イベント案内購読申し込み

 当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)