日本海新聞
特集 >> 鳥取県高校野球 >> 2016秋季鳥取県高校野球
2015秋季鳥取県高校野球
 
−第1日−
2016年9月25日の紙面から
 「秋季鳥取県高校野球大会」第1日は24日、コカ・コーラ野球場などで1回戦8試合を行い、鳥取工が岩美を8―1で下し、4年ぶりに秋季大会で勝利を飾った。鳥取育英はエース福井が完封。鳥取商は米子東に競り勝ったほか、八頭などがコールド勝ちで2回戦に進んだ。

 開会式では米子工の長尾海斗主将が「仲間と大好きな野球ができることに喜びを感じ、はつらつとしたプレーで最後まで戦い抜く」と宣誓した。

 第2日の25日は2回戦8試合が同野球場など3会場で行われ、倉吉東、鳥取城北、米子松蔭のシード校が登場する。

 
鳥取工 3回一気
2016年9月25日の紙面から
1回戦・岩美―鳥取工 鳥取工は三回、広沢の右前打で二走の前橋が生還し、リードを広げる=用瀬球場
岩 美
0000010

鳥取工
1060001x
(七回コールド)

 鳥取工は打線がつながり、ビッグイニング。1点リードの三回、先頭の浜岡の中前打を足掛かりに下田の適時打、安住のスクイズ、広沢の2点右前適時打などで6点を追加した。計5盗塁と機動力を生かし、得点につなげた。

 岩美は六回、吉原、岡島の連続安打で1点を返した。なおも田渕が送って二、三塁としたが、後が続かなかった。



 
鳥取商 逃げ切る
2016年9月25日の紙面から
鳥取商
302000000

米子東
200010010

 鳥取商が初回に先手を奪い、逃げ切った。初回1死から新、小山の連続安打で一、二塁とすると田中のバックスクリーン直撃の3点本塁打で先制。1点差となった三回には死球や暴投など相手のミスに乗じて2点を追加した。

 米子東は3点を追う一回2死一、二塁から宮本の左越え二塁打で2点を返し、五、八回にも1点ずつ返して追い上げた。九回にも2死二塁としたがあと1本が出なかった。



 
鳥取育英 エース完封
2016年9月25日の紙面から
1回戦・鳥取育英−鳥取湖陵 鳥取育英先発の福井は被安打1、6奪三振で完封=コカ・コーラ野球場
 
鳥取育英
000000001
鳥取湖陵
000000000

 鳥取育英が九回に均衡を破った。福井の内野安打と死球などで2死一、二塁とし、横山の内野ゴロが相手の敵失を誘う間に決勝点をもぎ取った。先発の福井は走者を背負いながらも要所を締め、鳥取湖陵打線を1安打、6奪三振で完封した。

 鳥取湖陵は四回、先頭の松尾が四球で出塁。長田が送って2死三塁の先制のチャンスをつくったが、ものにできなかった。影山がチーム唯一の安打を放った。
 
八頭打線猛攻 11安打14得点
2016年9月25日の紙面から
1回戦・倉吉総産―八頭 八頭は二回、2死満塁から西沢が右越え二塁打を放つ=岩美町野球場
 
倉吉総産
01000
八頭
3713×
14
(五回コールド)

 八頭が11安打14点で大勝した。初回1死三塁から北中の内野安打と山形の右越え適時三塁打などで3点を奪いリード。二回は4四球と西沢の右越え二塁打など打者12人で7点を挙げた。三、四回も四死球などに乗じて加点した。

 倉吉総産は2投手で計8四死球を与えるなどバッテリーが乱れた。二回、山下の適時二塁打で1点を返しただけだった。
 
倉吉西 16安打圧勝
2016年9月25日の紙面から
倉吉西
40000023

日 野
00000011
(八回コールド)

 倉吉西が16安打9得点。初回1死一塁から浜田の左中間二塁打で先制すると、田中、牧田の連打に敵失も絡み3点を追加した。七回2死二、三塁から、岩本の内野安打などで2点、八回には田中、牧田の連続三塁打で3点を奪った。

 日野は6点ビハインドの七回1死二塁から矢田貝の適時打で5点差に詰め、八回には林原の適時打で1点を返した。

 
米子北 ミスに乗じ大勝
2016年9月25日の紙面から
境港総合
000010

米子北
010253x
11
(六回コールド)

 米子北が相手のミスに乗じて大勝した。四回を終えて3点をリードし、五回には石田の右前2点適時打、岩田の右中間を破る2点適時二塁打などで一挙5点。六回にも亀野、岩田の連打などで3点を奪った。

 境港総合は計7失策が響いた。五回には石倉の安打などで1点を返し、六回には勝部の左翼線二塁打で好機をつくった。

 
倉吉北が着実加点
2016年9月25日の紙面から
倉吉農
00000000
倉吉北
00202102x
(八回コールド)

 倉吉北が着実に加点した。三回2死一、二塁から斎藤、徳永の連打で、五回には藤田の左翼スタンドへの2点本塁打でリードした。八回1死二塁から豊田、大嘉、秋山の3連打でコールド勝ち。先発右腕の今西は安打を浴びながらも粘り強い投球で得点を許さなかった。

 倉吉農は坂本、馬野が2安打と気を吐いた。毎回走者を出しながらもあと1本が出ず、無得点で終わった。
 
鳥取西21点
2016年9月25日の紙面から
米子
00001
鳥取西
5457×
21
(五回コールド)

 鳥取西が15安打、8盗塁、21点を奪った。初回1死二、三塁から田見、池井、沢、山沢の4連打で一挙5点。二回も森佑の二塁打などで無死満塁とし、池井と山沢の適時打で4点を加えた。三回は打者10人、四回は打者11人の猛攻で手を緩めなかった。

 米子は五回、出川の右前安打などで2死一、三塁とし、小林の内野ゴロが敵失を誘って1点を返した。


NEWSmartでは全試合イニング速報を掲載します
10月2日の試合
3決 米松蔭 6-1 倉吉東 試合終了
決勝 鳥城北 12-3 試合終了
10月1日の試合
準決勝 6-2 倉吉東 試合終了
準決勝 鳥城北 8-0 米松蔭 8回
コールド

9月26日の試合
準々決勝 鳥取工 2-7 倉吉東 試合終了
準々決勝 米子工 0-10 米松蔭 6回
コールド
準々決勝 鳥取商

1-4

試合終了
準々決勝 鳥取西 1-6 鳥城北 試合終了

トップページ 主要・地域ニュースコラム・論説釣り情報イベント案内購読申し込み

 当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)