日本海新聞
特集 >> 鳥取県高校野球 >> 2017秋季鳥取県高校野球
2015秋季鳥取県高校野球
 
−第1日−
2017年9月24日の紙面から
 「秋季鳥取県高校野球大会」第1日は23日、コカ・コーラ野球場などで1回戦7試合が行われ、日野・倉吉農が境港総合に5−3で勝ち、県内の合同チームとしては公式戦初の白星を飾った。米子は鳥取湖陵にコールドで制し5年ぶりの初戦突破。米子工は浦田の投打の活躍で八頭に完封勝ちし、それぞれ2回戦に駒を進めた。

 開会式では米子松蔭の辰己晴野主将が「多くの人に支えられ、大好きな野球ができることへの感謝を白球に込め、仲間を信じ、自分を信じて最後まで諦めない全力プレーを誓う」と宣誓した。  第2日の24日は2回戦8試合が同野球場など3会場で行われ、鳥取城北、倉吉北、米子松蔭のシード校が登場する。。

 
日野・倉吉農 初白星
2017年9月24日の紙面から
1回戦・境港総合―日野・倉吉農 合同チームとして初勝利を挙げてスタンドへあいさつに向かう日野・倉吉農ナイン=用瀬球場
境港総合
000000003

日野・倉吉農
00200030×

 日野・倉吉農が投打にかみ合った。三回1死から槙原の左越え三塁打、杉川の中越え二塁打で先制。七回には大谷から岡田までの長短4連打で3点を加えた。先発大谷はボール先行ながらも要所を抑え、8回無失点。

 境港総合は再三のチャンスにあと一本が出ず、計15残塁。九回に木村の中前適時打などで3点を返した。



 
米子 5安打で12点
2017年9月24日の紙面から
1回戦・鳥取湖陵―米子 米子は四回2死満塁から、瀬野(左)が中越え二塁打を放ち、送球間エラーの間に三塁を陥れる=岩美町民野球場
 
鳥取湖陵
0000400
米 子
000615×
12
(七回コールド)

 米子が5安打で12点を奪った。四回、2四死球と冨田の右前打で2死満塁とし、3連続四死球で3点を先取。さらに瀬野の適時3点二塁打で差を広げた。六回も3四球で2死満塁とし、汐田の右前適時打と3四球などで5点を加えた。

 鳥取湖陵は五回1死満塁から影山の三塁打、芝田の二塁打で4点を返したが、届かなかった。

 
鳥取商が六回爆発
2017年9月24日の紙面から
1回戦・鳥取西−鳥取商 鳥取商は六回無死一、三塁から田中がライト場外への3点本塁打を放つ=コカ・コーラ野球技場
 
鳥取西
100000
鳥取商
100109x
11
(六回コールド)

 鳥取商が六回にビッグイニング。1点リードで迎えた六回無死一、三塁から、田中のライト場外への本塁打で差を広げた。さらに2死満塁で初回にソロ本塁打を放った徳永の左翼越え2点適時打などで計9点を奪った。田中は計7打点。先発岡村はコーナーに丁寧に投げ分け、4安打に抑えた。

 鳥取西は初回、先頭の森の三塁打、沖島の適時打で幸先良く先制したが、二回以降は2安打に封じられた。

 
米子工 接戦制す
2017年9月24日の紙面から
八 頭
000000000

米子工
00000001×

 米子工が投手戦を制した。八回1死二塁から、浦田の左前打で2走の大谷がホームを踏んで均衡を破った。これが決勝点。先発右腕の浦田は力強い直球と切れのある変化球がさえ、四死球1で8奪三振。九回無死から走者を背負ったが、後続を併殺と三振に仕留めて完封した。無失策の守備も光った。

 八頭の先発前田は尻上がりに調子を上げ、8回1失点と力投した。エースの好投に打線が応えられなかった。

 
倉吉東打線そつなし
2017年9月24日の紙面から
倉吉総産
0130000

倉吉東
3300302x
11
(七回コールド)

 倉吉東が11安打11得点。初回に坂根、伊藤颯の連打などで3点を先取すると、二回1死満塁から日野の犠飛などで3点を追加。五回には1死三塁から能見、伊藤嵐の連続長打などで得点を重ねた。七回には林原、伊藤嵐の連打でコールド勝ちした。

 倉吉総産は3点を追う二回、北村の本塁打で1点を返した。三回にも浜口と東原の長短打などで追い上げたが、四回以降は凡打が続いた。

 
米子北が七回一気
2017年9月24日の紙面から
岩 美
0000000
米子北
0000016x
(七回コールド)

 米子北が七回に相手投手を捕まえた。五回まで散発4安打と苦しんだが、六回に亀野、平井の連続長打で先制。七回には1死満塁から古角、岡田大の連打と平井の中越え適時打で6点を奪った。先発松田は安定した投球で3安打無失点に抑えた。

 岩美の先発左腕宝坂は中盤まで粘り強く投げた。二回1死一、三塁、五回2死一、二塁の好機を生かせなかった。

 
着実加点境が快勝
2017年9月24日の紙面から
020021111
米子西
000001000

 境が着実に加点して快勝した。二回、真木の中前打などで1死二塁とすると、橋本の左前適時打で先制。さらに古川の右中間への適時二塁打で1点を加えた。五回にも古川、寺本の連打と梶谷の右前2点適時打でリードを広げた。六回以降も1点ずつ加えて突き放した。

 米子西は六回、塚田の右前打と酒本の右越え二塁打などで1死満塁としたが、松本の右犠飛による1点止まり。11残塁と苦しんだ。



NEWSmartでは全試合イニング速報を掲載します

10月1日の試合
3決 4-22 鳥取商 試合終了
決勝 鳥城北 1-4 米松蔭 試合終了
9月30日の試合
準決勝 鳥取商 0-1 米松蔭 試合終了
準決勝 0-5 鳥城北 試合終了
9月26日の試合
準々決勝
  (再試合)
米子工 1-2 鳥取商 試合終了
9月25日の試合
準々決勝 鳥育英 1-8 米松蔭 7回
コールド
準々決勝 米子北 8-10 鳥城北 試合終了
準々決勝 米子工 2-2 鳥取商 引き分け
再試合
準々決勝 1-0 倉吉東 延長11回

トップページ 主要・地域ニュースコラム・論説釣り情報イベント案内購読申し込み

 当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)