日本海新聞
特集 >> 鳥取県高校野球 >> 2017秋季鳥取県高校野球
2017秋季鳥取県高校野球
 

−第4日−

2017年09月27日の紙面から
 「秋季鳥取県高校野球大会」第4日は26日、コカ・コーラ野球場で前日に延長十五回引き分けで再試合となった準々決勝が行われ、鳥取商が2−1で米子工に競り勝ち、4強が出そろった。
 米子松蔭―鳥取商、境―鳥取城北の準決勝2試合は30日、同野球場で行われる。

 
鳥取商 再試合制し4強
2017年9月27日の紙面から
準々決勝・米子工―鳥取商 鳥取商は四回2死一塁から、田渕が中越えの適時二塁打で先制=コカ・コーラ野球場
米子工
000000100
鳥取商
00011000×

 鳥取商が接戦を制した。四回2死1塁から、田渕の中越え二塁打で先制した。五回には伊田が右前打で出塁。二盗を決め2死二塁とし、井上の右前適時打で1点を加えた。先発右腕の清水は制球を乱す場面もあったが、低めにボールを集め、被安打2、失点1で完投した。

 米子工の先発藤野は無四球でテンポのいい投球。バックも無失策で支えた。2点を追う七回2死から西川の右中間を破る二塁打なで二、三塁とし、暴投で1点を返した。三回には藤野が右翼越え三塁打で出塁。大谷がカウント2−2からスクイズを仕掛けたが失敗し、3走も刺された。

 

−第3日−

2017年09月26日の紙面から
   「秋季鳥取県高校野球大会」第3日は25日、コカ・コーラ野球場などで準々決勝4試合が行われ、米子工−鳥取商は2―2のまま延長十五回で決着がつかず、引き分け再試合となった。2010年以来7年ぶりの秋季県大会での再試合は、26日午前10時から同野球場で行われる。

 ノーシードの境は延長十一回、寺本の適時打で決勝点をもぎとり、倉吉東を下して4強入り。シード校で3連覇を狙う鳥取城北、米子松蔭が準決勝進出を決めた。3校は来春の県大会のシード権を獲得した。

 準決勝は30日、同野球場で行われる。

 
米子工、鳥取商 15回、決着つかず
2017年9月26日の紙面から
準々決勝・米子工−鳥取商 米子工は四回無死三塁から同点の適時三塁打を放った3走の浦田(右)が暴投の間に勝ち越しのホームイン。左は鳥取商の岡村=コカ・コーラ野球場
米子工
000200000000000
鳥取商
100000010000000
(延長十五回)

 2―2のまま、引き分け再試合となった。

 鳥取商は初回1死から山下の左翼越え二塁打、西田の左前適時打で先制。1点を追う八回2死二塁から、西田の中越え三塁打で同点とした。九回から継投した清水が10奪三振、無失点で好投した。

 米子工は1点先行された四回無死一塁から、浦田が左中間を破る適時三塁打を放って同点。さらに浦田は暴投の間に勝ち越しのホームを踏んだ。八回1死満塁でのスクイズ失敗が痛かった。エース浦田は2失点で15回を完投した。


 
境、投手戦制す
2017年9月26日の紙面から
準々決勝・境―倉吉東 十一回2死一塁で、打者を三塁ゴロに打ち取り喜ぶ境の岩本大=岩美町民野球場
00000000001
倉吉東
00000000000
(延長十一回)

 境が投手戦を制した。十一回、橋本が四球を選び出塁。岩本大が送って2死二塁から、寺本の左前適時打で決勝点を挙げた。先発右腕岩本大は序盤から低めに力のある直球が決まった。十一回1死から同点の走者を出したが、けん制で仕留めるなど落ち着いたマウンドさばきを見せた。

 倉吉東の先発日野は5回、無四死球で無失点。2番手の能見も制球良く内外に投げ分けたが、打線の援護がなかった。


 
米子松蔭が圧倒
2017年9月26日の紙面から
準々決勝・米子松蔭−鳥取育英 米子松蔭は三回、1死から安田利(5)が中前安打で出塁。3得点の足場をつくる=コカ・コーラ野球場
鳥取育英
0000100
米子松蔭
103103×
(七回コールド)

 米子松蔭が投打で圧倒した。初回1死から中谷が左越えの二塁打で出塁すると、続く安田利が右越えの適時二塁打を放ち先制。三回には安田利、辰己の連打に坂田の適時打、石田のスクイズなどで3点を加えた。先発辰己は力強い直球と変化球を巧みに投げ分け被安打3、1失点と好投した。

 鳥取育英は5点を追う五回、先頭の国森が中前打で出塁。1死二塁から、片岡の左越えの二塁打で一矢を報いた。


 
鳥取城北打ち勝つ
2017年9月26日の紙面から
準々決勝・米子北―鳥取城北 鳥取城北は五回2死一、二塁から吉田が右前適時打を放ち、7―2とする=岩美町民野球場
米子北
100013102
鳥取城北
23011201×
10

 鳥取城北が打ち勝った。1点を追う初回、山田、塩田、藤原の3者連続安打などで逆転。二回は清水の右前打、山田の二塁打と敵失に乗じて3点を加えた。2点差に詰め寄られた六回は2四球と盗塁を絡め、河野の右前2点適時打で再びリードを広げた。

 米子北は長打攻勢。初回に平井の三塁打と敵失で先制。五回に平井のソロ、六回に松本の3ラン、九回も沢のソロと計3本の本塁打で追い上げたが、届かなかった。



NEWSmartでは全試合イニング速報を掲載します

10月1日の試合
3決 4-22 鳥取商 試合終了
決勝 鳥城北 1-4 米松蔭 試合終了
9月30日の試合
準決勝 鳥取商 0-1 米松蔭 試合終了
準決勝 0-5 鳥城北 試合終了
9月26日の試合
準々決勝
  (再試合)
米子工 1-2 鳥取商 試合終了
9月25日の試合
準々決勝 鳥育英 1-8 米松蔭 7回
コールド
準々決勝 米子北 8-10 鳥城北 試合終了
準々決勝 米子工 2-2 鳥取商 引き分け
再試合
準々決勝 1-0 倉吉東 延長11回

トップページ 主要・地域ニュースコラム・論説釣り情報イベント案内購読申し込み