日本海新聞
鳥取県高校野球 >> 第97回全国高校野球鳥取大会
第95回全国高校野球鳥取大会

 
−第2、3日−
2015年7月12日の紙面から
 「第97回全国高校野球選手権鳥取大会」第2、3日は12、13の両日、コカ・コーラ野球場で1回戦計6試合を行い、岩美が4年ぶり、鳥取湖陵が3年ぶりの初戦突破を果たした。大勝した鳥取西と鳥取城北、接戦を制した倉吉東、米子東が2回戦に進出した。

 14〜17日は休養日。大会は18日から再開され、第4日は2回戦3試合がある。鳥取商、米子西のシード校が登場する。

 
岩美 投打ガッチリ
2015年7月14日の紙面から
1回戦・岩美―米子松蔭 八回2死三塁から暴投で5点目のホームを踏む岩美の竹田(左)。右は米子松蔭の田中大=コカ・コーラ野球場
岩 美
003000110
米子松蔭
001000000

 岩美は6安打ながら5犠打を絡めてしぶとく得点した。三回1死二、三塁から暴投で先制し、竹田、田村の連続適時打で2点を加えた。七回には中西の適時打、八回には暴投で1点ずつ追加。中の粘投で逃げ切った。

 米子松蔭は石田の適時打で1点を返した後の四回、スクイズ失敗が痛かった。先発の石川は時折制球を乱し、先頭打者へ与えた四球が失点に絡んだ。


 
鳥取城北 九回満塁弾
2015年7月14日の紙面から
1回戦・鳥取城北―倉吉北 鳥取城北は九回、榎が満塁本塁打を放ちガッツポーズ=コカ・コーラ野球場
鳥取城北
000002124
倉吉北
000000001

 鳥取城北が終盤、相手投手陣を攻略した。五回まで倉吉北の小原の巧みな投球に、1安打に封じられたが、六回2死一、二塁から西村、榎の連打で2点先制。七、八回にも加点し、九回には榎の左中間への満塁本塁打でリードを広げた。

 倉吉北は九回、大路の適時二塁打で1点を返した。鳥取城北の辻井を捕まえきれなかった。

 
米子東 接戦制す
2015年7月14日の紙面から
1回戦・米子東―米子工 米子東は七回から登板した田中が無失点の好投でリードを守る=コカ・コーラ野球場
米子東
101000000
米子工
000001000

 米子東が先発左腕・南と2番手・田中の継投で逃げ切った。初回、1死一、二塁から、冨田の右前適時打で先制。三回には1死一、三塁から松本の右前適時打で追加点を挙げたが、中盤以降は拙攻などで得点できなかった。

 米子工はエース松本がコーナーをつく巧みな投球。併殺を3つ奪うなど守備からももり立てたが、攻撃では六回、無死満塁の好機に杉本の左前適時打で1点を返すにとどまった。


 
鳥取西 四回に猛攻
2015年7月14日の紙面から
1回戦・鳥取工―鳥取西 鳥取工打線を五回、無安打無得点に抑えた鳥取西の川上=コカ・コーラ野球場
鳥取工
00000
鳥取西
00091x
10
(五回コールド)

 鳥取西が四回、打者14人の猛攻で一挙9点を奪って大勝。バスターなどで揺さぶりを掛けた四回、四球を足場に土居、小谷の連打で先制。その後、1死満塁から平尾の左翼線適時二塁打など、長短打を重ねて大量点を奪った。

 鳥取工打線は川上の伸びのある直球に対応できず無安打。二回、四球で先頭打者を出塁したが、バント失敗などで後続を断たれるなど、二塁も踏めずに完敗した。


 
倉吉東 逃げ切る
2015年7月14日の紙面から
1回戦・米子高専―倉吉東 倉吉東は二回1死二、三塁から小野塚の中前適時打で二走名越が2点目のホームに滑り込む=コカ・コーラ野球場
米子高専
000100000
倉吉東
02200000×

  倉吉東が序盤のリードを守った。二回、四球に名越の左前打で1死二、三塁から、小野塚の中前適時打で2点先制。続く三回には中嶋、山本辰の適時打で2点を追加した。先発名越は粘り強い投球で要所を締めた。

 米子高専は4点を追う四回2死一、二塁から角の中前適時打で1点を返した。その後も好機をつくりながら、相手投手を攻略できなった。

 
鳥取湖陵が好機に一打
2015年7月14日の紙面から
1回戦・青谷―鳥取湖陵 鳥取湖陵は三回2死二塁から宮本が一、二塁間を破る適時打を放ち、先制=コカ・コーラ野球場
青 谷
000001000
鳥取湖陵
00142000×

 鳥取湖陵は中盤、効果的に得点した。三回1死から井上が四球を選び二盗に成功。2死二塁から宮本の一、二塁間を破る適時打で先制。四回には1点を加えなおも2死二、三塁から福嶋、宮本の連続適時打で3点を追加した。

 青谷は六回2死二塁から早川の中越え二塁打で1点を返した。初回、加藤の左越え三塁打などでつくった1死満塁を生かせなかったのが痛かった。

 
−第1日−
2015年7月12日の紙面から
 「第97回全国高校野球選手権鳥取大会」は11日、コカ・コーラ野球場で開幕。1回戦3試合を行い、昨年覇者の八頭が逆転サヨナラ勝ち。米子が4年ぶり、鳥取育英は5年連続で初戦を突破した。
 開会式では昨年優勝の八頭を先頭に25校が入場行進し、鳥取東の神谷拓海主将が選手宣誓した。式典後、高野連育成功労者として楮原英俊監督(鳥取工)が表彰を受け、第1試合の前には鳥取東高の山口遼也君が始球式を行った。
 大会は準決勝前日の休養日を除いて10日間で行われ、順調に日程が進めば25日の決勝で甲子園出場校が決まる。第2日の12日は1回戦3試合がある。

 
八頭 土壇場逆転
2015年7月12日の紙面から
1回戦・倉吉西―八頭 八頭は九回無死一、二塁から、木村が右翼越えの逆転3点本塁打でサヨナラ勝ち=コカ・コーラ野球場
倉吉西
002020000
八 頭
000010013X

 八頭が木村の逆転3点本塁打でサヨナラ勝ちした。2点ビハインドで迎えた九回、瀬戸、大基の連打で無死一、二塁とし、木村が 右翼ポール横に本塁打を放った。4失点後、継投した葉狩、奥村が失点を許さなかった。

 倉吉西は三回2死一、二塁から内川が左中間を破る二塁打を放って2点先制。五回にも内川、山根の連打で2点を挙げた。継投で逃げ切りを図ったが、押し切られた。


 
米子 打線が爆発
2015年7月12日の紙面から
夏の県大会4年ぶりに勝利し、応援席へ駆け寄る米子ナイン=コカ・コーラ野球場
倉吉農
1000000
米 子
203401×
10
(七回コールド)

 米子が9盗塁、単打12本で10点を挙げた。1点を追う米子は一回裏、遠藤が三遊間を破る安打で出塁。すかさず二盗を決め1死二塁とし、友定が左前へ同点 の適時打。さらに一、三塁から西原の犠飛で勝ち越した。四回には西原、古川基、岡田の3連打など打者9人の猛攻で4点を追加した。

 倉吉農は初回、藤原の左中間二塁打を足掛かりに2死三塁とし、暴投で先制。最終回には村中の二塁打などで満塁と攻めた。

 
鳥取育英 流れ渡さず
2015年7月12日の紙面から
1回戦・鳥取東―鳥取育英 鳥取育英は三回1死満塁から西田が左前適時打を放ち、2点を先制=コカ・コーラ野球場
鳥取東
000030000
鳥取育英
00303010×

 鳥取育英が、鳥取東の反撃を抑えて逃げ切った。三回、飯田の中前打や四球などで1死満塁の好機をつくると、西田の左前適時打と山田の犠飛で3点を先制。同点とされた五回には西田、山田、米の安打攻勢で再び3点を挙げて突き放した。

 鳥取東は五回、福田、岩尾の適時打で3―3の同点に追い付いた。九回も無死の走者が併殺されるなど、合計13安打を放ちながら拙攻が響いた。


NEWSmartでは全試合イニング速報を掲載します

7月25日の試合
決勝 鳥取西 6-9 鳥城北 試合終了

7月24日の試合
準決勝 10-17 鳥取西 試合終了
準決勝 鳥城北 3-2 米子西 試合終了
トップページ 主要・地域ニュースコラム・論説釣り情報イベント案内購読申し込み

 当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)