本紙インターネット会員調査

  •  9割「備え」話し合い 鳥取中部地震1カ月で本紙調査 会員限定記事

    2016年11月22日

     鳥取県中部で10月21日に発生した最大震度6弱を観測した地震から1カ月―。新日本海新聞社は県内の本紙インターネット会員を対象に、地震や防災に関するアンケートを実施した結果、約9割が身近な人と「地震への備え」を話し合っていることが分かった。

    »全文を読む
  •  当事者自覚や準備欠ける 本紙ネット会員調査結果 会員限定記事

    2016年11月22日

     地震に対する備えについて尋ねた本紙インターネット会員調査結果では、防災意識は高まっている半面、実践的な対策は不足していることが分かった。防災情報への関心はあるが、当事者意識を持って地震に備えていた人は少ない。

    »全文を読む