本紙インターネット会員調査

  •  護憲志向の回答増 憲法9条改正 本紙ネット会員調査 会員限定記事

    2018年10月24日

     24日に召集される臨時国会で自民党が憲法改正論議の進展を狙う中、新日本海新聞社は鳥取県内の本紙インターネット会員を対象に憲法に関する意識調査を行い、9条改正の是非を中心に考えを問うた。

    »全文を読む
  •  憲法改正、低い優先度 政権姿勢と民意に乖離 会員限定記事

    2018年10月24日

     新日本海新聞社が実施した意識調査では、憲法9条改正の「必要はない」と答えた人が「必要がある」と答えた人を若干上回り、4月調査時と比べて日本の平和維持に果たす9条の役割が再認識されたとみられる。

    »全文を読む
  •  自民改正案 反対58% 参院選改革 本紙ネット調査 会員限定記事

    2018年06月24日

     2019年夏の参院選まで残り約1年となる中、新日本海新聞社は、鳥取県内の本紙インターネット会員を対象に世論調査を行い、参院選挙制度改革に関する意識を探った。「鳥取・島根」など選挙区の「合区」を維持したまま定数を6増する自民党の公選法改正案について、58・4%が「反対」と答え、「賛成」は23・6%にとどまった。合区については81・8%が「反対」と答え、依然として反発が根強いことが分かった。

    »全文を読む
  •  「合区」固定化を懸念 自民案で解消 保証なく 会員限定記事

    2018年06月24日

     参院選挙制度改革に関する本紙インターネット調査で、鳥取県内では年代、性別、地域を問わず「合区」への反発が根強いことが改めて浮き彫りになった。自民党が「次善の策」として国会に提案した公選法改正案への賛同は広がらず、

    »全文を読む
  •  9条「平和に貢献」8割 本紙ネット会員調査 会員限定記事

    2018年05月03日

     新日本海新聞社は5月3日の憲法記念日に合わせ、鳥取県内の本紙インターネット会員を対象に世論調査を行い、憲法に関する県民意識を探った。戦争放棄や戦力不保持を定めた憲法9条を「改正する必要がある」は46・7%に対し、

    »全文を読む
  •  「改正」世代間で隔たり大 高齢層ほど「不要」 会員限定記事

    2018年05月03日

     3日で施行71年を迎える日本国憲法。新日本海新聞社が実施した意識調査では、高齢層ほど憲法9条改正を不要とする人が多く、若年層ほど改正を求める傾向が顕著だった。9条への自衛隊明記が焦点となる中、

    »全文を読む
  •  ポケモンイベント、7割良かった 本紙ネット会員調査 会員限定記事

    2017年12月21日

     鳥取県東部で11月24~26日に実施されたスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」特別イベントに関し、新日本海新聞社は県内のインターネット会員を対象とした意識調査を実施した。その結果、イベントについて「良かった」

    »全文を読む
  •  ポケGO鳥取イベント 生活影響も県民「寛容」 会員限定記事

    2017年12月21日

     11月に鳥取県東部で展開されたスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」特別イベントに関する本紙インターネット調査では、県民の7割が経済効果やPR効果があったとしてイベントを評価。想定以上の集客は市民生活にも影響したが、県民は意外と寛容なようだ。ただ、今後も鳥取砂丘でゲームイベントを行うことには慎重な意見もある。砂丘の活用と保全の在り方も問われることになりそうだ。

    »全文を読む