vol111
「4R」の循環型社会へ
 将来にわたって持続可能な社会を構築するには、ごみの減量や再利用を進めていくことが重要だ。「環境立県」を掲げる鳥取県では、リフューズ(断る)リデュース(減らす)リユース(再使用)リサイクル(再生利用)−の「4R」が定着した循環型社会を目指したさまざまな取り組みが行われている。意欲的な挑戦を訪ねた
2017/09/30
春の大山美しく 山ろく一帯でごみ拾い
環境保全対策に苗木47本植栽 末恒地区の3集落
日吉津小体育館建て替え 屋根に太陽光発電
BD燃料バスで送迎 エコ配慮の皆生アピール
有料化で14.5%減 米子市の家庭ごみ排出量
無題ドキュメント
sponsor
エコ・ファーム鳥取
建販HPへ
とっとり出合いの森
中国電力HPへ
鳥取ガスHPへ
JTのHPへ

トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)