トップ > 記事
特集一覧

2017

vol109“鳥取らしく”学び実践 2017/06/24
vol108冷蔵庫買い替え 電気代安く大幅省エネ 2017/05/24
vol107安全こだわる市民農園 2017/04/23
vol106世代超え楽しく伝える 2017/02/24
vol105温暖化対策にどう取り組む 2017/01/30

2016

vol104激変する鳥取の気候 気象庁・石原調査官が報告 2016/12/23
vol103よみがえれ中海 自然再生への活動を紹介 2016/11/23
vol102企業の社会貢献 取り組み紹介 2016/10/25
vol101減らそう「食品ロス」 2016/09/27
vol100深化する省エネ住宅 2016/08/19
vol99環境と安全な食を守る 2016/06/24
vol98広がる再生可能エネ利用 2016/05/25
vol97エコドライブ体験 2016/04/24
vol96とっとり こどもエコ検定 2016/03/23
vol95省エネ診断で光熱費“見える化” 2016/02/25
vol94広げようエコ活 環境座談会 2016/01/23

2015

vol93次世代資源・メタンハイドレート 2015/12/21
vol92ユニーク エコ活動 2015/10/25
vol91鳥取砂丘を草原化から守れ! 2015/09/26
vol90木質バイオマス発電所稼働半年 2015/08/24
vol89とっとり こどもエコ検定 2015/07/21
vol88中海の環境浄化を目指すNPOの取り組み 2015/06/21
vol87広がる鳥取県産材活用 2015/05/23
vol86エコ生活の達人に学べ 2015/04/25
vol85再生エネ代表 太陽光発電 2015/03/29
vol84究極の低燃費実感 鳥取−境港間をPHVで往復 2015/02/24
vol83マイバッグで行こう! 2015/01/24

2014

vol82官民協働の湖山池アダプトプログラム 2014/12/22
vol81とっとりエコ検定 2014/11/15
 とっとりグリーンウェイブ新聞 2014年度号 2014/10/21
vol80自然を守る達成感 2014/10/20
vol79次世代型ツーリズム推進 2014/09/20
vol78自然のパワー実感 2014/08/28
vol77とっとり こどもエコ検定 2014/07/25
vol76「安全でおいしい野菜」評判 2014/06/22
vol75環境にやさしいまちづくり 2014/05/19
vol74米子で進む「低炭素」への道 2014/04/25
vol73親子で“エコ活”チャレンジ 2014/03/22
vol72環境に優しいエコストーブ 2014/02/27
vol71内窓で快適空間 2014/01/30

2013

vol70とっとり こどもエコ検定 2013/11/29
vol69とっとり次世代エネパーク 見て、触れる環境 多彩な30施設で構成 2013/10/30
vol68とっとり共生の森 官民一丸 守れ カーボン・オフセット 2013/09/27
vol67広がれ 4R 循環型の社会を目指して 2013/08/27
vol66とっとり こどもエコ検定 2013/07/31
vol65自然環境を守り、安全・安心な食担う  2013/06/29
vol64協賛店舗がポイントや割引サービス 2013/05/25
vol63「鳥取エコハウス」普及に力 2013/04/28
vol62県民挙げgreenウェイブ 2013/02/25
vol61新春座談会 より豊かに暮らすヒント 2013/01/29
 
vol.38 グリーンツーリズム先進地 鬼入道地区
(鹿野)


2011.02.25 
10年の取り組み

 農家民泊体験として近年脚光を浴びるグリーンツーリズム。鳥取県のグリーンツーリズム先進地区として全国から視察に訪れる鳥取市鹿野町の鬼入道(きにゅうどう)地区。この地区の取り組みは、都会の人たちにあるがままの自然、昔ながらの村の生活を体験してもらうことが中心。10年を過ぎた鬼入道地区の取り組みを紹介する。

あるがままの自然 昔ながらの生活を体験

田んぼのあぜ道で虫取りを楽しむ家族
 鬼入道地区は鳥取駅から車で約30分、鹿野城跡へ向かう途中で山あいに少し入った静かな山村の集落。鷲峰山を望む里山に清流が流れ、昔ながらの段々畑や棚田の風景がそのまま残る。

 「金儲けをしようとは思っていません。過疎化、高齢化が進むなかで、自分たちが育ったこの地区を残し、次の世代に渡すことが目標です。だから、観光地にするつもりはありません。今のありのままの姿を体験してもらうことが大切なのです」

 鬼入道グリーンツーリズム研究会(林輝幸会長)の事務局長、乾和明さん(64)は明快に言い切る。立ち上げから参加している乾さんだが、若いころは、農業がいやで会社勤めし町へ住んだ。しかし、「50代になって、健康の大切さ、鬼入道の風景を残すことの意味がわかった」と、言う。

 鬼入道地区のグリーンツーリズム研究会が都会から客の受け入れを始めたのは10年前。以来、一貫してやり方は変えていない。都会に住む親戚が実家に帰って来たように接するのが原則。もてなすおばあちゃんたちも、もてなしを受ける人たちも気持ちよく過ごせる。それが一番。無理は長続きしないからだ。

推進役の乾さん(左)と谷口さん
 この地区に人が住み始めて約400年。江戸時代から続く田舎の風景が最大のもてなしだ。「特別な料理も、特別なイベントもしません。訪れた人が、この風景を楽しんでもらうことが最大の目的です。川遊び、魚釣り、山菜取り、訪れた人たちが自分たちのやり方で時間を過ごしてもらえば、それでいい」(谷口興副会長)。

 リピーターは前回とは違う家に宿泊する。10軒宿泊すると鬼入道親戚大使に任命する。10年たったいま、現在2人の女性が大使に任命されている。

 昨年、廃屋となった農家を改修し「鬼楽庵」と名づけた。この家には、薪ストーブや囲炉裏(いろり)があり、炊事場、風呂場が整備され、家族でもグループでも1度に20人まで宿泊体験でき、もちろん、食事などすべて自分たちでやるのが決まり。

緑が広がる棚田の風景
 鬼入道地区には現在17軒、約60人が生活している。廃屋は6軒ある。高齢化は深刻だが都市部から移り住んだ若者の定住も1軒ある。

 「イモ掘りや魚釣りなど一緒に楽しむことが大切。そして顔を覚えれば交流が続く」(乾さん)。10年間年賀状のやり取りをするおばあちゃんがいる。外国人でも日本語、日本食で通じ合う。

 鬼入道に泊まって、ホタル飛び交う道を歩いて、鹿野町を拠点に活動する劇団の演劇を鑑賞する、そんなプランも計画中だという。「鬼入道の風景を守り、残すこと。自分たちが育った風景、田んぼを残すこと」。鬼入道地区のグリーンツーリズムの取り組みは、華やかではないが、地に足の着いた取り組みだ。

◆ ◆ ◆

鬼入道グリーンツーリズムの基本理念 「故郷に帰る」心で

 鬼入道地区のグリーンツーリズムの特徴は「会員制民泊」。申し込み時に会員登録してもらい、宿泊、食事代などは体験料金として1回につき1人6000円受け取る。延べ会員数は約1300人。現在の登録会員は約200人。

 旅というより「故郷に帰る」という心で、(1)農家に滞在し、素朴な田舎の休日を楽しむ「親戚の里帰り」(2)旅をするという気持ちより「村人の親戚」になるつもりで過ごす休暇(3)美しい田園、心和ませる小動物たち、なによりうれしい心温かいもてなし、家族同様のつきあい−と、「新しいタイプの旅」を提案している。

 だから▽鬼入道地区の意志にもとづき▽地元ですべてコントロール(巨大にならない)▽経営、運営も地元で(都市でマネージメントされない)▽鬼入道のあるがままの特徴、文化特性を生かす体験メニュー−が研究会の基本理念。

 施設などの新設はしない。女性は田舎料理、男性は得意な農作業や魚釣りなどで先生になる。受け入れに必要なものはすべて地元で調達し社会的、経済的利益はすべて地元に還元する。無理がないから長く続けられる。

◆ ◆ ◆

【おやじのつぶやき】
イラスト ののはらりこ

おやじの自慢話
NPO法人賀露おやじの会 石黒仁史

 2月12日、兵庫県姫路市で8回目となる「全国おやじサミット」が、北は北海道・札幌から南は九州・熊本まで、数十団体の“おやじの会”が集まって開かれた。本大会のテーマは「おやじの輝きは子どもたちのはばたき」。

 全国おやじサミットを一言で紹介するならば“地域での子育て活動を自慢し合うおやじたちの大宴会”である。

 夜間パトロールや校庭キャンプ、スポーツ交流などの活動が次々と披露される。風呂敷を頭巾に仕立てた忍者遊びやおやじのダンスだって、大真面目の子育て活動メニューなのだ。

 家族には 見せぬ笑顔を 外で見せ【注1】

 一般的に人様の自慢話は、聞く方がつらい。特におやじの自慢話にはうんちくが加わり、長い、くどい、繰り返すことが常だ。しかし、どのおやじたちも地域でネットワークをつくり、子どもらの未来を考え、一緒に楽しむ手法や意義を真剣に語り合う。そして、そのうちに皆が自慢話に共感して爽快感を覚え、互いに「すごいすごい」と褒めたたえる。

 子どもより 褒めて伸びます おやじたち【注2】

 中でも、おやじをコントロールする「おかみの会」の存在が際立った。ばか騒ぎをするおやじたちを冷静に観察し、ある時は辛口の評論家に変貌しながらも良き理解者でいてくれる。“おかみなしに大口を叩(たた)けるおやじの会はない”というのも既に常識に。

 おやじ似の 息子眺めて 諦める【注3】

 地域の子どもたちと真剣に遊ぶおやじやおかみが、全国各地に“増殖”することを願っている。

【注1〜3】第8回全国おやじサミットinひょうご「おやじ川柳」(おかん選考委員会 選)より

環境ダイジェスト2月

米子は1カ月で152センチ

 1月の山陰地方は年末からの寒波が猛威を振るい、1日には米子で観測史上最深となる89センチの積雪を記録。その後も智頭や大山で1月の積雪記録を更新するなど、各地で記録的な大雪となった。気温も上がらず、平年より低い状態が続いた。鳥取地方気象台は「厳しい冷え込みが続いた要因について、冬型の気圧配置となる日が多かった。背景には『ラニーニャ現象』があり、大陸からの寒気が南下しやすい状態だったのでは」と推測している。

北極圏の生態系に変化

 北極圏の生態系の中で重要なホッキョクグマやトナカイの個体数が目立って減るなど、北極の生物多様性に及ぼす地球温暖化の悪影響が明らかになりつつあるとする調査報告書を、米国やロシア、ノルウェーなどで組織する「北極評議会」などの国際研究チームが8日までにまとめた。研究チームは「この傾向が続けば、悪影響は北極圏だけでなく、地球規模に及ぶ可能性がある」と警告している。

マイクロ水力発電機で低コスト農業推進へ

 自然エネルギーを活用して農業の低コスト化と環境負荷の軽減を図ろうと鳥取県は、発電出力100キロワット以下のマイクロ水力発電機を使った農業への電気利用システムの導入支援に乗り出す。4月以降に公募を行ってまず2地区ほど選定し、県の全額補助による「鳥取県型発電モデル」の構築を目指す。


トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)