トップ > 記事
特集一覧

2017

vol109“鳥取らしく”学び実践 2017/06/24
vol108冷蔵庫買い替え 電気代安く大幅省エネ 2017/05/24
vol107安全こだわる市民農園 2017/04/23
vol106世代超え楽しく伝える 2017/02/24
vol105温暖化対策にどう取り組む 2017/01/30

2016

vol104激変する鳥取の気候 気象庁・石原調査官が報告 2016/12/23
vol103よみがえれ中海 自然再生への活動を紹介 2016/11/23
vol102企業の社会貢献 取り組み紹介 2016/10/25
vol101減らそう「食品ロス」 2016/09/27
vol100深化する省エネ住宅 2016/08/19
vol99環境と安全な食を守る 2016/06/24
vol98広がる再生可能エネ利用 2016/05/25
vol97エコドライブ体験 2016/04/24
vol96とっとり こどもエコ検定 2016/03/23
vol95省エネ診断で光熱費“見える化” 2016/02/25
vol94広げようエコ活 環境座談会 2016/01/23

2015

vol93次世代資源・メタンハイドレート 2015/12/21
vol92ユニーク エコ活動 2015/10/25
vol91鳥取砂丘を草原化から守れ! 2015/09/26
vol90木質バイオマス発電所稼働半年 2015/08/24
vol89とっとり こどもエコ検定 2015/07/21
vol88中海の環境浄化を目指すNPOの取り組み 2015/06/21
vol87広がる鳥取県産材活用 2015/05/23
vol86エコ生活の達人に学べ 2015/04/25
vol85再生エネ代表 太陽光発電 2015/03/29
vol84究極の低燃費実感 鳥取−境港間をPHVで往復 2015/02/24
vol83マイバッグで行こう! 2015/01/24

2014

vol82官民協働の湖山池アダプトプログラム 2014/12/22
vol81とっとりエコ検定 2014/11/15
 とっとりグリーンウェイブ新聞 2014年度号 2014/10/21
vol80自然を守る達成感 2014/10/20
vol79次世代型ツーリズム推進 2014/09/20
vol78自然のパワー実感 2014/08/28
vol77とっとり こどもエコ検定 2014/07/25
vol76「安全でおいしい野菜」評判 2014/06/22
vol75環境にやさしいまちづくり 2014/05/19
vol74米子で進む「低炭素」への道 2014/04/25
vol73親子で“エコ活”チャレンジ 2014/03/22
vol72環境に優しいエコストーブ 2014/02/27
vol71内窓で快適空間 2014/01/30

2013

vol70とっとり こどもエコ検定 2013/11/29
vol69とっとり次世代エネパーク 見て、触れる環境 多彩な30施設で構成 2013/10/30
vol68とっとり共生の森 官民一丸 守れ カーボン・オフセット 2013/09/27
vol67広がれ 4R 循環型の社会を目指して 2013/08/27
vol66とっとり こどもエコ検定 2013/07/31
vol65自然環境を守り、安全・安心な食担う  2013/06/29
vol64協賛店舗がポイントや割引サービス 2013/05/25
vol63「鳥取エコハウス」普及に力 2013/04/28
vol62県民挙げgreenウェイブ 2013/02/25
vol61新春座談会 より豊かに暮らすヒント 2013/01/29
 
vol.41 古民家に暮らす


2011.04.28 
「壊す」時代から 「生かす」時代に

 山あいに合掌造りの建物が身を寄せるように立ち並ぶ岐阜県白川郷や、雪深い山村の集落が昭和の香りを漂わせる智頭町板井原に足を運ぶ人が増えている。開発から逃れ、美しい周辺の自然と古民家との調和に、人々は日本の原風景を感じずにはいられない。全国には古民家が多くあるが、世界最古の木造建築物群である法隆寺は実に1300年の歴史を誇り、ユネスコの世界文化遺産に登録されている。技術の粋を集めた日本古来の伝統建築は、くぎを一本も使わず、時間の経過とともに深い味わいを醸し出していく。鳥取県でも、古民家の良さを見直そうと、古民家を生かす取り組みをする法人が設立された。

漆黒の古材の美しさに落ち着きを覚える
鈍い光を放つ古材。強度は徐々に増していく
長年、民家を支えてきた梁が古材として活用された住宅。モダンな雰囲気と調和している
 循環型社会の構築と匠(たくみ)の手仕事を後世に伝えるため、鳥取県古民家再生協会(寺谷哲代表)が設立されたのは昨年9月。設立に当たって、松山市のヴィンテージアイモクが運営する「古材倉庫」の協力を受けた。協会では、再利用可能な古材を全国に流通させて、古民家再生に不可欠な県産材を流通拡大させることなどにより、環境保全を狙う。

 鳥取県内には1950年以前に建築された住宅が2万100戸(経済産業省統計局調べ、2008年)ある。積雪が多い鳥取県では、倒壊しないよう大径木が使用された古民家が多く存在する。しかし、文化的価値がありながら解体、焼却処分される住宅が、今後増えていくとみられている。

 日本の住宅の耐用年数は一般的に25〜30年といわれる。一方で、数百年の雨風に耐えてその土地の気候風土に合った古民家を再生するのはたやすくはないが、寺谷代表(64)は伝統を守るため奮闘する。「日本人が大切にすべき技術や心を絶やしてはいけない」

 木材は時を経るとともに強さを増し、文字通り適材適所を徹底している。腐敗の可能性がある部分には、ケヤキ、クリ、ヒノキが。梁(はり)には強度が高いマツ、内装にはスギといったように、うまく使い分けられている。いろりの煙でいぶされた古材はすすを払って洗浄すると、えもいわれぬあめ色の輝きが姿を現す。

 古民家再生や古材の活用は、環境に負荷をかけない。仮に、年間50万棟の新築住宅で15%の木材を古材に切り替えた場合、121キログラム(古材倉庫調べ)の二酸化炭素排出を防ぐことができる。この15%の木材をブナの木に換算すると、500万本以上(同)になるという。

 今まで産業廃棄物としか扱われなかった解体古民家。これを生かして現代の生活様式に合わせてリフォームすれば、さらに100年、200年住むことができる住宅を造ることが可能になる。

 全国の古民家再生協会は、「グリーン建築推進協議会(東京都渋谷区)」「200年住宅再生ネットワーク機構(東京都新宿区)」と協力しながら、古民家鑑定士や伝統資財施工士、古材鑑定士の育成、そして古民家の活用や流通に取り組んでいる。

 「『壊す』時代は終わった。古民家を環境にやさしい商品として、長く大切に使い続ける時代がやってきている」と寺谷代表は力説する。

 そこにいるだけで、落ち着きとやすらぎを与えてくれる古民家。その再生方法は、丁寧に分解して、そのままの姿に戻す▽移築して元の姿に戻す▽一部の古材を使って今のライフスタイルに合わせて、アクセントとして住宅に使用する▽リフォームや新築の時に、古材を組み込む−など、古民家の活用法はさまざまだ。

 寺谷代表は「古民家は貴重な地域の財産。これを有効活用することによって、地域経済の活性化や地球環境の保全にも貢献できる」と考えている。「古民家は宝石の山」。磨けば光る、古民家や古材の魅力をみんなに広めたいと、寺谷代表は力を込めた。

【おやじのつぶやき】
イラスト ののはら りこ

地震…
NPO法人賀露おやじの会 石黒仁史

 はじめに、東日本大震災で被災された皆さまに、心よりお見舞いを申し上げますとともに、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

 かつて、この世の中で恐いものの代表といえば「地震、雷、火事、おやじ」。しかし、このたびの大震災で図らずも「地震、津波、原発事故」に変わってしまった。おやじとしては「おやじ」が消えるのは寂しいのだが、そもそも、ここで言われているおやじは台風を意味する「大山風(おおやまじ)」に由来するものらしい。恐くて威厳のある人間、おやじの存在というのは、いつの世も怪しいものだ。

 テレビで流れる被災地の様子や原発事故のニュースを見ながら、私も何かやらなければと、思い付くままに照明を消したり電化製品のコンセントを抜いたりする。そして、部屋に散らばった電化製品や床のコードを見ながら、思わず頭を抱える。よくもまあ、こんなに多くの物に囲まれた生活をしているものだと。

 「予防原則」という概念がある。環境に対して、重大で取り返しのつかない影響を及ぼす恐れがある場合に、科学的に因果関係が十分に証明されていなくても規制措置を可能にするというものだ。一方で、予防原則の取り扱いに関しては産業界の反対が根強く、一部では貿易の障壁になるのではないかといわれている。

 しかし、原発事故は“想定外の事態”だと片付けてはいけない。私たちも、今後事故予防策の一端を担う必要がある。便利な機械や化石燃料に頼りすぎている生活様式を見直すことも対策の一つだ。  まずは復旧、そして復興。がんばろう 日本のおやじたち!

環境ダイジェスト4

▽平年並み 鳥取で桜開花

 鳥取地方気象台は2日、鳥取で桜が開花したと発表した。平年と同じ日で、暖冬だった昨年よりも8日遅い開花となった。午後2時ごろ、気象台職員が鳥取市東町2丁目の県立博物館付近にある桜の標本木のソメイヨシノに、開花基準となる5輪が咲いているのを確認した。

▽希少植物の「オキナグサ」 JA鳥取中央が育苗

 JA鳥取中央は、鳥取県レッドデータブックの絶滅危惧I類に指定されている「オキナグサ」の育苗に取り組んでいる。丸2年となり、今年は約千鉢分を生産。広く育ててもらうため、8日から管内の農産物直売所で販売している。オキナグサはキンポウゲ科の多年草で、春に赤紫色の釣り鐘型の花を咲かせる。開花後は、白銀色の綿毛状の実がなくなることから老人の白髪に見立てて名前が付けられた。かつては各地で見られたが、採集や開発、環境の変化などで減少し、絶滅の危機にひんしている。

▽迷走する米子の産廃処分場問題

 米子市淀江町小波で建設が計画されている産業廃棄物の管理型最終処分場の来年3月の稼動が困難になっている。処分場の確保を目的に設立された鳥取県環境管理事業センターと運営主体の民間業者、県などとの間で、事業規模や財政支援をめぐって折り合いがつかず、処分場問題は迷走している。県によると、管理型がないのは鳥取を含めて全国で4県。管理型で処分する産業廃棄物は県内で年間約7千トンが排出され、県外処分場に運ばれている。


トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)