トップ > 記事
特集一覧

2017

vol111「4R」の循環型社会へ 2017/09/30
vol110EV・PHVが普及 2017/08/31
vol109“鳥取らしく”学び実践 2017/06/24
vol108冷蔵庫買い替え 電気代安く大幅省エネ 2017/05/24
vol107安全こだわる市民農園 2017/04/23
vol106世代超え楽しく伝える 2017/02/24
vol105温暖化対策にどう取り組む 2017/01/30

2016

vol104激変する鳥取の気候 気象庁・石原調査官が報告 2016/12/23
vol103よみがえれ中海 自然再生への活動を紹介 2016/11/23
vol102企業の社会貢献 取り組み紹介 2016/10/25
vol101減らそう「食品ロス」 2016/09/27
vol100深化する省エネ住宅 2016/08/19
vol99環境と安全な食を守る 2016/06/24
vol98広がる再生可能エネ利用 2016/05/25
vol97エコドライブ体験 2016/04/24
vol96とっとり こどもエコ検定 2016/03/23
vol95省エネ診断で光熱費“見える化” 2016/02/25
vol94広げようエコ活 環境座談会 2016/01/23

2015

vol93次世代資源・メタンハイドレート 2015/12/21
vol92ユニーク エコ活動 2015/10/25
vol91鳥取砂丘を草原化から守れ! 2015/09/26
vol90木質バイオマス発電所稼働半年 2015/08/24
vol89とっとり こどもエコ検定 2015/07/21
vol88中海の環境浄化を目指すNPOの取り組み 2015/06/21
vol87広がる鳥取県産材活用 2015/05/23
vol86エコ生活の達人に学べ 2015/04/25
vol85再生エネ代表 太陽光発電 2015/03/29
vol84究極の低燃費実感 鳥取−境港間をPHVで往復 2015/02/24
vol83マイバッグで行こう! 2015/01/24

2014

vol82官民協働の湖山池アダプトプログラム 2014/12/22
vol81とっとりエコ検定 2014/11/15
 とっとりグリーンウェイブ新聞 2014年度号 2014/10/21
vol80自然を守る達成感 2014/10/20
vol79次世代型ツーリズム推進 2014/09/20
vol78自然のパワー実感 2014/08/28
vol77とっとり こどもエコ検定 2014/07/25
vol76「安全でおいしい野菜」評判 2014/06/22
vol75環境にやさしいまちづくり 2014/05/19
vol74米子で進む「低炭素」への道 2014/04/25
vol73親子で“エコ活”チャレンジ 2014/03/22
vol72環境に優しいエコストーブ 2014/02/27
vol71内窓で快適空間 2014/01/30

2013

vol70とっとり こどもエコ検定 2013/11/29
vol69とっとり次世代エネパーク 見て、触れる環境 多彩な30施設で構成 2013/10/30
vol68とっとり共生の森 官民一丸 守れ カーボン・オフセット 2013/09/27
vol67広がれ 4R 循環型の社会を目指して 2013/08/27
vol66とっとり こどもエコ検定 2013/07/31
vol65自然環境を守り、安全・安心な食担う  2013/06/29
vol64協賛店舗がポイントや割引サービス 2013/05/25
vol63「鳥取エコハウス」普及に力 2013/04/28
vol62県民挙げgreenウェイブ 2013/02/25
vol61新春座談会 より豊かに暮らすヒント 2013/01/29
 
vol.62県民挙げgreenウェイブ


2013.2.25
 ことしは鳥取県内で5月の全国植樹祭を皮切りに、全国都市緑化フェアやエコツーリズム国際大会など、緑にちなんだ全国イベントが相次いで開かれる。イベントを通じて、緑豊かな鳥取県の環境を全国にアピールする県民運動「とっとりグリーンウェイブ」を県民挙げて盛り上げたい。

全国植樹祭 5月

 
 第64回全国植樹祭(鳥取県など主催)は5月26日、「感じよう 森のめぐみと 緑の豊かさ」をテーマに県西部で開かれる。森林や緑の大切さを知ってもらおうと、毎年全国持ち回りで開かれており、県内開催は1965年以来48年ぶり2回目。

 とっとり花回廊(南部町)での式典は、両陛下のお手植えや創作劇、吹奏楽の演奏などが行われる予定。植樹会場のとっとり花回廊いやしの森(伯耆町)と国立公園奥大山鏡ケ成高原(江府町)では、参加者全員でコナラやケヤキなど延べ55種程度の苗木を植える。

 この他、東北3県で採取された種子を鳥取県内の小学校などで育て、その後被災地に里帰りさせる東日本大震災復興支援プロジェクトなどが盛り込まれている。

 来場者は約5千人を見込んでおり、内訳は県外招待者が約1500人、県内招待者は自治体や緑化の関係者、公募で選ばれた県民ら約3500人。このほか出演者や運営ボランティアなど約2千人が参加する。

全国都市緑化フェア 9〜11月

全国都市緑化フェアのメーン会場となる
湖山池公園。造成工事が着々と進んでいる
 花と緑の祭典「第30回全国都市緑化とっとりフェア」(鳥取県など主催)は、9月21日〜11月10日(51日間)の日程で鳥取市の湖山池公園お花畑ゾーンをメーン会場に開催される。

 テーマは「ともに育てる身近な緑〜水と緑に包まれた世界ジオパークのまちから〜」。期間中は、地域の風土に合わせた新しい緑の在り方「鳥取流緑化スタイル」を県内外に発信する。

 身近な植物を見詰め直す「ナチュラルガーデン」をコンセプトに、フェアアドバイザーにナチュラルガーデンの第一人者である英国人ガーデンデザイナー、ポール・スミザー氏を起用。開催を機に同コンセプトを地域に根差すものに置き換えた「鳥取流緑化スタイル」の普及を目指す。

 メーン会場の湖山池公園には、趣向を凝らした五つのゾーンを設定。このうち「ナチュラルガーデンゾーン」は「多年草の回廊」から始まり、スミザー氏による展示空間「ガーデンエントランス」を経て、植物の特性を生かし鳥取の秋景色を演出する「秋の競演」で構成する。

 県中西部にもサテライト会場を設置。中部は湯梨浜町の東郷湖羽合臨海公園(あやめ池公園、燕趙園、JR松崎駅周辺)。あやめ池公園では宿根草をメーンにしたナチュラルガーデンを整備し、既存の樹林と組み合わせた林間園路「樹林のシェードガーデン」を整備する。中国庭園の燕趙園には、エントランス前の植栽に中国をイメージした「カラーリーフガーデン」を設ける。

 西部では南部町のとっとり花回廊が会場となり、西側エントランスに「花トリピーのウエルカムガーデン」などを整備する。

 実行委は3会場合わせて約40万人の来場者を目指している。

エコツーリズム国際大会 10月

エコツアーが行われる大山にあるブナの
巨木。パワースポットとして人気がある
 「エコツーリズム国際大会in鳥取」は10月19日から3日間、「森・里・海 水の連環と人々の営み」をテーマに県西部を中心に開かれる。自然保護と観光振興の融合を目指す。

 エコツーリズムは地域ぐるみで自然や歴史、文化など地域固有の魅力を観光客に伝え、その資源を保護・保全しながら持続的な観光振興を目指す取り組み。県や県西部9市町村、観光協会など約50団体でつくる実行委が日本エコツーリズム協会と共催する。国内での開催は2001年の福島県、02年の沖縄県に続いて3度目。延べ2千人の参加を見込む。

 大山のブナ林の散策▽大山を自転車で下るダウンヒル▽皆生海岸のシーカヤック▽日野川のラフティング▽山陰海岸ジオパークめぐり−などのエコツアーを計画する。

 初日はJR米子駅前の米子コンベンションセンターで基調講演やトークセッションがあり、国内外でエコツーリズム活動を展開する関係者が集まる。夜は交流会があり、エコツーリズムを活用した地域振興について意見を交わす。


ウォッチ地球環境

北極圏急激な変化

グリーンランド沿岸で氷上を流れる融解水
(写真提供:国立極地研究所、写真撮影:
杉山慎氏=北海道大学)
 温暖化や砂漠化の進展、ごみ問題の深刻化など緑の地球が悲鳴を上げています。われわれの住むかけがえのない地球はどうなったのでしょうか。地球の“今”を環境の専門家に報告してもらいます。

 地表面の気温の上昇にともない、さまざまな影響が現れ始めています。中でも北極圏では気温の上昇幅が他の地域より大きく、雪氷の融解が予測以上の速さで進んでいます。

 北極圏では毎年9月に海氷面積が年間で一番少なくなり、冬に向かって気温が低下してくるとまた海氷が増加するというサイクルを繰り返しています。昨年9月16日、海氷面積は観測史上最も少ない349万平方キロメートルにまで縮小しました。これは、1980年代の平均的な面積の半分以下です。さらに、面積だけではなく厚さも10年間で13%程度ずつ減少しています。

 またグリーンランドの氷床では、夏の間にとけ出す面積が拡大しており、今後どのような影響があるかなど調査が進められています。

 (鳥取県地球温暖化防止活動推進センター、上園由起)



トップが語る環境問題

中国電力鳥取支社
(鳥取市新品治町)

支社長 森前茂彦

「自然と調和」が理念

 「地域発展への貢献」や「自然との調和追求」を企業理念に、社員参加型の社会貢献活動や環境保全活動に積極的に取り組んでいます。特に環境月間の6月を「エネルギアグループ環境月間」と定め、平成24年度も県内事業所ごとに大山頂上植栽登山や鳥取砂丘清掃、県内の河川や海岸などで除草・清掃活動を実施しました。またエコオフィス運動として、社内でもごみの減量化やリサイクル推進活動に取り組み、平成22年には「鳥取市ごみ減量等推進優良事業所」に認定されました。今後も地域に根ざした活動を続けていきます。


清水
(鳥取市古海)

代表取締役 清水昭允

会社挙げ省エネ推進

 当社では、材料である鉄やステンレス、銅などの切れ端を分別してリサイクルしているほか、工場の照明も部門ごとにこまめに消すなど、会社を挙げて省エネや環境問題に取り組んでいます。また、機密文書もシュレッダー処理せず、直接、市内の製紙工場に持ち込んで、資源の再利用を図っています。ごみの減量化などを目的とした県版環境管理システム・TEASについては鳥取商工会議所も普及を目指しており、地域の企業に広がることを期待しています。

トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)