トップ > 記事
特集一覧

2017

vol113寄付型商品やCO2排出ゼロ化 2017/11/30
vol112紙類回収、リサイクル 2017/10/28
vol111「4R」の循環型社会へ 2017/09/30
vol110EV・PHVが普及 2017/08/31
vol109“鳥取らしく”学び実践 2017/06/24
vol108冷蔵庫買い替え 電気代安く大幅省エネ 2017/05/24
vol107安全こだわる市民農園 2017/04/23
vol106世代超え楽しく伝える 2017/02/24
vol105温暖化対策にどう取り組む 2017/01/30

2016

vol104激変する鳥取の気候 気象庁・石原調査官が報告 2016/12/23
vol103よみがえれ中海 自然再生への活動を紹介 2016/11/23
vol102企業の社会貢献 取り組み紹介 2016/10/25
vol101減らそう「食品ロス」 2016/09/27
vol100深化する省エネ住宅 2016/08/19
vol99環境と安全な食を守る 2016/06/24
vol98広がる再生可能エネ利用 2016/05/25
vol97エコドライブ体験 2016/04/24
vol96とっとり こどもエコ検定 2016/03/23
vol95省エネ診断で光熱費“見える化” 2016/02/25
vol94広げようエコ活 環境座談会 2016/01/23

2015

vol93次世代資源・メタンハイドレート 2015/12/21
vol92ユニーク エコ活動 2015/10/25
vol91鳥取砂丘を草原化から守れ! 2015/09/26
vol90木質バイオマス発電所稼働半年 2015/08/24
vol89とっとり こどもエコ検定 2015/07/21
vol88中海の環境浄化を目指すNPOの取り組み 2015/06/21
vol87広がる鳥取県産材活用 2015/05/23
vol86エコ生活の達人に学べ 2015/04/25
vol85再生エネ代表 太陽光発電 2015/03/29
vol84究極の低燃費実感 鳥取−境港間をPHVで往復 2015/02/24
vol83マイバッグで行こう! 2015/01/24

2014

vol82官民協働の湖山池アダプトプログラム 2014/12/22
vol81とっとりエコ検定 2014/11/15
 とっとりグリーンウェイブ新聞 2014年度号 2014/10/21
vol80自然を守る達成感 2014/10/20
vol79次世代型ツーリズム推進 2014/09/20
vol78自然のパワー実感 2014/08/28
vol77とっとり こどもエコ検定 2014/07/25
vol76「安全でおいしい野菜」評判 2014/06/22
vol75環境にやさしいまちづくり 2014/05/19
vol74米子で進む「低炭素」への道 2014/04/25
vol73親子で“エコ活”チャレンジ 2014/03/22
vol72環境に優しいエコストーブ 2014/02/27
vol71内窓で快適空間 2014/01/30

2013

vol70とっとり こどもエコ検定 2013/11/29
vol69とっとり次世代エネパーク 見て、触れる環境 多彩な30施設で構成 2013/10/30
vol68とっとり共生の森 官民一丸 守れ カーボン・オフセット 2013/09/27
vol67広がれ 4R 循環型の社会を目指して 2013/08/27
vol66とっとり こどもエコ検定 2013/07/31
vol65自然環境を守り、安全・安心な食担う  2013/06/29
vol64協賛店舗がポイントや割引サービス 2013/05/25
vol63「鳥取エコハウス」普及に力 2013/04/28
vol62県民挙げgreenウェイブ 2013/02/25
vol61新春座談会 より豊かに暮らすヒント 2013/01/29
 
vol.63「鳥取エコハウス」普及に力


2013.4.28
 鳥取県と鳥取エコハウス協議会は、鳥取の建築家がデザインした環境にやさしい規格型住宅「鳥取エコハウス『SITE(サイト)』」の普及に力を入れている。県内の気候や風土に合うように工夫されており、高い環境性能を誇る。若い世代に手の届く価格で提供する仕組みもつくり、環境負荷の低減に配慮した住宅づくりを推進する。

省エネ仕様

鳥取ならではの自然素材を活用した、環境に優しく耐久性の高い鳥取エコハウス
 同協議会は、林業、製材、工務店、設計事務所など木造住宅に関わる川上から川下までの関係者と県が2011年5月に設立。鳥取県の環境に適した住宅の開発を共同で研究してきた。

 鳥取エコハウスは、「鳥取の森のこと」「家族の暮らしのこと」「地球環境のこと」「価格のこと」を考えた、地域の工務店が建てる規格型の木造住宅。鳥取の良質な県産材を構造材や床材などとしてふんだんに活用するほか、住宅の長寿命化、自然エネルギーの有効利用を図った。

 省エネルギー仕様が大きな特長で、3タイプから選ぶことができる。一つ目は、自然エネルギー利用タイプ。夏は深いひさしで日射をさえぎり開口部から風を取り込み、冬は南面から日差しを取り入れるなど、できるだけ機械設備に頼らないデザインを採用した。

骨太な柱や梁が使われた鳥取エコハウス=鳥取市内
 二つ目が、高断熱・空気循環タイプ。屋根、外壁、基礎を高断熱化し、空気を循環させることで室内の温度差を少なくして冷暖房負荷を軽減する。

 三つ目は、太陽熱利用タイプ。太陽熱を給湯や床下空間から空気を循環させる床下暖房の熱源に利用する。

公的助成も

 住宅を長く住み継ぐには、家族のライフスタイルに合わせて柔軟に間取りを変えられることが大切だ。そのため構造体と内装を分離。構造体を県産材による骨太な柱や梁(はり)で構成し、長寿命化することで将来のライフスタイルの変化に応じて内装や間取り、設備機器の容易な更新を可能にした。

 設計プランは30坪、35坪、40坪のモデルプランのほか、オリジナルプランでも対応可能。同協議会のウェブサイトに公開しているモデルプランで、複数のデザイン、間取りの中から自分に合ったプランを選ぶことができるほか、本体標準価格を公開。希望する登録工務店も選択できる。

 県の「環境にやさしい木の住まい助成制度」による県産材補助(最大90万円)など、公的助成を得られるのも大きなメリットだ。

県産材がふんだんに使われた鳥取エコハウス=鳥取市内

若い世代に

 鳥取エコハウスは鳥取市内に3月に2棟完成し、1棟も建設中で、県民に徐々に浸透する。県は鳥取エコハウスを体感できるモデルルームを県内で開催される住宅フェアなどで展示するなどのPRを行い、協議会の販売、供給体制の確立を支援している。

 県住宅政策課は「鳥取エコハウスは環境にやさしい住まいづくりを目指した取り組み。良質な県産材をより使いやすくするため、部材の規格化にも取り組んでおり、規格化することにより木材の入手が容易になるとともに、工期と建築コストを抑えることにもつながる。若い世代にも住んでもらいたい」と話している。

ウォッチ地球環境

森林は生物多様性の宝庫

パーム・プランテーション開発で皆伐された土地=マレーシア・サラワク(国際環境NGO FoE Japan提供)
 世界の森林は陸地の約30%を占めており、陸上動植物の3分の2が生息する生物多様性の宝庫です。また光合成により大気中の二酸化炭素を吸収することで、地球温暖化の緩和にも重要な役割を果たしています。

 しかし最近、毎年520万ヘクタールずつ減少しています。大きな要因としてパーム(椰子(やし))油などのプランテーション(巨大資本による大規模単一作物農業)や大型牧場のための過剰な伐採、天然林の違法伐採などが挙げられます。

 こうした持続可能ではない方法で伐採された木材が日本にも輸入されており、逆に日本の森林は利用されず荒廃が進んでいます。国産材の利用を増やしていくことは、日本の森林だけでなく、世界の森林を守ることにもつながります。

 (鳥取県地球温暖化防止活動推進センター・上園由起)



トップが語る環境問題

智頭石油
(智頭町智頭)

社長 米井 哲郎

新発想のカーライフ

 全店舗で地域カーシェアリング型のキャル格安レンタカーを行っています。程度の良い中古車を自社の整備工場で整備し、ガソリンスタンドで貸し出すことで低価格を実現しました。コンパクトクラスなら12時間の利用で2500円です。大手レンタカーの半額の価格がうけ、現在110台の車が稼働中です。車の所有にはメンテナンスや、車検、保険、駐車場代など多くのコストが必要です。車を毎日使わないのなら所有することをやめ、必要な時だけ借りる新発想でお財布にも環境にもやさしいカーライフが始まります。


エコ・ファーム鳥取
(鳥取市港町)

社長 奥井 和雄

エコ堆肥で地域貢献

 当社は「地域資源循環型社会に貢献する」ことをモットーに一般廃棄物処分業(中間処理)を営んでいます。刈り草、抜根草、剪定(せんてい)クズ(チップ化)等を受け入れ、これらを好気性微生物(納豆菌)で発酵し完熟堆肥「エコ堆肥」として販売しています。この度、鳥取市より「生物(シマミミズ)活用による刈り草、剪定クズ等堆肥化事業」を委託され、1年間の実証実験を今年4月1日より行っております。今後も地域に根差した活動に、積極的に貢献してまいります。

トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)