トップ > 記事
特集一覧

2018

vol118循環型社会を目指して 2018/05/29
vol117人と地球に優しいエコな山村暮らし 2018/04/26
vol116住宅用太陽光発電「2019年問題」 買い取り満了 どう扱う!? 2018/02/27
vol115市民、企業、行政代表鼎談 2018/01/29

2017

vol114柔らかな炎に心ホッと 2017/12/30
vol113寄付型商品やCO2排出ゼロ化 2017/11/30
vol112紙類回収、リサイクル 2017/10/28
vol111「4R」の循環型社会へ 2017/09/30
vol110EV・PHVが普及 2017/08/31
vol109“鳥取らしく”学び実践 2017/06/24
vol108冷蔵庫買い替え 電気代安く大幅省エネ 2017/05/24
vol107安全こだわる市民農園 2017/04/23
vol106世代超え楽しく伝える 2017/02/24
vol105温暖化対策にどう取り組む 2017/01/30
 
vol.65自然環境を守り、安全・安心な食担う


2013.6.29

有機栽培で野菜本来の味を

 土壌や水などの環境問題が指摘される中、農薬や化学肥料を使わないで農作物を育てる有機栽培の重要性が高まっている。自然豊かな環境を守り、安全・安心な食を担おうとする動きが鳥取県内でも広がっている。有機畑作に取り組む男性を訪ねた。          


ナスの管理作業に精を出す坂本さん=鳥取市河原町小畑

有機JAS認定

 澄み切った空気、滴るような濃い山々の緑、豊富な水。「豊かな自然が自慢です」。鳥取市河原町小畑の坂本嘉和さん(42)は160ヘクタールの畑でJAS法に基づく有機農産物(有機JAS)の認定を受け、畑作に取り組む専業農家だ。稲作も70アールの田で、除草剤1回使用の特別栽培で取り組む。

 坂本さんは京都生まれ。大分の篤農家の影響を受け、食べ物を通じて人々の健康づくりに役立ちたいと有機栽培を志した。

 青森県内の牧場などで研修を受け、スイスでの農業研修も1年間体験した。2004年、綾子さん(34)との結婚を機に「有機栽培で独立したい」と、祖母の住むこの地へ移住した。

 5年間は農業関係のアルバイトをしながら兼業で農業に取り組み、3人の子宝に恵まれた。だが、思うように適期の作業ができず悩んだ。そんな坂本さんの肩を押したのが妻の綾子さん。「何のために鳥取に来たの?」。はっと気付いた坂本さんは生活の不安を抱えながらも独立を決意し、5年前に専業の道に入った。

畑の作業に汗を流す坂本さん一家。畑が子どもたちの遊び場にもなっている=鳥取市河原町小畑

ふかふかの土壌

 ナス畑を案内してもらった。30センチほどに育ったたくさんの小さなナスが元気に風になびく。約20アールの畑で株間が1メートル、畝間が3メートルもとって植えてある。間隔が広すぎるようだが、収穫最盛期になると背の高さまで大きくなり葉も茂って朝露が服につくほどに育つという。

 「日光をたくさん浴びて、おいしく育ってほしいのです。風通しもよく病害虫も少なくなります」と疎植の効果を説明する。

 毎年、堆肥を投入するので土がふかふかとして柔らかい。多くの微生物が生息する土壌環境が整っているのだろう。「土づくりができてくると、生える草が違ってきます。野菜の味も良くなってきました」

 坂本さんは旬の野菜しか作らない。自然順応を心掛けているからだ。「有機栽培は作物が丈夫に育つためのお手伝いをするだけ。排水対策には最も気を付けますが、後は作物にお任せです」。健全な野菜を育てる極意なのだろう。

ずいせん野菜ファン

 夏作はピーマンやナスが中心。冬作はニンジン、大根、カブ、漬物用のミブ菜など多種類作る。今のところ一つの畑で、1年1作のサイクル。じっくりと土づくりを進めるためだ。

 坂本さんは有機栽培の生産者グループ「鳥取ずいせん生産組合」に属している。「ずいせん野菜」として、スーパーや直売所などで販売するほか、幼稚園の給食にも使われている。

 「ずいせん野菜」は、えぐみや苦みが少なく野菜本来の甘みが感じられるので、野菜の苦手な子どもも食べられる。「おいしい」と求めるファンが徐々に増えている。

 有機栽培の畑は、子育てにも最適だ。子どもたちが畑に出て苗を植えたり草とりを手伝ってくれたりする。虫やミミズにも触れ、伸び伸びと育っている。「小さなうちは豊かな自然の中で五感が育ってくれれば」と期待する。「農業という仕事は大変ですが、毎日野菜をもりもり食べてくれる子供たちの姿を見るとやってきて良かった、あすもがんばろうと思えます」と語る。

 今は子育てにも追われる毎日だが、「有機農業をもっと楽しんで取り組みたい」とうれしそうに笑った。



ウォッチ地球環境

危機的状況のサンゴ礁

 サンゴ礁は海の森と呼ばれ、生き物が多く生息する生態系豊かな場所ですが、開発による土壌の流入や有害物質を使った漁業、海水温の上昇などさまざまな要因により、危機的な状況にあります。サンゴ礁が死滅すると、周辺に魚がいなくなるなど生態系が脅かされ、漁業や観光など人の生活にも影響を及ぼします。

 1998年には世界的規模で起きた白化現象(体内共生のプランクトン喪失により骨格の白い部分だけになること)によりサンゴ礁の75%が影響を受け、約18%は回復せず死滅したといわれています。2010年にも同様の大規模白化が起きました。いずれも海水温が普段よりも1〜4度程度上昇したことが原因です。

 (鳥取県地球温暖化防止活動推進センター・上園由起)



トップが語る環境問題

砂丘園芸
(鳥取市滝山)

代表取締役 浜本真

庭と住まいでエコ活動推進

 「庭と住まいから始まる家族のストーリー」をテーマに屋上庭園付き住宅とガーデン・サービスを販売している砂丘園芸グループです。庭からできるエコ活動もたくさんあります。庭の樹木は断熱、日差しと風のコントロールを可能にし、壁面緑化は光のカットと蒸散作用で涼しさを生み、屋上緑化は太陽熱を和らげ光熱費削減、空間の有効活用にもなります。皆さまの庭と住まいから始まるエコ活動が地球全体の環境貢献につながります。


光商会
(鳥取市五反田町)

社長 木村憲司

省エネ商品販売で地域貢献

 光商会グループでは、「安心・安全・快適で笑顔あふれるくらしづくりに貢献する」を経営理念に、省エネ環境商品の販売に取り組んでいます。循環型エネルギーの太陽光発電システム、省エネ型石油給湯器・エコフィール、高機能断熱遮熱性ガラス・エコガラス、エコ窓など、家計と環境にやさしい商品の提供を行っています。3年後に100周年を迎える企業として、常に挑戦・進化し続け、地域社会の発展に貢献してまいります。

トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)