トップ > 記事
特集一覧

2017

vol113寄付型商品やCO2排出ゼロ化 2017/11/30
vol112紙類回収、リサイクル 2017/10/28
vol111「4R」の循環型社会へ 2017/09/30
vol110EV・PHVが普及 2017/08/31
vol109“鳥取らしく”学び実践 2017/06/24
vol108冷蔵庫買い替え 電気代安く大幅省エネ 2017/05/24
vol107安全こだわる市民農園 2017/04/23
vol106世代超え楽しく伝える 2017/02/24
vol105温暖化対策にどう取り組む 2017/01/30

2016

vol104激変する鳥取の気候 気象庁・石原調査官が報告 2016/12/23
vol103よみがえれ中海 自然再生への活動を紹介 2016/11/23
vol102企業の社会貢献 取り組み紹介 2016/10/25
vol101減らそう「食品ロス」 2016/09/27
vol100深化する省エネ住宅 2016/08/19
vol99環境と安全な食を守る 2016/06/24
vol98広がる再生可能エネ利用 2016/05/25
vol97エコドライブ体験 2016/04/24
vol96とっとり こどもエコ検定 2016/03/23
vol95省エネ診断で光熱費“見える化” 2016/02/25
vol94広げようエコ活 環境座談会 2016/01/23

2015

vol93次世代資源・メタンハイドレート 2015/12/21
vol92ユニーク エコ活動 2015/10/25
vol91鳥取砂丘を草原化から守れ! 2015/09/26
vol90木質バイオマス発電所稼働半年 2015/08/24
vol89とっとり こどもエコ検定 2015/07/21
vol88中海の環境浄化を目指すNPOの取り組み 2015/06/21
vol87広がる鳥取県産材活用 2015/05/23
vol86エコ生活の達人に学べ 2015/04/25
vol85再生エネ代表 太陽光発電 2015/03/29
vol84究極の低燃費実感 鳥取−境港間をPHVで往復 2015/02/24
vol83マイバッグで行こう! 2015/01/24

2014

vol82官民協働の湖山池アダプトプログラム 2014/12/22
vol81とっとりエコ検定 2014/11/15
 とっとりグリーンウェイブ新聞 2014年度号 2014/10/21
vol80自然を守る達成感 2014/10/20
vol79次世代型ツーリズム推進 2014/09/20
vol78自然のパワー実感 2014/08/28
vol77とっとり こどもエコ検定 2014/07/25
vol76「安全でおいしい野菜」評判 2014/06/22
vol75環境にやさしいまちづくり 2014/05/19
vol74米子で進む「低炭素」への道 2014/04/25
vol73親子で“エコ活”チャレンジ 2014/03/22
vol72環境に優しいエコストーブ 2014/02/27
vol71内窓で快適空間 2014/01/30

2013

vol70とっとり こどもエコ検定 2013/11/29
vol69とっとり次世代エネパーク 見て、触れる環境 多彩な30施設で構成 2013/10/30
vol68とっとり共生の森 官民一丸 守れ カーボン・オフセット 2013/09/27
vol67広がれ 4R 循環型の社会を目指して 2013/08/27
vol66とっとり こどもエコ検定 2013/07/31
vol65自然環境を守り、安全・安心な食担う  2013/06/29
vol64協賛店舗がポイントや割引サービス 2013/05/25
vol63「鳥取エコハウス」普及に力 2013/04/28
vol62県民挙げgreenウェイブ 2013/02/25
vol61新春座談会 より豊かに暮らすヒント 2013/01/29
 
vol.67とっとり共生の森 官民一丸 守れ カーボン・オフセット


2013.9.27

 二酸化炭素(CO2)の排出などによる地球温暖化問題が世界的にクローズアップされている中、その吸収源として森林保全の在り方が注目されている。鳥取県は企業などが行う森林保全活動を支援する「とっとり共生の森」事業と、森林によるCO2の吸収量と企業などのCO2排出量を相殺する「カーボン・オフセット」を推進する。森林整備に対する特徴ある二つの取り組みを取材した。
とっとり共生の森で、下草刈りに汗を流す日本たばこ産業の参加者=6月8日、智頭町慶所

企業イメージアップ効果も
とっとり共生の森

 2006年度から県が取り組んでいるのが「とっとり共生の森」事業。県内外の企業、県と地元市町村が森林保全・管理協定を結び、一体となり企業などが実施する森林保全活動を支援する。参加企業も年々増えており、広がりを見せている。

 同事業は、県と市町村が、森林所有者と参画企業の橋渡しとなって森林を一定期間、企業に無償貸与。企業は社員や住民ボランティア、地元の森林組合などと共に間伐をはじめ、下草刈り、枝打ちや植栽、自然観察会などに取り組み、森林・林業への理解を深めながら積極的に森林保全活動を実施している。

 さらに、地元住民の有志がきのこ汁やおにぎりなどを振る舞うなど、参加者と地元住民との交流を図るふれあいの場としても活用されている。

 現在、参画企業は県内外合わせて17社。協定期間は基本的に5年以上で、県内19カ所(370・7ヘクタール)で毎年保全活動を展開している。

 森林整備はCO2を吸収するなど、地球温暖化防止への貢献のほか、環境教育やレクリエーションの場としても有効利用されている。

 また、各企業は活動する森にそれぞれ「希望の森」(山陰合同銀行)や「とっとり さわやか自然の森」(コカ・コーラウエスト)「天然水の森 奥大山」(サントリー)「恵みの森」(キリンビール)などと命名。CSR活動(企業の社会的責任)を通じて企業カラーを前面にアピールしながら、企業のイメージアップにつなげている。


徐々に浸透中販売戦略課題
カーボン・オフセット


 カーボン・オフセットは、自助努力で削減できなかった企業活動による温室効果ガスを森林などのCO2吸収効果で埋め合わせる仕組み。環境省が2009年、森林のCO2吸収量を売買できる「オフセット・クレジット(J−VER)制度」を設け、鳥取県も10年度からJ−VERプロジェクトに乗り出した。

 これまでに県有林など九つのJ−VERプロジェクトが登録されており、CO2認証量は1万5876トン。このうち2936トンが販売(今年5月14日現在)された。

 J−VERを購入した企業は、商品や広告物を使って「環境への貢献」PRに取り組む。コロッケやパン、電動バイクなどにカーボン・オフセット付き商品(商品売上の一部が森林保全資金になる)を明示したり、イベントを通して環境意識を啓発したりとさまざま。

 オフセット・クレジット(J−VER)制度は徐々に浸透してきたが、課題も生まれた。今年度から新制度(J−クレジット制度)に移行しており、今後どう取り組むのか。さらに、全国的に認証量が増えており、供給過多な状態。鳥取県のクレジットを全国の企業にどうPRし購入してもらうのか。ともに制度を推進する県の悩みの種となっている。

 県森林づくり推進課では「二つの制度ともに県内の森林整備に弾みをつける取り組みとして、今後も課題を克服し、活動の輪を広げていきたい」と話している。

ウォッチ地球環境

「100年の1度」の大雨

ドイツ・パッサウの洪水(2013年6月、クリストフ・ツィーラー氏撮影)
 今夏、「経験したことのないような大雨」が日本各地で大きな被害をもたらしました。鳥取や島根でも、1時間に100ミリ以上の猛烈な雨による被害を受けたのは記憶に新しいところです。日本だけではなく、ヨーロッパや中国など世界各地でも記録的な大雨による洪水が起きています。ドイツでは「100年に1度」といわれるような大雨による洪水が発生しました。

 地表の気温や海水温が上昇すると、水分の蒸発が活発になります。大気の状態が不安定になることで大雨をもたらします。地球温暖化が進行すると、このような異常気象が増加することが懸念されています。気温の上昇だけが問題なのではなく、それにより気候システムが大きく変化することが問題です。

 (鳥取県地球温暖化防止活動推進センター・上園由起)


トップが語る環境問題

赤碕清掃
(琴浦町赤碕)

社長 岡崎 博紀

ペレット燃料製造業に活用を

 県内唯一の木質ペレット生産会社として主にストーブ向けを提供していますが、来年からは製造業へペレットボイラーを提案していきます。現在主流の重油は高騰を続け、さらに限られた資源でもあります。その点、ペレットは県内で原料が調達でき、将来にわたって安価かつ安定的な提供が実現できます。また、県内でエネルギーの地産地消が可能となる燃料でもあります。重油に代わる燃料とするため、現在、ペレットの量産体制を整えています。

大下林業
(鳥取市岩坪)

社長 大下 武夫

林業通じ環境問題解決に貢献

 林業はどのような仕事か分かりますか? 答えは一つではありませんが、たとえばこういえるでしょう。森林がどのような状態になっているかを把握して、適正な処置をし、生き生きとした森を育てることで、災害にも強い山、きれいな水、きれいな空気をつくります。まさに環境問題を解決できる仕事だと思います。

 来る10月6日午後1時から鳥取市のとりぎん文化会館第1会議室で、「とっとり緑の仲間の集い」を開催しますので、林業に興味のある方はぜひご来場ください。
トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)