トップ > 記事
特集一覧

2017

vol111「4R」の循環型社会へ 2017/09/30
vol110EV・PHVが普及 2017/08/31
vol109“鳥取らしく”学び実践 2017/06/24
vol108冷蔵庫買い替え 電気代安く大幅省エネ 2017/05/24
vol107安全こだわる市民農園 2017/04/23
vol106世代超え楽しく伝える 2017/02/24
vol105温暖化対策にどう取り組む 2017/01/30

2016

vol104激変する鳥取の気候 気象庁・石原調査官が報告 2016/12/23
vol103よみがえれ中海 自然再生への活動を紹介 2016/11/23
vol102企業の社会貢献 取り組み紹介 2016/10/25
vol101減らそう「食品ロス」 2016/09/27
vol100深化する省エネ住宅 2016/08/19
vol99環境と安全な食を守る 2016/06/24
vol98広がる再生可能エネ利用 2016/05/25
vol97エコドライブ体験 2016/04/24
vol96とっとり こどもエコ検定 2016/03/23
vol95省エネ診断で光熱費“見える化” 2016/02/25
vol94広げようエコ活 環境座談会 2016/01/23

2015

vol93次世代資源・メタンハイドレート 2015/12/21
vol92ユニーク エコ活動 2015/10/25
vol91鳥取砂丘を草原化から守れ! 2015/09/26
vol90木質バイオマス発電所稼働半年 2015/08/24
vol89とっとり こどもエコ検定 2015/07/21
vol88中海の環境浄化を目指すNPOの取り組み 2015/06/21
vol87広がる鳥取県産材活用 2015/05/23
vol86エコ生活の達人に学べ 2015/04/25
vol85再生エネ代表 太陽光発電 2015/03/29
vol84究極の低燃費実感 鳥取−境港間をPHVで往復 2015/02/24
vol83マイバッグで行こう! 2015/01/24

2014

vol82官民協働の湖山池アダプトプログラム 2014/12/22
vol81とっとりエコ検定 2014/11/15
 とっとりグリーンウェイブ新聞 2014年度号 2014/10/21
vol80自然を守る達成感 2014/10/20
vol79次世代型ツーリズム推進 2014/09/20
vol78自然のパワー実感 2014/08/28
vol77とっとり こどもエコ検定 2014/07/25
vol76「安全でおいしい野菜」評判 2014/06/22
vol75環境にやさしいまちづくり 2014/05/19
vol74米子で進む「低炭素」への道 2014/04/25
vol73親子で“エコ活”チャレンジ 2014/03/22
vol72環境に優しいエコストーブ 2014/02/27
vol71内窓で快適空間 2014/01/30

2013

vol70とっとり こどもエコ検定 2013/11/29
vol69とっとり次世代エネパーク 見て、触れる環境 多彩な30施設で構成 2013/10/30
vol68とっとり共生の森 官民一丸 守れ カーボン・オフセット 2013/09/27
vol67広がれ 4R 循環型の社会を目指して 2013/08/27
vol66とっとり こどもエコ検定 2013/07/31
vol65自然環境を守り、安全・安心な食担う  2013/06/29
vol64協賛店舗がポイントや割引サービス 2013/05/25
vol63「鳥取エコハウス」普及に力 2013/04/28
vol62県民挙げgreenウェイブ 2013/02/25
vol61新春座談会 より豊かに暮らすヒント 2013/01/29
 
vol.73親子で“エコ活”チャレンジ


2014.3.22

楽しみながら実践


 「早寝早起きをして食べ物を残さない」。こんな“エコ活”が集まれば、地球もきっと元気になるはず。鳥取県内で、子どもたちのエコの芽を育てるさまざまな取り組みが行われている。子どもたちが楽しみながらエコライフの大切さを学ぶ現場を訪ねた。
エコ劇場でエコの大切さを学ぶ園児たち=鳥取市立川町のかんろ保育園
手回し発電機を使って発電実験を行う児童たち=北栄町の北条小学校


 ■ちびっ子エコスタート

 「エコ博士だよ。こんにちは」。鳥取市立川町6丁目のかんろ保育園(堀江瑞枝園長)で、ちびっ子エコスタートのエコ劇場が上演された。エコ博士にふんしたちびエコアドバイザーが登場すると、園児は大喜び。

 「早寝早起きをして、ご飯を残さず食べようね。それが地球を元気にすることなんだ」と訴えると、園児は手を挙げて元気に「はーい」。エコ博士は紙芝居やクイズを通じて、園児たちが身近な生活に気を付けることで環境にやさしい暮らしができることを分かりやすく伝えた。

 エコスタートは幼稚園・保育所を対象とした環境出前教室で、2011年度にスタート。県が派遣するちびエコアドバイザーが講師を務める。県内でこれまでに計6園が認定されている。

 園児だけでなく、職員や保護者も学習会を開き、幼児期からの環境教育の目的や大切さを学ぶ。堀江園長は「園ではごみの分別収集をしたり、タンクに貯めた雨水を園の畑作に利用したりして普段から環境教育を取り入れています。さらに、親子で楽しんでエコ活を実践してほしい」と活動に力が入る。

 ■こどもエコクラブ

 こどもエコクラブも熱心に活動する。3歳から高校生まで誰でも参加できる環境活動の全国的なクラブで、県内では79団体・計6525人が登録し、自然観察や河川の清掃活動などさまざまな環境活動に取り組んでいる。

 県こどもエコクラブ交流会が米子市内で開かれ、県西部の5クラブが活動事例を発表した。交流会は互いの連携を深めようと毎年開催。今回は、各クラブの代表者がこの一年の活動を報告。このうち中海について調べたクラブは、中海の食材を使った料理を楽しむなどの活動を紹介。「きれいな中海を目指し、ごみを捨てないことや汚れた水を流さないことが大切」と訴えた。

 また、稼働を開始したばかりの同市崎津地区のソフトバンク鳥取米子ソーラーパークを見学。とっとり自然環境館のスタッフの解説で太陽光発電の仕組みなどについて学び、環境への意識を深めた。

 ■エコ活ノート

 「うわあ、電気が起こった」。ハンドルを力いっぱい回して発電すると、ピンポン玉がふんわりと舞い上がる。児童たちが息を弾ませ、歓声を上げた。

 北栄町の北条小学校で、5年生対象にエコ活ノートを活用した出前教室が行われた。手回し発電を体験し、日常生活で使う電力の大切さを実感した。

 エコ活ノートは、小学生に資源を大切にして環境に配慮するエコ活を実践してもらおうと、県地球温暖化防止活動推進センターが作成。エコ活ノートを使った出前教室を県が試行的に実施した。

 エコ活ノートには、地球温暖化の仕組みや自然エネルギーの種類などが図を使って分かりやすく解説されている。児童はエコ活の大切さを学び、チャレンジエコ活を宣言した。

 同校の岡本雅子教頭は「子どもたちは自然を大切にして、省エネの行動をしようと意欲を燃やしています」と手応えを感じていた。

 出前授業は新年度から県東部の小学校で、夏休み前後の時期に取り組まれる。県環境立県推進課は「子どもの発達に応じて環境問題を学ぶプログラムがあるので、子どもと親が家庭生活の中でエコ活に取り組んでほしい」と話している。



日本たばこ産業(株)鳥取営業所

温暖化防止へ資源再利用

所長 山本 雅則
(鳥取市行徳)

 JTグループでは企業市民の使命として、事業活動と環境の調和を掲げ、温暖化防止・資源再利用を推進しています。職場単位に環境負荷低減目標(温室効果ガス排出量・水使用量・廃棄物発生量・再資源化率)を設定し、社員一人ひとりがどんなことでもできることを日々実践しています。これからもこの豊かな地球環境が未来へ引き継がれるよう、低炭素社会の実現と循環型社会の形成に取り組んでまいります。


リバードコーポレーション(株)

週1度エコ改善会議を実施

代表取締役社長 川口 大輔
(鳥取市徳尾)

 時代の流れとともに環境問題が重要視される中、弊社も最重要強化部門の一つとしてグループ全体での問題意識向上に取り組んでいます。週1度、エコ改善会議を実施し(1)営業販売(2)営業事務(3)製造(4)総務−の4部門にてローテーションで発表しています。今後エコ商品の開発および販売を強化することは、グループ全体での大きな戦略テーマと捉えています。


ウォッチ地球環境

有害廃棄物で重い健康リスク

タイヤを燃料に電子部品を燃やし、金属を取り出す人=ガーナ・アゴグブロシ地区(提供・ブラックスミス研究所)
 支援の目的で寄付された中古パソコンを発端に、欧米で不要となった電子機器が次々と持ち込まれるようになったガーナのアゴグブロシという地区があります。貧しい人々は電子廃棄物を燃やし、銅などの貴金属を取り出し生計を立てるなど、推定4万人(詳細データでは25万人ともいわれる)が有害物質にさらされています。

 2013年に公表されたブラックスミス研究所の報告書「世界トップ10の汚染地域」では、バングラデシュ・ダッカのなめし革工場地域などもリストアップされました。

 しかし、リスト入りした地域は氷山の一角に過ぎないといわれています。産業による有害物質汚染により、世界49カ国3千地域で、2億人以上の人々ががん、呼吸器疾患、皮膚障害などの重い健康リスクにさらされているとされます。

 私たちが手にする製品の背景には、このように環境汚染に苦しみながらも生きていかねばならない人々の暮らしが存在する可能性があります。

 (鳥取県地球温暖化防止活動推進センター・山本ルリコ)








トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)