トップ > 記事
特集一覧

2018

vol115市民、企業、行政代表鼎談 2018/01/29

2017

vol114柔らかな炎に心ホッと 2017/12/30
vol113寄付型商品やCO2排出ゼロ化 2017/11/30
vol112紙類回収、リサイクル 2017/10/28
vol111「4R」の循環型社会へ 2017/09/30
vol110EV・PHVが普及 2017/08/31
vol109“鳥取らしく”学び実践 2017/06/24
vol108冷蔵庫買い替え 電気代安く大幅省エネ 2017/05/24
vol107安全こだわる市民農園 2017/04/23
vol106世代超え楽しく伝える 2017/02/24
vol105温暖化対策にどう取り組む 2017/01/30
 
vol.75環境にやさしいまちづくり


2014.5.19

自然エネを積極支援
公民館に太陽光 売電収入地元還元


 「環境にやさしいまちづくり」を推進し、自然エネルギーの活用を積極的に支援している北栄町。同町では、町民らに環境問題などをより身近に感じてもらおうと、町内の自治公民館などを対象にした太陽光発電システムの補助制度に取り組んでいる。
240ワットのパネルを18枚設置した北栄町六尾の自治公民館
北栄町内の観光スポット・コナン通りに設置されている太陽光蓄電街路灯
生原清明
六尾自治会長


風車がシンボル

 同町海岸沿いには北条砂丘風力発電所(風車9基)があり、町のシンボルともなっている。2012年7月に再生可能エネルギー固定価格買取制度が始まり、売電収益が増額。同発電所の売電収入の一部を町民に還元するため、町は「風のまちづくり事業」を実施している。

 各公民館などへの太陽光発電システム導入助成も取り組みの一つで、このほかに、各自治会防犯灯のLED化、観光客らも大勢訪れるコナン通りに太陽光蓄電街路灯を5基設置、住宅用太陽光発電システムの設置補助−などを進めている。

節電意識アップ

 自治公民館などを対象にした太陽光発電システムの補助制度は、自治会単位で太陽光発電事業に取り組み、エネルギー問題や環境問題について身近に考えてもらうとともに、売電収入を自治会活動に役立ててもらおうというもので、設置費用の一部を補助するもの。対象施設は自治会所有の公民館などで、最大出力10キロワット未満に対してシステム設置費用の2分の1(上限150万円)を補助する。

 売電収入は再生可能エネルギー固定価格買取制度により、10年間同じ単価で電力会社に買い取ってもらうことができ、長期にわたって地域独自の財源確保が可能。設置した自治会では昼間に電気を発電して公民館で使い、余った分を売電する。公民館の利用の際、節電を意識することにもつながる。再生可能エネルギーへの関心が高まる中、町内63自治会のうち昨年度までに9自治会が設置、本年度は現在、2自治会が申請している。

家庭へ波及期待

 このうち、六尾自治会(生原清明会長、130世帯)は240ワットのパネルを18枚設置。最大出力は4・32キロワットで、年間発電量4687キロワット時と試算している。事業費は184万4400円で、町からは92万2千円の補助金を受け、残りを自治会で負担した。

 ことし1月に町担当者なども訪れて住民への説明を行い、2月には太陽光発電システムの設置を決定。設置工事を経て3月31日から発電を開始している。

 生原会長は「環境問題への意識が高まっている中、町も環境事業を進めていて、できることは町の事業に参画しようと住民の皆さんにも理解していただきました。これを契機に、さらなる環境に対する意識、節電意識の高揚につなげ、各家庭にも波及していければと思っています」と話している。

屋根貸し提案も

 町は本年度も希望する自治会への説明会、設置している自治会に状況などを話してもらうことなどを計画。また太陽光パネルを設置できない自治会に対しても公共施設の屋根貸しや町民債による太陽光発電事業を提案して、事業への参加自治会を増やし、町全体で“環境にやさしいまち”を進めていく。



北溟産業

生ごみ回収、車上で液肥に

社長 中川 優広
(倉吉市岡)

 樹皮や木くず、動植物性残さなどの未利用材を原料とし、土壌改良材や緑化基盤材、培養土の製造、販売をしつつ、さらなるリサイクル技術の向上と製品開発に努めています。2009年には生ごみを回収しながら車両上で液肥を製造するのに成功し、11年にはその液肥を「エコロジュー」と名付けて肥料登録、昨年には経営革新計画承認を受けました。今後はさらに進め、苗と土、肥料をセットにした商品を販売し、専業農家はもちろん家庭菜園としての活用も計画しています。


(株)谷尾樹楽園

コナラなど植え温暖化防止

代表取締役 谷尾 喜次
(鳥取市杉崎)

 森林公園とっとり出合いの森の指定管理者を務め、草刈りや樹木、苗木の管理を行っています。出合いの森の樹木の成長は、地球環境に役立っています。高さ40センチほどのコナラ、クヌギなどの苗木を植えて6年がたち、今では3〜4メートルになりました。コナラやクヌギなどの広葉樹は地球温暖化の原因と考えられる温室効果ガスや二酸化炭素を吸収し固定します。樹木を植えて緑を多くしましょう。


ウォッチ地球環境

止まらない氷河の流失

流氷同士が衝突し大気が圧縮されてできた波雲(南極海)=写真提供 NASA
 アメリカ航空宇宙局(NASA)等が、南極氷床の40年間のデータの分析結果を発表しました。研究チームによると、地球温暖化で南極大陸のアムンゼン海域の六つの氷河本体が流失する一方の状態で、海面が120センチ上昇する原因となるとしています。

 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、第5次評価報告書で今世紀末までの海面上昇は26〜98センチの可能性が高いと指摘していますが、今回のデータはその予測を裏付けています。

 影響は、単なる海面上昇にとどまりません。氷は太陽光の反射率が高いので、氷河が減少すると太陽エネルギーへのバリア機能が低下し、温暖化の進行に拍車がかかると予測されます。さらに、海水温や塩分濃度の変化によって、地球全体の気候のバランスを保つとされる海洋深層循環への影響も無視できません。

 温暖化により地球の気候変動は後戻りができない状態になると、研究結果は警鐘を鳴らしています。

 (鳥取県地球温暖化防止活動推進センター・山本ルリコ)













トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)