トップ > 記事
特集一覧

2017

vol109“鳥取らしく”学び実践 2017/06/24
vol108冷蔵庫買い替え 電気代安く大幅省エネ 2017/05/24
vol107安全こだわる市民農園 2017/04/23
vol106世代超え楽しく伝える 2017/02/24
vol105温暖化対策にどう取り組む 2017/01/30

2016

vol104激変する鳥取の気候 気象庁・石原調査官が報告 2016/12/23
vol103よみがえれ中海 自然再生への活動を紹介 2016/11/23
vol102企業の社会貢献 取り組み紹介 2016/10/25
vol101減らそう「食品ロス」 2016/09/27
vol100深化する省エネ住宅 2016/08/19
vol99環境と安全な食を守る 2016/06/24
vol98広がる再生可能エネ利用 2016/05/25
vol97エコドライブ体験 2016/04/24
vol96とっとり こどもエコ検定 2016/03/23
vol95省エネ診断で光熱費“見える化” 2016/02/25
vol94広げようエコ活 環境座談会 2016/01/23

2015

vol93次世代資源・メタンハイドレート 2015/12/21
vol92ユニーク エコ活動 2015/10/25
vol91鳥取砂丘を草原化から守れ! 2015/09/26
vol90木質バイオマス発電所稼働半年 2015/08/24
vol89とっとり こどもエコ検定 2015/07/21
vol88中海の環境浄化を目指すNPOの取り組み 2015/06/21
vol87広がる鳥取県産材活用 2015/05/23
vol86エコ生活の達人に学べ 2015/04/25
vol85再生エネ代表 太陽光発電 2015/03/29
vol84究極の低燃費実感 鳥取−境港間をPHVで往復 2015/02/24
vol83マイバッグで行こう! 2015/01/24

2014

vol82官民協働の湖山池アダプトプログラム 2014/12/22
vol81とっとりエコ検定 2014/11/15
 とっとりグリーンウェイブ新聞 2014年度号 2014/10/21
vol80自然を守る達成感 2014/10/20
vol79次世代型ツーリズム推進 2014/09/20
vol78自然のパワー実感 2014/08/28
vol77とっとり こどもエコ検定 2014/07/25
vol76「安全でおいしい野菜」評判 2014/06/22
vol75環境にやさしいまちづくり 2014/05/19
vol74米子で進む「低炭素」への道 2014/04/25
vol73親子で“エコ活”チャレンジ 2014/03/22
vol72環境に優しいエコストーブ 2014/02/27
vol71内窓で快適空間 2014/01/30

2013

vol70とっとり こどもエコ検定 2013/11/29
vol69とっとり次世代エネパーク 見て、触れる環境 多彩な30施設で構成 2013/10/30
vol68とっとり共生の森 官民一丸 守れ カーボン・オフセット 2013/09/27
vol67広がれ 4R 循環型の社会を目指して 2013/08/27
vol66とっとり こどもエコ検定 2013/07/31
vol65自然環境を守り、安全・安心な食担う  2013/06/29
vol64協賛店舗がポイントや割引サービス 2013/05/25
vol63「鳥取エコハウス」普及に力 2013/04/28
vol62県民挙げgreenウェイブ 2013/02/25
vol61新春座談会 より豊かに暮らすヒント 2013/01/29
 
vol.79次世代型ツーリズム推進


2014.9.20

EV、PHVで“エコ旅” 充電切れ心配なく観光を


南部町のとっとり花回廊で鳥取“エコ旅”のCMを撮影するJKB
「中国横断EVエコドライブグランプリ」のチラシ
 環境負荷の少ない次世代型のエコツーリズムを進めようと、鳥取県は電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド(PHV)を使った“エコ旅”を岡山県や関西圏の人たちに提案する。他県に比べ充電器の設置数が多い鳥取の利点を生かし、充電切れの心配なくドライブできる環境をPRし、観光客誘致につなげる。

環境立県の目玉

 EV・PHVは全国で約6万台、鳥取県内でも約550台登録されるなど急速に普及している。これに伴い、県内では急速充電器37基、普通充電器65基の合わせて102基が整備(7月末時点)されており、2020年までには527基まで増やす計画を掲げている。

 県内の次世代自動車の普及や充電器の整備状況は、人口比でみると全国トップクラス。充電切れの心配なくドライブできる環境を岡山県や関西圏に情報発信し、鳥取への“エコ旅”へつなげようと狙う。県は環境立県の目玉の一つにしている。

岡山と共同で

 岡山県に向けたアプローチは、10月12日に行う「中国横断EVエコドライブグランプリ」。岡山県や自動車メーカーなどとの共同企画で、両県の主要道路沿いや観光地に設置してある充電器を利用しながらチェックポイントを回り、エコドライブの度合いや立ち寄り箇所数を競い合う。県境をまたいだEV普及事業は全国初という。

 両県から40チームが参加。鳥取県から参加する20チームは、鳥取県庁から岡山県倉敷市の倉敷アイビースクエアに至る3コース(美作市・津山市・倉吉市経由)を走る。岡山県からも20チームが鳥取県庁を目指す。

 速さを競うのではなく、チェックポイントに指定された観光地で両県の旅を楽しみながら、電力消費量当たりの走行距離とポイント通過数で上位を目指す。

 鳥取県はグランプリの結果を受け、充電器設置場所や観光地情報を盛り込んだ「EVエコドライブマップ」を作成。県内外の道の駅などに配布し、EV走行環境の整った先進地・鳥取をPRする。

JKBが案内

 一方、関西圏に向けた鳥取“エコ旅”の案内役は、若者に絶大な人気を誇る女子カート部(JKB)。メーカー提供のEVやPHVに乗って関西から県内に3ルートでドライブし、その様子を収めた動画を全国の自動車教習所のモニターに映す。

 JKBは、関東を拠点に活動する女性レーシングチーム。モデルやタレントで結成し、環境貢献PR活動やレースに参戦している。

 メンバーは7月から動画の撮影を開始。EVやPHVに乗って大阪市内などから中国自動車道を走行し、鳥取砂丘や大山などの観光地を3ルートで巡った。充電切れの心配なく、観光地を楽しむ様子を収録した。

 メンバーは「財布を握る女性としては鳥取自動車道の高速代も車の充電も無料というのがよく、その分、土産代に回せる。鳥取の温泉や海も魅力。免許を取ろうとしている若い人にPRしたい」と意欲満々。

 完成した動画は10月から主に関西地方の自動車教習所のモニターで放映。若者らにEVやPHVでのドライブ観光ルートを提案し、鳥取への誘客を図る。

 県環境立県推進課の足立浩司課長補佐は「岡山や関西から環境性能の高いEV、PHVでたくさんの方にお越しいただき、鳥取の自然を楽しんでもらいたい」と話している。

鳥取ガスグループ

永続性ある省エネ活動

代表 児嶋 太一
(鳥取市五反田町)

 現在、わが国は一次エネルギーのほとんどを輸入に依存しています。そして、この課題をエネルギーの高度利用により解決する技術の一つが「ガスコジェネレーション(熱電併給)システム」です。

 この度、当システムを組み込んだ鳥取市の「鳥取環境エネルギーアライアンス構想」が、総務省分散型エネルギーインフラプロジェクトのマスタープラン策定の委託先として認定されました。弊社グループはこの構想への参画を通し、市民の皆さまと共に、永続性のある省エネ活動への取り組みを行えればと考えております。


ウォッチ地球環境

気象災害、温暖化が影響

今年8月の広島県安佐南区の局地的豪雨による土砂災害の状況
 世界気象機関(WMO)は先日、温室効果ガス年報で、2013年における世界平均濃度(年平均)は過去最高値を記録したと発表しました。温室効果ガスの増加が、地球温暖化の主要な原因であることは疑う余地はなく、ここ数十年、地球温暖化による気候変動の影響は生態系や人間社会にさまざまな影響を与えています。

 とりわけ、熱波や干ばつ、洪水、台風、山火事等、近年の気象と気候の極端現象による影響は、生態系や人類、特に脆弱(ぜいじゃく)な地域に大きな負荷を与えているとされています。

 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、最新の報告書で、地球温暖化による将来的なリスクとして、極端な気象現象によるインフラ等の機能停止や、感染症の拡大を挙げています。

 しかしながら、近年増加しているといわれる気象災害や熱病のニュースは、将来リスクの予測を前倒しで裏付けているようにも感じられます。

 (鳥取県地球温暖化防止活動推進センター・山本ルリコ)


















トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)