トップ > 記事
特集一覧

2017

vol111「4R」の循環型社会へ 2017/09/30
vol110EV・PHVが普及 2017/08/31
vol109“鳥取らしく”学び実践 2017/06/24
vol108冷蔵庫買い替え 電気代安く大幅省エネ 2017/05/24
vol107安全こだわる市民農園 2017/04/23
vol106世代超え楽しく伝える 2017/02/24
vol105温暖化対策にどう取り組む 2017/01/30

2016

vol104激変する鳥取の気候 気象庁・石原調査官が報告 2016/12/23
vol103よみがえれ中海 自然再生への活動を紹介 2016/11/23
vol102企業の社会貢献 取り組み紹介 2016/10/25
vol101減らそう「食品ロス」 2016/09/27
vol100深化する省エネ住宅 2016/08/19
vol99環境と安全な食を守る 2016/06/24
vol98広がる再生可能エネ利用 2016/05/25
vol97エコドライブ体験 2016/04/24
vol96とっとり こどもエコ検定 2016/03/23
vol95省エネ診断で光熱費“見える化” 2016/02/25
vol94広げようエコ活 環境座談会 2016/01/23

2015

vol93次世代資源・メタンハイドレート 2015/12/21
vol92ユニーク エコ活動 2015/10/25
vol91鳥取砂丘を草原化から守れ! 2015/09/26
vol90木質バイオマス発電所稼働半年 2015/08/24
vol89とっとり こどもエコ検定 2015/07/21
vol88中海の環境浄化を目指すNPOの取り組み 2015/06/21
vol87広がる鳥取県産材活用 2015/05/23
vol86エコ生活の達人に学べ 2015/04/25
vol85再生エネ代表 太陽光発電 2015/03/29
vol84究極の低燃費実感 鳥取−境港間をPHVで往復 2015/02/24
vol83マイバッグで行こう! 2015/01/24

2014

vol82官民協働の湖山池アダプトプログラム 2014/12/22
vol81とっとりエコ検定 2014/11/15
 とっとりグリーンウェイブ新聞 2014年度号 2014/10/21
vol80自然を守る達成感 2014/10/20
vol79次世代型ツーリズム推進 2014/09/20
vol78自然のパワー実感 2014/08/28
vol77とっとり こどもエコ検定 2014/07/25
vol76「安全でおいしい野菜」評判 2014/06/22
vol75環境にやさしいまちづくり 2014/05/19
vol74米子で進む「低炭素」への道 2014/04/25
vol73親子で“エコ活”チャレンジ 2014/03/22
vol72環境に優しいエコストーブ 2014/02/27
vol71内窓で快適空間 2014/01/30

2013

vol70とっとり こどもエコ検定 2013/11/29
vol69とっとり次世代エネパーク 見て、触れる環境 多彩な30施設で構成 2013/10/30
vol68とっとり共生の森 官民一丸 守れ カーボン・オフセット 2013/09/27
vol67広がれ 4R 循環型の社会を目指して 2013/08/27
vol66とっとり こどもエコ検定 2013/07/31
vol65自然環境を守り、安全・安心な食担う  2013/06/29
vol64協賛店舗がポイントや割引サービス 2013/05/25
vol63「鳥取エコハウス」普及に力 2013/04/28
vol62県民挙げgreenウェイブ 2013/02/25
vol61新春座談会 より豊かに暮らすヒント 2013/01/29
 
vol.80自然を守る達成感


2014.10.20

増える女性の林業従事
今春、鳥取県東部森林組合に就職伊藤綾沙子さん
「大事な仕事」一念発起


急斜面の山林で間伐作業に当たる伊藤さん
「女性ももっと林業に飛び込んでほしい」と話す研修担当の草刈さん(左)と伊藤さん
 「自然を守る仕事はやりがいがある」。林業の世界で働く女性の就業者が鳥取県内で増えている。今春、鳥取県東部森林組合に就職した伊藤綾沙子さん(30)もその一人。男性に交じり山仕事に汗を流す。伊藤さんの研修現場を訪ねた。

□間伐作業に汗

 バリバリー。奥深い山林にチェーンソーのごう音がうなる。鳥取市気高町の私有林。伊藤さんが急斜面を両足で踏ん張り、ヒノキの間伐作業に奮闘する。

 「重いですね。もっと小さいといいのですが」。伊藤さんがさわやかな笑顔で汗を拭く。伊藤さんは今春、森林組合に就職し、国の「緑の雇用」事業の1年目研修生となった。

 「緑の雇用」は現場で働きながら林業を学び、将来は現場の責任者になってもらうことを目指している。この日は、今年県東部地域で新規就業した伊藤さんを含む14人が一堂に会し、研修を受けた。

 現在、森林所有者の高齢化や林業採算性の低下などにより放置される森林が増え、水源のかん養、山地災害や地球温暖化の防止といった森林の公益的機能の低下が懸念されている。研修現場も例外ではない。

 間伐作業が進むにつれて、薄暗い林に日が差し込んでくる。「間伐すれば下草が生え、樹木の根が張ります。害虫もわかず、良質の木材が生産できます。人が植えた樹木なので、人が手入れしないといけません」。伊藤さんが語気を強めた。

□海もきれいに

 伊藤さんは兵庫県たつの市出身。以前は事務中心の仕事だったが、自然の中で仕事をしたいと一次産業への転職を目指した。今年2月、鳥取県林業担い手育成財団の体験研修に参加した。

 「若い時から体を動かすのが大好きだったので、チェーンソーで樹木を切るのが楽しかったのです。それと山が整備されると海もきれいになると聞いていたので、環境を守る大事な仕事だなと思って一念発起しました」。林業の世界に飛び込む動機を説明する。

 鳥取県東部森林組合では、6人編成の造林班に配属。男性に交じり、竹林を切り、植林のための地ごしらえをする。夏場には下草刈りも。樹木の間伐作業も今後、予定される。

 「思うように竹が倒れて、荒れた竹林がきれいになるとうれしい」。自然を守る達成感が一番の喜びという。

 林業に就業し半年余り。体重は増えないが、筋肉はついたと感じる。だが、重いチェーンソーを持って急斜面を登るだけでへとへとになる。

 「腕力では男性にはかなわないですね。でも、今の林業は機械がほぼやってくれます。あまり女性、男性は関係ないかも。重機にも挑戦してみたい」と将来を見据える。

□職場が明るく

 同財団によると、県内の林業従事者は620人。若者が急増しており、このうち女性は約10人が就業しているという。

 「伊藤さんが入って研修現場が明るくなりました。素直な性格なので、技術の吸収も早い。山の手入れは大事な仕事。女性もできる作業が増えてきたので、女性ももっと飛び込んでほしい」。研修担当者の草刈伸一さん(53)が伊藤さんの就業を歓迎する。

 伊藤さんは「山の仕事は奥深く、まだまだ学ぶことが山のようにあります。体がくたくたになるまで動くのが好きな人には、山仕事が向いています。私もそう。ぜひ多くの女性が林業を目指してほしい」と笑顔で語った。

 面積の約74%を森林が占める鳥取県。環境保全への意識が高まる中、林業への女性の進出がさらに期待される。

赤碕清掃

人にやさしいペレットストーブ

社長 岡崎 博紀
(琴浦町赤碕)

 県内唯一の木質ペレット製造工場があり、環境、人にやさしいペレットストーブを推進しています。近年は節水事業も力を入れています。仕組みは蛇口の先に専用金具を取り付けるもので、水圧は変えずに水量を減らすことができます。飲食店やスーパーなどの調理場で使っていただいていて、水道料金が2〜3割カットになったお店もあります。専用金具はレンタルで、毎月、足を運んでメンテナンスをしています。今後、この事業がさらに浸透していくよう努めていきたいです。

ウォッチ地球環境

「2050年の天気予報」が映像化

高波で壊された民家。サイクロン(台風)や異常気象等により、さんご礁の防波能力や防潮力の減少が起き、高波や高潮が頻発している(マーシャル諸島イバイ島)=写真提供・島田興生氏
  このまま温暖化が進むと気候に深刻な変動が起きると懸念が広がる中、9月に「国連気候サミット」がニューヨークの国連本部で開かれました。これは、われわれ人類が地球温暖化にどう立ち向かうかを話し合うためパン・ギムン事務総長が各国首脳に呼びかけ実現しました。

 これに合わせ、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の予測に基づき、われわれ人類がこのままのペースでCO2を排出し続けた気象の姿「2050年の天気予報」が映像化され話題となりました。

 「西日本で最高気温が35度、東京では真夏日(35度以上の日)50日間、熱帯夜が60日間連続。中心気圧895ヘクトパスカル、最大瞬間風速75メートルのスーパー台風が接近中」が、日本における2050年9月23日の天気予報です。

 「国連気候サミット」では多くの国々の指導者がCO2排出量の2020年までの頭打ち削減を約束しました。36年後の悪夢のような天気予報を現実としないため、私たちの姿勢が問われています。

 (鳥取県地球温暖化防止活動推進センター・山本ルリコ)

















トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)