トップ > 記事
特集一覧

2018

vol115市民、企業、行政代表鼎談 2018/01/29

2017

vol114柔らかな炎に心ホッと 2017/12/30
vol113寄付型商品やCO2排出ゼロ化 2017/11/30
vol112紙類回収、リサイクル 2017/10/28
vol111「4R」の循環型社会へ 2017/09/30
vol110EV・PHVが普及 2017/08/31
vol109“鳥取らしく”学び実践 2017/06/24
vol108冷蔵庫買い替え 電気代安く大幅省エネ 2017/05/24
vol107安全こだわる市民農園 2017/04/23
vol106世代超え楽しく伝える 2017/02/24
vol105温暖化対策にどう取り組む 2017/01/30
 
vol.81 とっとりエコ検定


2014.11.15


有機栽培の新米と野菜詰め合わせ □正解者10人にプレゼント□

 新日本海新聞社は「とっとりエコ検定」応募者のうち、全問正解者の中から抽選で10人に、有機JAS認定の新米(1キロ)と野菜詰め合わせセット(約10品)をプレゼントします。鳥取ずいせん生産組合が農薬や化学肥料を使わないで丹精込めて栽培した農産物です。

 申し込みは解答用紙を郵送か、インターネットで。宛先とアドレスは別掲の通り。申し込み締め切りは11月30日(当日消印有効)。

 解答と、賞品の当選者は次回「環境キャンペーン」(12月中旬予定)紙面で発表します。賞品は発表の後、本人宛てに送ります。応募は1人1通とします。2通以上での応募は無効とします。

募集は締め切りました。


トップが語る環境問題

サンヨーグループ
(鳥取市商栄町)
代表取締役 玉川 政一

林業は環境問題を解決できる仕事

 林業はどのような仕事か分かりますか? 答えは一つではありませんが、たとえばこういえるでしょう。森林がどのような状態になっているかを把握して、適正な処置をし、生き生きとした森を育てることで、災害にも強い山、きれいな水、きれいな空気をつくります。まさに環境問題を解決できる仕事だと思います。

 鳥取県東部の山林は枯れ枝が放置され、下草も生えない荒れた状態が目立っています。間伐して地面にある程度光を当てないと山はよみがえりません。健全な山林を復活させましょう。
トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)