トップ > 記事
特集一覧

2017

vol111「4R」の循環型社会へ 2017/09/30
vol110EV・PHVが普及 2017/08/31
vol109“鳥取らしく”学び実践 2017/06/24
vol108冷蔵庫買い替え 電気代安く大幅省エネ 2017/05/24
vol107安全こだわる市民農園 2017/04/23
vol106世代超え楽しく伝える 2017/02/24
vol105温暖化対策にどう取り組む 2017/01/30

2016

vol104激変する鳥取の気候 気象庁・石原調査官が報告 2016/12/23
vol103よみがえれ中海 自然再生への活動を紹介 2016/11/23
vol102企業の社会貢献 取り組み紹介 2016/10/25
vol101減らそう「食品ロス」 2016/09/27
vol100深化する省エネ住宅 2016/08/19
vol99環境と安全な食を守る 2016/06/24
vol98広がる再生可能エネ利用 2016/05/25
vol97エコドライブ体験 2016/04/24
vol96とっとり こどもエコ検定 2016/03/23
vol95省エネ診断で光熱費“見える化” 2016/02/25
vol94広げようエコ活 環境座談会 2016/01/23

2015

vol93次世代資源・メタンハイドレート 2015/12/21
vol92ユニーク エコ活動 2015/10/25
vol91鳥取砂丘を草原化から守れ! 2015/09/26
vol90木質バイオマス発電所稼働半年 2015/08/24
vol89とっとり こどもエコ検定 2015/07/21
vol88中海の環境浄化を目指すNPOの取り組み 2015/06/21
vol87広がる鳥取県産材活用 2015/05/23
vol86エコ生活の達人に学べ 2015/04/25
vol85再生エネ代表 太陽光発電 2015/03/29
vol84究極の低燃費実感 鳥取−境港間をPHVで往復 2015/02/24
vol83マイバッグで行こう! 2015/01/24

2014

vol82官民協働の湖山池アダプトプログラム 2014/12/22
vol81とっとりエコ検定 2014/11/15
 とっとりグリーンウェイブ新聞 2014年度号 2014/10/21
vol80自然を守る達成感 2014/10/20
vol79次世代型ツーリズム推進 2014/09/20
vol78自然のパワー実感 2014/08/28
vol77とっとり こどもエコ検定 2014/07/25
vol76「安全でおいしい野菜」評判 2014/06/22
vol75環境にやさしいまちづくり 2014/05/19
vol74米子で進む「低炭素」への道 2014/04/25
vol73親子で“エコ活”チャレンジ 2014/03/22
vol72環境に優しいエコストーブ 2014/02/27
vol71内窓で快適空間 2014/01/30

2013

vol70とっとり こどもエコ検定 2013/11/29
vol69とっとり次世代エネパーク 見て、触れる環境 多彩な30施設で構成 2013/10/30
vol68とっとり共生の森 官民一丸 守れ カーボン・オフセット 2013/09/27
vol67広がれ 4R 循環型の社会を目指して 2013/08/27
vol66とっとり こどもエコ検定 2013/07/31
vol65自然環境を守り、安全・安心な食担う  2013/06/29
vol64協賛店舗がポイントや割引サービス 2013/05/25
vol63「鳥取エコハウス」普及に力 2013/04/28
vol62県民挙げgreenウェイブ 2013/02/25
vol61新春座談会 より豊かに暮らすヒント 2013/01/29
 
vol.82官民協働の湖山池アダプトプログラム


2014.12.22

「美観守る力」集結


各団体の持ち場でごみ拾いに汗を流す参加者=3月23日
湖山池アダプトプログラムの発足式で竹内会長(右)から合意書を受け取る参加団体の代表=3月23日、湖山池情報プラザ
鳥取環境大学学生ISO委員会の名前の入った湖山池アダプトプログラムの立て看板
 官民連携で鳥取市の湖山池の環境保全を目指す「湖山池アダプトプログラム」が始動して約9カ月が経過した。これまでに企業や市民団体、高校など16団体が登録。各団体には池沿いの長さ100メートルが持ち場として割り当てられており、精力的な清掃活動が行われている。

16団体が加入

 「湖山池アダプトプログラム」は、市民と行政が協働で湖山池の美化活動を行い、環境保全に向けた意識を醸成しようと、湖山池情報プラザや鳥取市、鳥取県などでプログラム実行委員会(竹内房男会長)をつくり、3月に始動した。同様の取り組みは県内では中海や東郷池で導入されている。

 湖山池周辺では年3回行われる地域住民の清掃活動で、少なくとも1年間に約3トンのごみが集まるといい、住民はごみ処理に悪戦苦闘している。竹内会長は「生活雑廃を中心としたごみがたくさん打ち上げられ、ボランティアも減っている。常日頃から多くの人の力で池辺をきれいにしたかった」と狙いを説明する。

 桂見と高住、金沢、青島の4エリアで、100メートル間隔の17区画を用意。登録団体は年2回以上、池辺を中心に美化活動に取り組むのが条件。活動に当たってのごみ袋や清掃道具は、市や県の助成で実行委員会から提供される。

 現在、周辺の高校や事業所、住民有志など16団体が加入。区画にはそれぞれ団体名の入った看板が立てられている。

大学生もひと役

 鳥取環境大学学生ISO委員会(米田安祐美委員長、25人)はアダプトプログラムにいち早く手を挙げ、青島の1区画を受け持つ。3月にあった発足式で竹内会長から合意書を受け取った。

 4月には新入生にも参加を呼び掛け、学生60人が参加。参加者はごみ袋を手に池辺を歩き、ごみ拾いに汗を流した。

 同委員会広報担当、別所絵梨さん(21)は「道路から一歩外れた草むらなど人目のつかない所に弁当ガラやペットボトル、空き缶などが散乱していて驚きました」と振り返る。1時間半の作業を終えると山のようなごみが集まった。

 同委員会は来年度も2回、青島全体も含めて美化活動に取り組む考えで、別所さんは「湖山池の環境問題も学びながら、青島が市民や観光客に喜んで散策してもらえるように学生の力を結集したい」と意欲を燃やしている。

大きな輪に

 アダプトプログラム指定の4エリアでは着実に環境美化が徹底。子ども連れの若夫婦やお年寄りグループなどの散策する姿が増えている。竹内会長は「担当するエリアが決められているので、各団体が率先して清掃に取り組んでいます。目に見えてきれいになっています」と手応えをつかむ。

 実行委では新たに湖山池北岸や西岸でも区画を設けて、参加団体を募集。エリアを徐々に拡大する考えだ。

 鳥取市生活環境課の谷重幸一係長は「小さな活動ですが、少しずつ大きな輪になれば着実に湖山池がきれいになります。もっと多くの団体に参画してほしい」と話している。

智頭町智頭

維持費なし、レンタカーのススメ

社長 米井 哲郎
(智頭町智頭)

 智頭石油ではキャル格安レンタカーを全ての店舗で行っています。ガソリンスタンドの特徴を生かして12時間の利用で2500円という低料金を実現しました。先日、あるお客さまが所有していた車を手放されました。週末にしか使わないから借りたほうがいいという発想です。車の所有には車代の他に洗車やメンテナンス、車検、税金、駐車場、自動車保険など多くの費用が必要です。キャルレンタカーの利用でお財布にも環境にもやさしい新しい選択が可能になります。

 新商品の24時間貸し出し可能なカーシェアも人気です! 話題の電気自動車「BMWi3」、「三菱アウトランダー」など未来の車も体験できます。

ウォッチ地球環境

地球持続へ迫るリミット

2004年の福井豪雨。2000年以降、異常気象の頻度が増加している(国土交通省ホームページより)
 11月2日に発表された気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価統合報告書には世界中の科学者による地球温暖化に関する包括的な知見が集約され、気温上昇、海面上昇、海氷の減少、海洋の酸性化等の影響が予想以上に早く起きており、世界中の陸域・海洋に多大な影響を及ぼしていることが示されました。

 異常気象の頻出を引き起こす地球の平均気温上昇を2度未満にするには、二酸化炭素を2050年代には現在より40〜70%排出削減、2100年には排出をゼロかそれ以下にする対策を早急に講じる必要があるとしています。

 また、削減対策を取った場合と取らない場合を比較しても2050年までにはあまり差がないのですが、現代社会が対策を取らなければ、50年以降気候変動のために払われる深刻なダメージは計り知れず、危機回避に向け残された時間はわずかだと訴えています。

 最後に、地球の持続可能性は、現代社会の適切な統治施策により機会が得られると報告書は締めくくっています。

 (鳥取県地球温暖化防止活動推進センター・山本ルリコ)
トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)