トップ > 記事
特集一覧

2017

vol111「4R」の循環型社会へ 2017/09/30
vol110EV・PHVが普及 2017/08/31
vol109“鳥取らしく”学び実践 2017/06/24
vol108冷蔵庫買い替え 電気代安く大幅省エネ 2017/05/24
vol107安全こだわる市民農園 2017/04/23
vol106世代超え楽しく伝える 2017/02/24
vol105温暖化対策にどう取り組む 2017/01/30

2016

vol104激変する鳥取の気候 気象庁・石原調査官が報告 2016/12/23
vol103よみがえれ中海 自然再生への活動を紹介 2016/11/23
vol102企業の社会貢献 取り組み紹介 2016/10/25
vol101減らそう「食品ロス」 2016/09/27
vol100深化する省エネ住宅 2016/08/19
vol99環境と安全な食を守る 2016/06/24
vol98広がる再生可能エネ利用 2016/05/25
vol97エコドライブ体験 2016/04/24
vol96とっとり こどもエコ検定 2016/03/23
vol95省エネ診断で光熱費“見える化” 2016/02/25
vol94広げようエコ活 環境座談会 2016/01/23

2015

vol93次世代資源・メタンハイドレート 2015/12/21
vol92ユニーク エコ活動 2015/10/25
vol91鳥取砂丘を草原化から守れ! 2015/09/26
vol90木質バイオマス発電所稼働半年 2015/08/24
vol89とっとり こどもエコ検定 2015/07/21
vol88中海の環境浄化を目指すNPOの取り組み 2015/06/21
vol87広がる鳥取県産材活用 2015/05/23
vol86エコ生活の達人に学べ 2015/04/25
vol85再生エネ代表 太陽光発電 2015/03/29
vol84究極の低燃費実感 鳥取−境港間をPHVで往復 2015/02/24
vol83マイバッグで行こう! 2015/01/24

2014

vol82官民協働の湖山池アダプトプログラム 2014/12/22
vol81とっとりエコ検定 2014/11/15
 とっとりグリーンウェイブ新聞 2014年度号 2014/10/21
vol80自然を守る達成感 2014/10/20
vol79次世代型ツーリズム推進 2014/09/20
vol78自然のパワー実感 2014/08/28
vol77とっとり こどもエコ検定 2014/07/25
vol76「安全でおいしい野菜」評判 2014/06/22
vol75環境にやさしいまちづくり 2014/05/19
vol74米子で進む「低炭素」への道 2014/04/25
vol73親子で“エコ活”チャレンジ 2014/03/22
vol72環境に優しいエコストーブ 2014/02/27
vol71内窓で快適空間 2014/01/30

2013

vol70とっとり こどもエコ検定 2013/11/29
vol69とっとり次世代エネパーク 見て、触れる環境 多彩な30施設で構成 2013/10/30
vol68とっとり共生の森 官民一丸 守れ カーボン・オフセット 2013/09/27
vol67広がれ 4R 循環型の社会を目指して 2013/08/27
vol66とっとり こどもエコ検定 2013/07/31
vol65自然環境を守り、安全・安心な食担う  2013/06/29
vol64協賛店舗がポイントや割引サービス 2013/05/25
vol63「鳥取エコハウス」普及に力 2013/04/28
vol62県民挙げgreenウェイブ 2013/02/25
vol61新春座談会 より豊かに暮らすヒント 2013/01/29
 
vol.86エコ生活の達人に学べ


2015.4.25

食材は地元産、近くなら歩く
エコサポーターズの清水さん宅を訪問


有機農業や地産地消にこだわった農産物で作った料理が並ぶ清水さん宅の食卓。「安全で、おいしい」と家族も大喜び
家庭の掃除はぞうきんがけが基本。「手指を動かすので頭と体の体操になる」と笑う清水さん
待機電力をカットするためこまめにコンセントからプラグを抜く清水さん
 地球規模の異常気象が続発するなど環境問題が深刻化する中、かけがえのない地球の自然を守る活動が求められている。生活全般にわたって、環境にやさしい“エコライフ”を実践する達人を訪ねた。

食の安全・安心を

 「環境問題は人類共通の課題。1人の100歩より100人の1歩の方が重要。多くの人に環境を守る活動に参加してもらいたい」。鳥取市湖山町南3丁目の清水はるみさん(67)は、鳥取県知事から「エコサポーターズ」の委嘱を受け、家庭や地域で環境問題に積極的に取り組む。

 家庭の主婦として最も関心が高いのが食の安全・安心の問題。清水さは有機農業と地産地消にこだわった農産物をできる限り購入する。毎日の食卓は愛情込めた手作りの料理が並ぶ。

 農薬や化学肥料を使う農業は土壌汚染をもたらし、環境悪化の一因になると理解するからだ。食料の輸送距離を表すフードマイレージの面からも、環境への負荷の軽い地産地消を重視する。

 「少々割高になるけど、安心して食べられるだけでなく、何といってもおいしい。孫も喜んで食べてくれる」。清水さんの食への取り組みは40年も前から続く。

ごみを出さない

 将来にわたって持続可能な社会を形成するには、ごみの減量や再利用を進めていくことが必要だ。鳥取県はリフューズ(断る)▽リデュース(減量)▽リユース(再使用)▽リサイクル(再生利用)−の「4R」が定着した循環型社会を目指している。

 清水さんも生活の中に「4R」を意識して実践する。醤油(しょうゆ)や酒などは瓶入りを、肉や魚はトレーに入っていない商品を、ティッシュペーパーはリサイクル品を購入する。必ずマイバッグを持参し、レジ袋はもらわない。

 家庭から排出される可燃ごみの約半分(重さの比)が水分で、主に生ごみ由来と考えられる。ごみの全体量を減らすには各家庭から出る生ごみをいかに少なくするかが鍵となる。

 清水さんは、生ごみの水切りやミックスペーパー(雑誌)のリサイクルを徹底しており、「わが家では捨てるごみがほとんど出ない」と胸を張る。

省エネにも工夫

 エネルギー自給率が低い日本では節電や省エネは避けて通れない。ここにも清水さん流の工夫がある。

 洗濯機を使う回数を減らしまとめ洗いを基本とし、天日干しする。掃除はお古の木綿衣類を使ってぞうきんがけ。洗剤は環境にやさしい米ぬかや重曹を使う。

 家庭の電力消費の5%を占めるとされる「待機電力」をカットするため、テレビや洗濯機、レンジなどのプラグをこまめに抜いておく。常時通電するのは冷蔵庫ぐらい。

 自家用車はアイドリングストップなどエコドライブを心掛け、近くに出掛ける際は歩いて通うという。

 毎日、エコライフを実践する清水さんにその極意を聞いてみた。「工夫しながら楽しんでやっているだけ。心も豊かになる」

トップが語る環境問題

省エネ環境商品に力

光商会(鳥取市五反田町)
社長 木村憲司

 光商会グループでは「安心・安全・快適で笑顔あふれるくらしづくりに貢献する」を経営理念に、省エネ環境商品の販売に取り組んでいます。循環型エネルギーの太陽光発電システム、省エネ型石油給湯器・エコフィール、高機能断熱遮熱性ガラス・エコガラス、エコ窓など、家計と環境にやさしい商品の提供を行っています。来年100周年を迎える企業として、常に挑戦・進化し続け、地域社会の発展に貢献してまいります。

出合いの森で森林浴を

(株)谷尾樹楽園(鳥取市杉崎)
代表取締役 谷尾喜次

 木々の緑まぶしい季節の中、多くの方々に森林を楽しんでいただくため、森林公園とっとり出合いの森で森林浴散策モデルコースを整備しています。そのうちの1コースを紹介します。公園管理棟をスタートし、100メートルの藤棚をくぐり、女性の森から尾根の道散策路へと進みます。風の広場展望デッキで小休憩し、ほこらを通り、ドングリ広場、憩いの広場へと進み、ゴールの管理棟へ。所要時間1時間程度のコースです。5月10日は、ウオーキング立県を目指し「森林浴ウオーキング大会」も開催されます。

ウォッチ地球環境

海面上昇の危機加速か

溶解の進むグリーンランドの雪氷面(写真提供:ドイツ気候保護団体「クリマレッター」)
 グリーンランドの雪氷が現在の予測よりも、急速に溶解するかもしれません。  原因は北アメリカやロシアからの巨大火力発電所から排出された粒子状物質が、氷河表面を黒く汚染しているためです。わずかでも黒くなった雪氷表面は太陽光を吸収し温度上昇し、その地帯の雪氷の溶解速度が加速します。汚れた雪氷面の溶解速度は通常の2倍に達するという研究結果もあります。

 今回の調査以前の気候変動予測は、この影響を考慮していないため、想定以上にかなり速いペースで海面上昇が起こる可能性があります。グリーンランドの氷が全て解けると、海面が約7メートル上昇するといわれています。大気へ排出された粒子状物質が、CO2排出による地球温暖化の影響とダブルパンチで海面を上昇させようとしているのです。

 石炭発電所をはじめとする産業活動や増えすぎた自動車交通など、私たちは大気汚染の引き起こす影響について、再考する時期に来ているといえます。

 (鳥取県地球温暖化防止活動推進センター 関口浩太)
トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)