トップ > 記事
特集一覧

2017

vol109“鳥取らしく”学び実践 2017/06/24
vol108冷蔵庫買い替え 電気代安く大幅省エネ 2017/05/24
vol107安全こだわる市民農園 2017/04/23
vol106世代超え楽しく伝える 2017/02/24
vol105温暖化対策にどう取り組む 2017/01/30

2016

vol104激変する鳥取の気候 気象庁・石原調査官が報告 2016/12/23
vol103よみがえれ中海 自然再生への活動を紹介 2016/11/23
vol102企業の社会貢献 取り組み紹介 2016/10/25
vol101減らそう「食品ロス」 2016/09/27
vol100深化する省エネ住宅 2016/08/19
vol99環境と安全な食を守る 2016/06/24
vol98広がる再生可能エネ利用 2016/05/25
vol97エコドライブ体験 2016/04/24
vol96とっとり こどもエコ検定 2016/03/23
vol95省エネ診断で光熱費“見える化” 2016/02/25
vol94広げようエコ活 環境座談会 2016/01/23

2015

vol93次世代資源・メタンハイドレート 2015/12/21
vol92ユニーク エコ活動 2015/10/25
vol91鳥取砂丘を草原化から守れ! 2015/09/26
vol90木質バイオマス発電所稼働半年 2015/08/24
vol89とっとり こどもエコ検定 2015/07/21
vol88中海の環境浄化を目指すNPOの取り組み 2015/06/21
vol87広がる鳥取県産材活用 2015/05/23
vol86エコ生活の達人に学べ 2015/04/25
vol85再生エネ代表 太陽光発電 2015/03/29
vol84究極の低燃費実感 鳥取−境港間をPHVで往復 2015/02/24
vol83マイバッグで行こう! 2015/01/24

2014

vol82官民協働の湖山池アダプトプログラム 2014/12/22
vol81とっとりエコ検定 2014/11/15
 とっとりグリーンウェイブ新聞 2014年度号 2014/10/21
vol80自然を守る達成感 2014/10/20
vol79次世代型ツーリズム推進 2014/09/20
vol78自然のパワー実感 2014/08/28
vol77とっとり こどもエコ検定 2014/07/25
vol76「安全でおいしい野菜」評判 2014/06/22
vol75環境にやさしいまちづくり 2014/05/19
vol74米子で進む「低炭素」への道 2014/04/25
vol73親子で“エコ活”チャレンジ 2014/03/22
vol72環境に優しいエコストーブ 2014/02/27
vol71内窓で快適空間 2014/01/30

2013

vol70とっとり こどもエコ検定 2013/11/29
vol69とっとり次世代エネパーク 見て、触れる環境 多彩な30施設で構成 2013/10/30
vol68とっとり共生の森 官民一丸 守れ カーボン・オフセット 2013/09/27
vol67広がれ 4R 循環型の社会を目指して 2013/08/27
vol66とっとり こどもエコ検定 2013/07/31
vol65自然環境を守り、安全・安心な食担う  2013/06/29
vol64協賛店舗がポイントや割引サービス 2013/05/25
vol63「鳥取エコハウス」普及に力 2013/04/28
vol62県民挙げgreenウェイブ 2013/02/25
vol61新春座談会 より豊かに暮らすヒント 2013/01/29
 
vol.90木質バイオマス発電所稼働半年


2015.8.24

林業復活の要 滑り出し順調

日新バイオマス発電の木質バイオマス発電所。右側の棟は燃料管理棟(境港市西工業団地)
燃料管理棟に貯留されたチップ。左側に見えるのが未利用間伐材、右側が日新の端材でそれぞれ生産されたチップ(境港市西工業団地)
薪ボイラーに薪を投入する木の宿場実行委員会のメンバー(智頭温水プール)
うずたかく積まれた燃料の薪(智頭温水プール)
 豊富な森林資源を誇る鳥取県で、間伐材などを使った木質バイオマスをエネルギーに変換する取り組みが広がっている。発電や熱源に有効活用する先進地を取材した。

 鳥取県内の山の活性化と再生可能エネルギーの有効利用を狙いに、日新バイオマス発電(来海邦夫社長)が境港市西工業団地で県内初の木質バイオマス発電所の稼働を始めてから半年がたった。林業復活の要ともいえる木質バイオマス発電は、順調な滑り出しを見せている。

 同社は合板メーカーの日新(同市西工業団地)が全額出資で設立。発電所は2月16日から本格稼働した。出力は5700キロワットで、固定価格買い取り制 度(FIT)に基づき、5千キロワットを新電力会社に売電。残り700キロワットは所内電力に利用している。年間売電量は3762万キロワット時で、一般 家庭約1万500世帯分の年間電力消費量に相当する。

 燃料に必要な木質チップは年間8万トンで、山の未利用間伐材と日新の工場から出る端材で賄う。このうち未利用材は初年度1万6500トンの供給を受け、 2021年度に燃料の5割を占める4万トンまで拡大する予定だったが、初年度から順調に供給が進み、早くも4万トンが見込まれる勢いだ。

 その未利用材の供給を主導しているのが、県内のチップ加工業者や原木供給業者など16事業者でつくる鳥取県木質バイオマス安定供給推進協議会(会長・前田幸己県森林組合連合会長)で、昨年3月に設立し、足並みをそろえてきた。

 特にチップ工場が無かった県東部地区では、4月に山陰丸和林業(松江市)が八頭町山上で稼働。中部地区1、西部地区2を合わせた計4工場で月産3千〜4 千トンのチップを供給できる体制を整えた。昨年度から、チップ用に県内で2万1600トンを貯木して備えたことも、発電の幸先の良いスタートにつながっ た。

 木質バイオマス発電のFITの買い取り価格(税別)は、未利用材が適用される「間伐材等由来の木質バイオマス」で32円/キロワット時、端材が適用され る「一般木質バイオマス」で24円/キロワット時。種類によって価格差があるだけに、未利用材の早期拡大は大きい。来海社長は「買い取りは20年間に及 ぶ。さらに品質の確保と安定した供給をお願いしたい」と話している。

 一方、県内では、三洋製紙(鳥取市古市)が同社工場内に木質バイオマスボイラー発電を設け、16年末の稼働を目指す計画もあり、未利用間伐材の需要はさらに大幅に増す。

 同協議会の事務局を務める県森林組合連合会の井坂公博専務理事は「FITによる木材バイオマス発電は、山に需要をもたらす。木材生産、チップ生産、発電の3者がうまく循環できる体制をつくり上げていきたい」と話している。

トップが語る環境問題

地域とともに環境守る

サンヨーグループ  (鳥取市商栄町)
代表取締役 玉川 政一

 今日の大量生産、大量消費の経済環境や地球環境問題等を反映して、廃棄物量の抑制や省エネ対策が浸透しつつあり、またそれに伴い廃棄物の適正な処理も重 要な課題となっています。弊社としても、リサイクル率の向上や廃棄物を再生可能な資源として活用できるよう、業務面、社内面ともに周知徹底を図る一方、省 エネ対策として使用電力量の少ない製品への転換を図りCO2削減を目指しています。
 快適な生活環境は、自治体や企業、住民の方々の協力によって維持推進されるものです。地域とともに環境保全を進めつつ、さまざまな生活環境の多様な変化に対処できるよう長年の経験を生かし、社員一同これからも精進努力してまいります。


ウォッチ地球環境

森林火災の危険が増加

2013年にあった米・ヨセミテ国立公園の森林火災。鳥取県の約3分の1にあたる面積の森林が焼失した(写真=アメリカ航空宇宙局ホームページより)
 地球温暖化により世界中で森林火災発生シーズンが長くなったという研究結果が、この35年間の気象データを解析した分析結果としてアメリカ大気海洋局などにより発表されました。
 森林火災の発生に影響を与えるのは、気温・湿度・降雨・風速ですが、高温低湿で干ばつ、強風が増加し発生の危険が高まる期間が、35年前に比べ世界平均で1カ月も長くなり、日本も含めた世界中で貴重な森林が消失する事態が増加しています。
 森林火災はいったん発生するとその消火は容易ではなく、一瞬にして貴重な森林を焼失するとともに、その回復には長い年月と多くの労力を要することとなります。地球温暖化によって、世界中の二酸化炭素の吸収源である森林が焼失の危機にさらされることは、温暖化による気候変動を加速する負のスパイラルともいえる状態なのです。
 (鳥取県地球温暖化防止活動推進センター 山本ルリコ)
トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)