トップ > 記事
特集一覧

2017

vol109“鳥取らしく”学び実践 2017/06/24
vol108冷蔵庫買い替え 電気代安く大幅省エネ 2017/05/24
vol107安全こだわる市民農園 2017/04/23
vol106世代超え楽しく伝える 2017/02/24
vol105温暖化対策にどう取り組む 2017/01/30

2016

vol104激変する鳥取の気候 気象庁・石原調査官が報告 2016/12/23
vol103よみがえれ中海 自然再生への活動を紹介 2016/11/23
vol102企業の社会貢献 取り組み紹介 2016/10/25
vol101減らそう「食品ロス」 2016/09/27
vol100深化する省エネ住宅 2016/08/19
vol99環境と安全な食を守る 2016/06/24
vol98広がる再生可能エネ利用 2016/05/25
vol97エコドライブ体験 2016/04/24
vol96とっとり こどもエコ検定 2016/03/23
vol95省エネ診断で光熱費“見える化” 2016/02/25
vol94広げようエコ活 環境座談会 2016/01/23

2015

vol93次世代資源・メタンハイドレート 2015/12/21
vol92ユニーク エコ活動 2015/10/25
vol91鳥取砂丘を草原化から守れ! 2015/09/26
vol90木質バイオマス発電所稼働半年 2015/08/24
vol89とっとり こどもエコ検定 2015/07/21
vol88中海の環境浄化を目指すNPOの取り組み 2015/06/21
vol87広がる鳥取県産材活用 2015/05/23
vol86エコ生活の達人に学べ 2015/04/25
vol85再生エネ代表 太陽光発電 2015/03/29
vol84究極の低燃費実感 鳥取−境港間をPHVで往復 2015/02/24
vol83マイバッグで行こう! 2015/01/24

2014

vol82官民協働の湖山池アダプトプログラム 2014/12/22
vol81とっとりエコ検定 2014/11/15
 とっとりグリーンウェイブ新聞 2014年度号 2014/10/21
vol80自然を守る達成感 2014/10/20
vol79次世代型ツーリズム推進 2014/09/20
vol78自然のパワー実感 2014/08/28
vol77とっとり こどもエコ検定 2014/07/25
vol76「安全でおいしい野菜」評判 2014/06/22
vol75環境にやさしいまちづくり 2014/05/19
vol74米子で進む「低炭素」への道 2014/04/25
vol73親子で“エコ活”チャレンジ 2014/03/22
vol72環境に優しいエコストーブ 2014/02/27
vol71内窓で快適空間 2014/01/30

2013

vol70とっとり こどもエコ検定 2013/11/29
vol69とっとり次世代エネパーク 見て、触れる環境 多彩な30施設で構成 2013/10/30
vol68とっとり共生の森 官民一丸 守れ カーボン・オフセット 2013/09/27
vol67広がれ 4R 循環型の社会を目指して 2013/08/27
vol66とっとり こどもエコ検定 2013/07/31
vol65自然環境を守り、安全・安心な食担う  2013/06/29
vol64協賛店舗がポイントや割引サービス 2013/05/25
vol63「鳥取エコハウス」普及に力 2013/04/28
vol62県民挙げgreenウェイブ 2013/02/25
vol61新春座談会 より豊かに暮らすヒント 2013/01/29
 
vol.92ユニーク エコ活動


2015.10.25
 
 地球環境を守ろうと、鳥取県内でも企業や事業所が省エネや節電などさまざまな活動を行っている。雪のエネルギーへの利用と、リサイクル食器の利用促進という二つの取り組みを取材した。

使い捨てからリユースへ イベント用食器レンタル

障害福祉サービス事業所「エポック翼」(米子)

返却されたリサイクル食器を洗浄する高木指導員=米子市内のエポック翼の工場
学園祭で利用されるリサイクル食器=島根県内の高校
 米子市内の福祉作業所が、繰り返し使用することができる「リユース食器」のレンタル事業に取り組んでいる。祭りやイベントなどで提供される食器は紙製の使い捨てが主流だが、プラスチック製の食器を繰り返し使うことで、食器焼却に伴う二酸化炭素(CO2)排出量を軽減し、環境への負荷を減らす効果が期待できる。

 事業に取り組んでいるのは社会福祉法人養和会が運営する障害福祉サービス事業所「エポック翼」(同市米原)。イベント会場では大量のごみが排出される状況も目立つことからごみの減量と障害者の就労機会の拡大を目指し、山陰で唯一の事業者として2012年から事業を始めた。

 専用のコンテナで発注先に届け、使用後は残飯を取り除いた状況で返送してもらうシステム。回収した食器は厳重に洗浄し、専用の滅菌乾燥機に通して再利用される。

 取り扱う食器はプラスチック製で、直径19〜27センチの平皿、丼、カップ、はしなど12種類。1回につき、1個7〜26円で貸し出す。

 全国で初めてリユース食器事業に取り組んだ山梨県のNPO法人「スペースふう」などとのネットワークを通じて、数千人規模のイベントにも対応できる。

 繰り返し使用することにより、CO2の排出量を5分の1に、エネルギー消費量を3分の1に減らすなど環境負荷を大幅に低減させることができるという。

 県内外の企業イベントや学園祭などで利用があり、地元プロスポーツチームのガイナーレ鳥取や島根スサノオマジックのホームゲームの際に採用されており、利用件数は年々増加傾向にある。

 伯耆町はレンタル料の5分の4を助成する制度を設け、琴浦町は町主催のイベントへの出店店舗にリユース食器を貸与するなど、行政も利用促進に力を入れている。

 エポック翼の高木徹指導員は「もっと多くの人に利用してもらい、身近なところから環境保護に取り組めることを知ってほしい」と呼び掛けている。

豊富な雪を生かす 敷地に雪室、冷熱源利用

サントリープロダクツ「天然水奥大山ブナの森工場」(江府)

自然エネルギーとして利用するため大量の雪が貯蔵される雪室=江府町の天然水奥大山ブナの森工場
雪室の冷気を利用した職員食堂の空調設備。10月には26度の室温を維持するために活用される=江府町の天然水奥大山ブナの森工場
 江府町御机のサントリープロダクツの「天然水奥大山ブナの森工場」は、冬に降り積もった雪を貯蔵する「雪室(ゆきむろ)」を設け、その冷たい自然エネルギーを空調や生産設備の冷熱源として利用している。

 奥大山地方は、冬になると雪が2〜3メートルも積もる豪雪地帯。「水と生きる」をテーマに自然との共生に取り組む同工場は、豊富な雪を資源として生かそうと、操業を始めた2008年に雪室を設けた。

 雪室はミネラルウオーターを生産する工場の一角にあり、室内は約600立方メートルの広さがある。毎年3月、室内がほぼいっぱいになる約250トンの雪を貯蔵する。

 室温は年間を通して0〜5度。冬季は雪室から自然に解ける冷水を生産装置の冷却用に循環させて冷凍機の消費電力を削減するほか、工場で使われた温排水を雪室に通して自然に近い温度まで冷却して放流することで地域の生態系にも配慮する。春から秋の季節は、雪室の冷気を冷房に活用する。

 自然エネルギーを利用することで、年間約10トンの二酸化炭素(CO2)削減効果が見込まれる。

 雪室システムが生産現場に導入されているのは全国でもここだけ。「とっとり次世代エネルギーパーク」にも組み込まれており、年間に約1万人近くの見学者が同工場を訪れる。中でも子どもたちの姿が目立ち、環境の大切さを学ぶという。

 同工場の楊喬棋事務長は「特に子どもたちは珍しい雪室に興味津々で見学してくれます。自分たちも何か身近に環境保護の取り組みをしてみようと思ってくれたら」と環境教育の推進に期待している。

トップが語る環境問題

エネルギーの地産地消推進

鳥取ガスグループ 
(鳥取市五反田町)
代表 児嶋 太一

  鳥取市と鳥取ガスグループは8月24日、新電力会社「とっとり市民電力」を設立しました。そして2016年4月の小売電力全面自由化により開放される約8兆円の市場において、エネルギーの地産地消を進め、新しい地域経済の成長戦略の構築を目指します。

 私たちは地域でつくられた電気で地域内の資金循環を進めるとともに、分散型エネルギーの普及を進め、地域の安心・安全なまちづくりと地域経済の活性化を図っていきます。


「もったいない運動」を実践

有限会社 赤碕清掃
(琴浦町赤碕)
代表取締役 岡ア 博紀

 弊社は8年前より事業活動や日常生活で捨てられていた紙を資源として回収し、ごみを減らす活動を続けています。そしてより多くの皆さまの賛同を得るために車両の側面には「もったいない運動拡大中!」のロゴを表示して日々の業務を行っています。

 紙の分別が普段の生活の中で習慣化できたら、知らず知らずのうちにリサイクルに取り組んでいることになり、今まで不用だったものが資源となって新しいモノに生まれ変わります。弊社の将来ビジョン「自然と資源が好循環する地球を創る」の実現に向けて今後も地域の皆さまと共に、もったいない運動を実践してまいります。

トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)