トップ > 記事
特集一覧

2017

vol109“鳥取らしく”学び実践 2017/06/24
vol108冷蔵庫買い替え 電気代安く大幅省エネ 2017/05/24
vol107安全こだわる市民農園 2017/04/23
vol106世代超え楽しく伝える 2017/02/24
vol105温暖化対策にどう取り組む 2017/01/30

2016

vol104激変する鳥取の気候 気象庁・石原調査官が報告 2016/12/23
vol103よみがえれ中海 自然再生への活動を紹介 2016/11/23
vol102企業の社会貢献 取り組み紹介 2016/10/25
vol101減らそう「食品ロス」 2016/09/27
vol100深化する省エネ住宅 2016/08/19
vol99環境と安全な食を守る 2016/06/24
vol98広がる再生可能エネ利用 2016/05/25
vol97エコドライブ体験 2016/04/24
vol96とっとり こどもエコ検定 2016/03/23
vol95省エネ診断で光熱費“見える化” 2016/02/25
vol94広げようエコ活 環境座談会 2016/01/23

2015

vol93次世代資源・メタンハイドレート 2015/12/21
vol92ユニーク エコ活動 2015/10/25
vol91鳥取砂丘を草原化から守れ! 2015/09/26
vol90木質バイオマス発電所稼働半年 2015/08/24
vol89とっとり こどもエコ検定 2015/07/21
vol88中海の環境浄化を目指すNPOの取り組み 2015/06/21
vol87広がる鳥取県産材活用 2015/05/23
vol86エコ生活の達人に学べ 2015/04/25
vol85再生エネ代表 太陽光発電 2015/03/29
vol84究極の低燃費実感 鳥取−境港間をPHVで往復 2015/02/24
vol83マイバッグで行こう! 2015/01/24

2014

vol82官民協働の湖山池アダプトプログラム 2014/12/22
vol81とっとりエコ検定 2014/11/15
 とっとりグリーンウェイブ新聞 2014年度号 2014/10/21
vol80自然を守る達成感 2014/10/20
vol79次世代型ツーリズム推進 2014/09/20
vol78自然のパワー実感 2014/08/28
vol77とっとり こどもエコ検定 2014/07/25
vol76「安全でおいしい野菜」評判 2014/06/22
vol75環境にやさしいまちづくり 2014/05/19
vol74米子で進む「低炭素」への道 2014/04/25
vol73親子で“エコ活”チャレンジ 2014/03/22
vol72環境に優しいエコストーブ 2014/02/27
vol71内窓で快適空間 2014/01/30

2013

vol70とっとり こどもエコ検定 2013/11/29
vol69とっとり次世代エネパーク 見て、触れる環境 多彩な30施設で構成 2013/10/30
vol68とっとり共生の森 官民一丸 守れ カーボン・オフセット 2013/09/27
vol67広がれ 4R 循環型の社会を目指して 2013/08/27
vol66とっとり こどもエコ検定 2013/07/31
vol65自然環境を守り、安全・安心な食担う  2013/06/29
vol64協賛店舗がポイントや割引サービス 2013/05/25
vol63「鳥取エコハウス」普及に力 2013/04/28
vol62県民挙げgreenウェイブ 2013/02/25
vol61新春座談会 より豊かに暮らすヒント 2013/01/29
 
vol.93次世代資源・メタンハイドレート


2015.12.21
 
 次世代資源として注目されるメタンハイドレート(MH)が鳥取沖の海底で埋蔵が確認され、鳥取県内でその開発に期待が高まっている。人材育成や調査研究の拠点化を目指した支援の取り組みも始まった。県内の現状をリポートする。

日本海 新エネルギー時代へ

県内で支援の取り組み

 
「燃える氷」と呼ばれるメタンハイドレート(明治大ガスハイドレート研究所提供)
日本海沖で採取されたコアサンプルを手に、メタンハイドレートについて平井知事(左)に説明する松本特任教授=9月3日、鳥取市港町の明治大鳥取メタンハイドレートコアセンター

温暖化対策も

 MHは、天然ガスの主成分メタンと水分子が低温高圧の状況で結晶化した物質で、「燃える氷」と呼ばれる。MHから生産されるメタンガスは天然ガスの主成 分であり、都市ガスや発電燃料に利用できる上、石油や石炭に比べて燃焼時の二酸化炭素などの排出量が少ないことから地球温暖化対策に有効な“クリーンエネ ルギー”とされる。
 実際の埋蔵量は不明で、国は2013年度から3年かけて日本海の地質サンプル調査を実施中。音波探査では隠岐諸島周辺をはじめ、北海道日高地方、秋田・ 山形両県や上越の沖合の海底に、埋蔵する可能性がある特有地形(ガスチムニー構造)が14年度までに971カ所見つかった。直径100〜500メートル で、1キロメートルを超すものもあった。
 サンプル調査は、上越沖と、秋田・山形沖で行われた。海底の地中に深さ100メートルまでパイプを突き刺し地層を採取したところ、海底面から約50メートルの深さまでで10センチ〜1メートル程度、それより深い地点で1センチ未満のMHが見つかった。

技術者を養成

 鳥取・兵庫県沖の隠岐トラフにも相当量の埋蔵の可能性があるガスチムニー構造が多数確認された。まだこれからの段階だが、採掘、実用化できれば鳥取に生産設備などが集積し、新たな雇用が生まれる。県はその地理的優位性を生かし、全国の自治体でいち早く支援へ動いた。
 一般向けの講演会や中高生対象の公開授業などを行い、県民への普及啓発に力を入れる。鳥取県水産試験場による環境基礎調査も実施する。
 さらに、特筆されるのが県と鳥取大学、明治大学の3者連携による人材育成の取り組み。県の寄付講座として鳥大大学院工学研究科に10月、MHの教育研究を専門に行う全国初の「メタンハイドレート科学講座」が開設された。
 専任教授には明治大ガスハイドレート研究所から、海老沼孝郎氏が専任教授として着任した。来年4月にスタートする新コースの学生定員は1学年5人で、2年間で工学や理学、水産学など3分野を横断的に履修する。
 日本海沖にある表層型MHについて、基礎調査からガス産出方法などの資源開発まで一貫した研究を行う。即戦力となる高度技術者を養成、研究拠点を目指す。

研究の拠点に

 3者連携のもう一つの成果が、日本海沖で行われている地質サンプル調査で採掘された海底地質試料(コアサンプル)を冷蔵保管する「明治大学鳥取メタンハイドレートコアセンター」の誘致。9月に鳥取市港町に開設された。
 施設は、県が鳥取港湾事務所の1階約280平方メートルを明治大に無償提供。国の委託を受け、日本海側の資源量把握調査を行う明治大が、保存用のプレハブ冷蔵庫を設置した。
 日本海側では初の保管施設で、採掘が本格化する日本海側のコアサンプルが集積される。全国の研究者が調査する現地拠点となり、資源化に向けた研究促進が期待される。
 島根県から北海道にかけての日本海沖で採取するコアサンプル(長さ1メートル)約1万本が保管できる。同センターに集まるコアサンプルを分析することで、MHの分布状況や資源量の把握、探査、掘削技術の開発につながるという。
 開設式で明治大ガスハイドレート研究所の松本良特任教授は「全国の研究者がコアサンプルを直接観察し分析する研究拠点にしたい」と強調。平井伸治知事は「日本海側にこそチャンスがある」と述べ、鳥取が資源開発の基地になることを期待した。

トップが語る環境問題

環境問題の鍵握る林業

大下林業 
(鳥取市岩坪)
社長 大下 武夫

 林業はどのような仕事かご存じですか? 答えは一つではありませんが、こうも言えるでしょう。森林の状態を正しく把握し、適正な処置を施し、生き生きと した森を育てること。これによりきれいな水、きれいな空気を生み出し、災害にも強い山となります。まさに環境問題の解決に大きな役割を担っているといえる でしょう。

 鳥取県東部の山林は枯れ枝が放置され、下草も生えない荒れた状態が目立っています。間伐して、地面にある程度の光を当てないと山はよみがえりません。健全な山林を復活させましょう。皆さん、山の仕事に来れ!


ウォッチ地球環境

歴史的な「パリ協定」合意

史上最小の冬季最大海氷面積を観測した日の北半球(NASAゴダード宇宙飛行センター提供)
 12月13日に終了した第21回国連気候変動枠組条約締約国会議(COP21)は、史上初めて世界中の国々が一つになり、地球温暖化による気候変動の最悪のシナリオを回避するために『パリ協定』に合意しました。危険な気候変動を防ぐ目安となる世界平均気温の上昇を「2度未満」に抑える目標に加え、既に甚大な被害を被る海抜の低い国や地域を守るため「1・5度」に抑えるという努力目標を人類が共有しました。

 困難と思われた合意成立の要因は、海水面の上昇や干ばつ、砂漠化、食糧不足など顕著化する気候変動の影響への地球規模の危機感です。

 また、化石燃料から資本撤退する投資家も増え、自然エネルギーが経済の鍵を握るとして「化石燃料の時代は一瞬だったといわれるだろう」と発言する企業家もいます。

 2015年12月13日は、宇宙船地球号が持続可能な未来へ航海するために、低炭素社会へと大きくかじを取る歴史的な日となったのです。

 (鳥取県地球温暖化防止活動推進センター・山本ルリコ)
トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)