トップ > 記事
特集一覧

2017

vol111「4R」の循環型社会へ 2017/09/30
vol110EV・PHVが普及 2017/08/31
vol109“鳥取らしく”学び実践 2017/06/24
vol108冷蔵庫買い替え 電気代安く大幅省エネ 2017/05/24
vol107安全こだわる市民農園 2017/04/23
vol106世代超え楽しく伝える 2017/02/24
vol105温暖化対策にどう取り組む 2017/01/30

2016

vol104激変する鳥取の気候 気象庁・石原調査官が報告 2016/12/23
vol103よみがえれ中海 自然再生への活動を紹介 2016/11/23
vol102企業の社会貢献 取り組み紹介 2016/10/25
vol101減らそう「食品ロス」 2016/09/27
vol100深化する省エネ住宅 2016/08/19
vol99環境と安全な食を守る 2016/06/24
vol98広がる再生可能エネ利用 2016/05/25
vol97エコドライブ体験 2016/04/24
vol96とっとり こどもエコ検定 2016/03/23
vol95省エネ診断で光熱費“見える化” 2016/02/25
vol94広げようエコ活 環境座談会 2016/01/23

2015

vol93次世代資源・メタンハイドレート 2015/12/21
vol92ユニーク エコ活動 2015/10/25
vol91鳥取砂丘を草原化から守れ! 2015/09/26
vol90木質バイオマス発電所稼働半年 2015/08/24
vol89とっとり こどもエコ検定 2015/07/21
vol88中海の環境浄化を目指すNPOの取り組み 2015/06/21
vol87広がる鳥取県産材活用 2015/05/23
vol86エコ生活の達人に学べ 2015/04/25
vol85再生エネ代表 太陽光発電 2015/03/29
vol84究極の低燃費実感 鳥取−境港間をPHVで往復 2015/02/24
vol83マイバッグで行こう! 2015/01/24

2014

vol82官民協働の湖山池アダプトプログラム 2014/12/22
vol81とっとりエコ検定 2014/11/15
 とっとりグリーンウェイブ新聞 2014年度号 2014/10/21
vol80自然を守る達成感 2014/10/20
vol79次世代型ツーリズム推進 2014/09/20
vol78自然のパワー実感 2014/08/28
vol77とっとり こどもエコ検定 2014/07/25
vol76「安全でおいしい野菜」評判 2014/06/22
vol75環境にやさしいまちづくり 2014/05/19
vol74米子で進む「低炭素」への道 2014/04/25
vol73親子で“エコ活”チャレンジ 2014/03/22
vol72環境に優しいエコストーブ 2014/02/27
vol71内窓で快適空間 2014/01/30

2013

vol70とっとり こどもエコ検定 2013/11/29
vol69とっとり次世代エネパーク 見て、触れる環境 多彩な30施設で構成 2013/10/30
vol68とっとり共生の森 官民一丸 守れ カーボン・オフセット 2013/09/27
vol67広がれ 4R 循環型の社会を目指して 2013/08/27
vol66とっとり こどもエコ検定 2013/07/31
vol65自然環境を守り、安全・安心な食担う  2013/06/29
vol64協賛店舗がポイントや割引サービス 2013/05/25
vol63「鳥取エコハウス」普及に力 2013/04/28
vol62県民挙げgreenウェイブ 2013/02/25
vol61新春座談会 より豊かに暮らすヒント 2013/01/29
 
vol.94 広げようエコ活 環境座談会

2016.1.23
 
 地球温暖化や循環型社会の構築など、環境問題への取り組みが待ったなしの課題となっています。生活の中でどう実践し、未来を切り開けばいいのでしょう か。鳥取県内で率先して“エコ活”に取り組む4氏に、2016年をより豊かに暮らすためのヒントを語り合ってもらいました。


環境対策の必要性を語り合う、左から山本さん、岡崎さん、熊谷さん、幸本さん

◇出 席 者◇
幸本 伊織さん(公立鳥取環境大1年)
熊谷 春美さん(とっとりエコサポーターズ)
岡崎  誠さん(公立鳥取環境大教授)
 コーディネーター 山本ルリコさん
(鳥取県地球温暖化防止活動推進センター副センター長)

放置自転車を修理し共用 幸本さん
生活スタイル朝型に変更 熊谷さん
マイカーなしの生活実験 岡崎さん

●活動紹介

 山本 環境に配慮した個人のエコライフや省エネをひっくるめて“エコ活”と呼んでいます。皆さんの活動紹介を。

恩師から受け継いだ着物を身に付け「姿勢を正して生活し、エコにつなげよう」と訴える熊谷さん
 幸本 鳥取環境大で「地球環境を考える会」に入っています。今一番力を入れているのが、JR津ノ井駅前の放置自転車を回収、修理して、地域と学生で共用するコミュニティーサイクルです。学内の「学生ISO委員会」にも所属して、ごみの減量化など幅広く取り組んでいます。

 熊谷 看護師ですので、健康と環境に注目しています。核家族、子育てで突っ走っていた時はエコがイコール家計の節約というイメージでしたが、とっとりエコサポーターズ養成講座でエコが地球規模で求められていると知り、本気モードに切り替わりました。

 便利さに甘えた生活を改め、まず家庭での省エネや節電からはじめ、生活スタイルを朝型に変えました。通勤も車から自転車の利用にすると、知らない人ともあいさつできます。自宅に思い切って太陽光発電パネルを取り付け、断熱リフォームもしました。

 岡崎 鳥取環境大の創立時から勤めているので、16年目を迎えました。大気汚染や自動車から排出される温室効果ガスについて研究しています。授業は環境政策論や環境アセスメント、地域環境などを受け持っています。

●楽しみは?

 山本 “エコ活”の楽しみは?

 岡崎 鳥取で生活して16年間、マイカーなしで生活できるのか実験しています。ですから通勤は自転車。市街地に住んでいるので片道40分かかります。

地球環境を考える会の部員と放置自転車を修理する幸本さん(左から2人目)
 現在までの結論は、自転車でも生活が成り立つということ。とっても健康的で、おなかも出ません。体力測定をしたら肉体年齢が18歳と言われました。たいていの人はびっくりしますね。

 熊谷 中学時代の80歳の恩師が“断捨離”するというので、着物を何着か頂きました。正月三が日着て、今日もその着物で出席しました。着物は何代も受け継ぐことができるので、とてもエコですね。

●課題や問題

 山本 “エコ活”を広げる課題や問題は?

 幸本 地域の公民館でリペアカフェを開いて、地域の人や学生がお茶を飲みながら自転車の修理や交通ルールを学ぶ場を持とうと計画しました。地域の回覧板で説明会を広報しましたが、参加者はゼロ。地域住民と面と向かって話す機会もなく、地域を巻き込むのはとても難しいと感じています。

 山本 リペアカフェは修理の仕方を学ぶ新方式で、ヨーロッパを中心に広まっています。これからの時代、物を修理して大切に使うことが求められます。

 熊谷 エコに関心のある人は割とたくさんいますが、活動が表面的で輪が広がりません。そこをクリアしようと、「健康は究極のエコ」と考えて県内で第1号となる姿勢教育指導士の資格を取得しました。姿勢を正すことでからだの不具合や血液循環が改善され、自分の体からエネルギーが出て免疫力も高まります。健康の話題からつながって、“エコ活”の輪を広げようと思っています。

自転車で片道40分かけて通勤する岡崎さん
 岡崎 地球温暖化対策の「パリ協定」が採択されました。ここにきて世界中が真剣になり、日本も精力的に取り組まないといけません。日本は2030年に温室効果ガスを13年と比べ26%減らす目標を掲げましたが、世界ではこれが最低限。この26%も本当に達成するには、仕組みの大幅な変革が求められます。特に家庭部門では40%減らす目標を立てているので、もっと大変です。

 さらに先進国の共通認識は、50年に80%減らすとしています。気の遠くなる目標です。でも国内ではよそ事のように、経済や豊かな暮らしばかりに関心が集まっています。その辺に根本的な問題を感じます。

●今年の夢

 山本 今年、頑張ろうという夢を語ってください。

 幸本 利用してもらう自転車を空色に統一しています。空色の自転車がたくさん街中を走って、地域住民と学生が「こんにちは」と気軽にあいさつを交わせる社会を実現したい。さらにリペアカフェが定着し、使い捨て社会から循環型社会に切り替わるお手伝いができたら。

 熊谷 県西部の環境に関心のある人たち約10人が団結し、「未来のエコラ」というグループを立ち上げました。地域の気候変動、太陽光発電の実態などの情報を集め、分析したデータを地域に返します。電力自由化についても学び中。みなさんに活用されるエコラに成長したいです。

 岡崎 気候変動の問題は20年後、30年後はもう解決できないのではないか。そんな悲観的な予測が世界に広がっています。国民はそこをよく理解し、環境対策を前向きに捉えることが大事。特に家庭でも創エネルギーを進め電気やガスを効率的に利用する“エコ活”が求められます。それにより私たちの子や孫が安心して暮らせる環境を取り戻せます。これが最大のメリットであり、目標です。

 山本 今すぐ実践することで、現代も次世代も幸せに暮らせるのが“エコ活”ということですね。皆さんと共に率先して楽しみましょう。

トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)