トップ > 記事
特集一覧

2017

vol109“鳥取らしく”学び実践 2017/06/24
vol108冷蔵庫買い替え 電気代安く大幅省エネ 2017/05/24
vol107安全こだわる市民農園 2017/04/23
vol106世代超え楽しく伝える 2017/02/24
vol105温暖化対策にどう取り組む 2017/01/30

2016

vol104激変する鳥取の気候 気象庁・石原調査官が報告 2016/12/23
vol103よみがえれ中海 自然再生への活動を紹介 2016/11/23
vol102企業の社会貢献 取り組み紹介 2016/10/25
vol101減らそう「食品ロス」 2016/09/27
vol100深化する省エネ住宅 2016/08/19
vol99環境と安全な食を守る 2016/06/24
vol98広がる再生可能エネ利用 2016/05/25
vol97エコドライブ体験 2016/04/24
vol96とっとり こどもエコ検定 2016/03/23
vol95省エネ診断で光熱費“見える化” 2016/02/25
vol94広げようエコ活 環境座談会 2016/01/23

2015

vol93次世代資源・メタンハイドレート 2015/12/21
vol92ユニーク エコ活動 2015/10/25
vol91鳥取砂丘を草原化から守れ! 2015/09/26
vol90木質バイオマス発電所稼働半年 2015/08/24
vol89とっとり こどもエコ検定 2015/07/21
vol88中海の環境浄化を目指すNPOの取り組み 2015/06/21
vol87広がる鳥取県産材活用 2015/05/23
vol86エコ生活の達人に学べ 2015/04/25
vol85再生エネ代表 太陽光発電 2015/03/29
vol84究極の低燃費実感 鳥取−境港間をPHVで往復 2015/02/24
vol83マイバッグで行こう! 2015/01/24

2014

vol82官民協働の湖山池アダプトプログラム 2014/12/22
vol81とっとりエコ検定 2014/11/15
 とっとりグリーンウェイブ新聞 2014年度号 2014/10/21
vol80自然を守る達成感 2014/10/20
vol79次世代型ツーリズム推進 2014/09/20
vol78自然のパワー実感 2014/08/28
vol77とっとり こどもエコ検定 2014/07/25
vol76「安全でおいしい野菜」評判 2014/06/22
vol75環境にやさしいまちづくり 2014/05/19
vol74米子で進む「低炭素」への道 2014/04/25
vol73親子で“エコ活”チャレンジ 2014/03/22
vol72環境に優しいエコストーブ 2014/02/27
vol71内窓で快適空間 2014/01/30

2013

vol70とっとり こどもエコ検定 2013/11/29
vol69とっとり次世代エネパーク 見て、触れる環境 多彩な30施設で構成 2013/10/30
vol68とっとり共生の森 官民一丸 守れ カーボン・オフセット 2013/09/27
vol67広がれ 4R 循環型の社会を目指して 2013/08/27
vol66とっとり こどもエコ検定 2013/07/31
vol65自然環境を守り、安全・安心な食担う  2013/06/29
vol64協賛店舗がポイントや割引サービス 2013/05/25
vol63「鳥取エコハウス」普及に力 2013/04/28
vol62県民挙げgreenウェイブ 2013/02/25
vol61新春座談会 より豊かに暮らすヒント 2013/01/29
 
vol.95省エネ診断で光熱費“見える化”


2016.2.25

ポイントは家屋の断熱

 
 地球温暖化を食い止めるため、家庭でもエネルギー使用の削減が求められている。その手始めに省エネ診断を受け、わが家のエネルギーの“見える化”に取り組みたい。省エネ診断の現場を訪ねた。
時間ごとの消費電力を調べるため、電気配線に計測器を取り付ける西村さん=鳥取県東部の住宅
 
 

どうすればいい

 「省エネを意識した生活をしていますが、電気代が一向に減りません。どうすれば有効なのか知りたくて」。鳥取県東部の中山間地に住むKさん(59)が、省エネ診断を申し込んだ理由をこう説明する。

 診断するのは、山陰省エネライフ研究所の西村孝一さん。光熱費の月別消費量を調べ、さらに電気配線に計測器を取り付け、時間ごとの消費電力量を1週間にわたって測った。

 Kさん宅は40年余り前に建てられた日本家屋で、土壁が使われている。Kさんは「夏は涼しくて住みよいのですが、冬は隙間風が入って暖房しても暖まらなくて」と説明する。

 夫婦共働きで、休日を除き日中在宅するのはお年寄り1人という3人家族。風呂の給湯は電気温水器と太陽熱温水器の併用で、コンロはプロパンガスを使用。冬季の暖房は石油ストーブが主で、エアコンはない。

電気温水器が課題

 診断の結果、Kさん宅のエネルギーが“見える化”された。年間(2014年12月〜15年11月)の光熱費は、電気と灯油、ガスを合わせて約21万5千円で、そのうち電気(14万7千円)が約7割を占める。

 二酸化炭素(CO2)排出量は7・77トン。1人当たりに換算すると2・6トンで、日本全体の平均(2・3トン)と比べると少し高いという。

 電気の時間帯別の消費電力量を見ると、午前0時から5時までの深夜帯で電気温水器が突出して高くなっているが、この他の時間帯の消費電力量は終日1キロワット時以下と低い値で推移する。

 Kさん宅の省エネにおける最大の課題が、電気温水器であることが判明した。消費電力量の中で7割を、金額でも4割(深夜割引のコースを採用)を占めているためだ。

 西村研究員は「省エネには電気温水器の改善が最も有効。電気温水器に比べて3倍の効率があるヒートポンプ技術が使われたエコキュートを勧めたい」とアドバイスする。

 この他、西村研究員が注目するのが小型冷蔵庫と冷凍庫の併用。合算すると、合計容量は232リットルで、年間消費電力量は500キロワット時になる。最近の大容量の冷蔵庫(冷凍庫付き)は消費電力が半分以下に改善されており、「400リットルクラス1台にした方が容量も大きく、消費電力量も少なくてすむ」と指摘する。

誤った認識気付く

 Kさん宅を訪れたのは、雪の舞う肌寒い日。玄関は6度と震える寒さだったが、ダイニングキッチンは20度とポカポカ。ダイニングキッチンだけは5年前にリフォームされ、壁や窓ガラスなどに断熱が施されている。

 西村さんは「家庭の省エネのポイントは家屋の断熱。断熱性能が劣ると、いくら暖房してもざるで水をくむようなもの」と説明する。

 断熱性の高い家の方が、有病率が改善したり、ヒートショックによる死亡が減少したりする報告がある。Kさん宅も今後、風呂場やトイレ、寝室の断熱化が求められる。

 多くの具体的な課題が見つかったKさん。「省エネについてたくさんの誤った認識に気付くことができました。家庭の財布にも、地球にもやさしい省エネに早速取り組みます」と大喜び。

 西村さんは「4月から始まる小売り電力自由化で購入先を正しく選ぶためにも、わが家のエネルギー使用の現状を正しく知ることから始めてほしい」と省エネ診断を勧めている。

 鳥取県地球温暖化防止活動推進センターは、省エネ相談室を設けている。連絡先は電話0857(52)2700。

トップが語る環境問題

創立100周年 常に挑戦・進化

株式会社 光商会 
(鳥取市五反田町)
代表取締役社長 木村 憲司

 光商会グループは「安心・安全・快適で笑顔あふれるくらしづくりに貢献する」を経営理念に、省エネ環境商品の販売に取り組んでおります。循環型エネルギーの太陽光発電システム、省エネ型石油給湯器「エコフィール」、高機能断熱遮断性ガラス「エコガラス」、高断熱性で高い省エネ効果を発揮する樹脂窓「エコ窓」など、家計と環境にやさしい商品を提供しています。

 本年、創立100周年を迎える企業として、常に挑戦・進化し続け、地域社会の発展に貢献してまいります。

環境価値高い家づくりを

株式会社 建販 
(鳥取市叶)
代表取締役社長 山内 智晃

 昨年はCOP21において、地球温暖化防止に向けた歴史的合意と各国の具体的目標数値の設定が示されました。産業部門のみならず家庭部門でのCO2排出量削減の命題もクローズアップされ、私たちの日々の暮らしもさらなる省(小)エネへ向けた取り組みと行動が問われる時代となったようです。

 鳥取の木材と自然エネルギーを取り入れた環境価値の高い家づくりを通じ、微力ながらも未来へ明確な視座を有する組織として今後も職務に励んでまいりたい所存です。


ウォッチ地球環境

気候変動適応した伝統農業に

コロンビアで収穫されるカカオ(米国国際開発庁提供)
 日本はチョコレートの消費量が世界第3位で、フランスに次ぐチョコ好きの国ですが、地球温暖化で将来チョコが食べられなくなる日が来るかもしれません。

 米国海洋大気庁によると、チョコの原料であるカカオ豆生産シェア50%以上のガーナなどの西アフリカが、温暖化により地面からの水分蒸発量が増え、干ばつの頻発する乾燥気候へと変わってしまい、2050年には89・5%が適地から外れてしまうと予測されています。温暖化に強いと思われがちなカカオは多湿を好むので、実は生産が激減する脆弱(ぜいじゃく)性を抱えているのです。

 適応策として乾燥耐性種への改良の他、注目すべきはカブルカ(ブラジルの伝統農法)です。熱帯雨林の木陰で育てるこの農法は、周辺地域の気温と蒸発量を低下させ、豊かな密林が二酸化炭素を固定します。

 先進国が世界中で進めてきた商品作物を大量生産する単一農業から、気候変動に適応して多様性のある伝統農業に脱却することは、私たちを癒やすチョコの近い将来とも無関係ではありません。

 (鳥取県地球温暖化防止活動推進センター 山本ルリコ)
トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)