トップ > 記事
特集一覧

2017

vol109“鳥取らしく”学び実践 2017/06/24
vol108冷蔵庫買い替え 電気代安く大幅省エネ 2017/05/24
vol107安全こだわる市民農園 2017/04/23
vol106世代超え楽しく伝える 2017/02/24
vol105温暖化対策にどう取り組む 2017/01/30

2016

vol104激変する鳥取の気候 気象庁・石原調査官が報告 2016/12/23
vol103よみがえれ中海 自然再生への活動を紹介 2016/11/23
vol102企業の社会貢献 取り組み紹介 2016/10/25
vol101減らそう「食品ロス」 2016/09/27
vol100深化する省エネ住宅 2016/08/19
vol99環境と安全な食を守る 2016/06/24
vol98広がる再生可能エネ利用 2016/05/25
vol97エコドライブ体験 2016/04/24
vol96とっとり こどもエコ検定 2016/03/23
vol95省エネ診断で光熱費“見える化” 2016/02/25
vol94広げようエコ活 環境座談会 2016/01/23

2015

vol93次世代資源・メタンハイドレート 2015/12/21
vol92ユニーク エコ活動 2015/10/25
vol91鳥取砂丘を草原化から守れ! 2015/09/26
vol90木質バイオマス発電所稼働半年 2015/08/24
vol89とっとり こどもエコ検定 2015/07/21
vol88中海の環境浄化を目指すNPOの取り組み 2015/06/21
vol87広がる鳥取県産材活用 2015/05/23
vol86エコ生活の達人に学べ 2015/04/25
vol85再生エネ代表 太陽光発電 2015/03/29
vol84究極の低燃費実感 鳥取−境港間をPHVで往復 2015/02/24
vol83マイバッグで行こう! 2015/01/24

2014

vol82官民協働の湖山池アダプトプログラム 2014/12/22
vol81とっとりエコ検定 2014/11/15
 とっとりグリーンウェイブ新聞 2014年度号 2014/10/21
vol80自然を守る達成感 2014/10/20
vol79次世代型ツーリズム推進 2014/09/20
vol78自然のパワー実感 2014/08/28
vol77とっとり こどもエコ検定 2014/07/25
vol76「安全でおいしい野菜」評判 2014/06/22
vol75環境にやさしいまちづくり 2014/05/19
vol74米子で進む「低炭素」への道 2014/04/25
vol73親子で“エコ活”チャレンジ 2014/03/22
vol72環境に優しいエコストーブ 2014/02/27
vol71内窓で快適空間 2014/01/30

2013

vol70とっとり こどもエコ検定 2013/11/29
vol69とっとり次世代エネパーク 見て、触れる環境 多彩な30施設で構成 2013/10/30
vol68とっとり共生の森 官民一丸 守れ カーボン・オフセット 2013/09/27
vol67広がれ 4R 循環型の社会を目指して 2013/08/27
vol66とっとり こどもエコ検定 2013/07/31
vol65自然環境を守り、安全・安心な食担う  2013/06/29
vol64協賛店舗がポイントや割引サービス 2013/05/25
vol63「鳥取エコハウス」普及に力 2013/04/28
vol62県民挙げgreenウェイブ 2013/02/25
vol61新春座談会 より豊かに暮らすヒント 2013/01/29
 
vol.97エコドライブ体験


2016.4.24

少しの心がけで習慣化

 
 地球温暖化の防止対策として車から排出される二酸化炭素(CO2)の削減が急務となる中、誰でも気軽に取り組めるエコドライブが注目されている。日本海自動車学校(鳥取市湖山町東4丁目)で、実際に車を使ったエコトレーニングを体験した。
エコドライブのポイントを指導する教官の中本さん(右)
エコドライブの講習で一般道を走行する教習車

どうすればいい

 自動車教習所でハンドルを握るのは数十年ぶり。教官の中本通昭さん(52)が横に座ると、ちょっと緊張する。燃費計を付けた教習車を使い、同校周辺の路上をまず普段の運転で走行して燃費データを計測し、次にエコドライブにチャレンジする。

 走行前に中本さんが説明する。「エコドライブは車の発進、巡航、減速、停止という四つの走行モードごとの運転操作を覚えるのがポイントです」

○発進−ふんわりアクセルで

 さあ、いよいよ発進。「ブレーキから足を離し、一呼吸おいてからアクセルをふんわりと踏み込みましょう」と中本さんがアドバイス。最初の5秒で時速20キロが目安という。

 とてもゆっくりした感じ。前車との車間がどんどん広がるのでアクセルを踏み込もうとすると、「速度の上昇とともに徐々に速度を上げれば、適度な車間に戻るので焦りは禁物」と注意を受けた。

 ふんわりアクセルを心がけるだけで、燃費が約11%も改善するという。

○巡航−加減速の少ない運転を

 一般道に入ると、車の渋滞はなく交通の流れは順調だ。いつもの習慣で前の車について走ろうとするので、速くなったり遅くなったりする。

 だが、この運転が要注意。「速度変動が大きくなる波状運転です。気を付けて」

 走行時は、アクセルで速度を修正するのがコツ。そのための車間距離を保つことが必要だと実感する。

 「遅すぎず、速すぎず、先を見て、緩やかなアクセル操作で運転しましょう」と中本さん。

○減速−早めのアクセルオフ

 途中、何度か赤信号に合ったほか、道路工事で一時停止を求められ、いつものようにブレーキを強く踏み込んで止まった。

 この運転操作も「ノー」。中本さんは「前方の信号をよく見て、停止したり、曲がったりすることが分かれば、早めにアクセルから足を離し、エンジンブレーキで減速すればいいですよ」とアドバイする。

 走行中の車はアクセルを離しても、しばらく惰性で進むので、少ない燃料で走行できるからだ。早めのアクセルオフで約2%の燃費が改善する。

○停止−アイドリングストップを

 路上で一時停止し、アイドリングストップを体験した。シフトレバーをニュートラル(N)にして、サイドブレーキをかける。エンジンを停止し、キー位置を「ON」から「ACC」に。これによって、停止中もウインカーなどが作動する。

 発進はこの逆の操作で行う。意外とややこしい。「慣れないと誤作動や発進が遅れたりするので、落ち着いて」と中本さん。焦りは禁物だ。

 エンジンを始動する時に必要な燃料はアイドリング5秒分に相当するので、それ以上停止する場合は大きな省エネになる。大通りに出る際、青信号待ちで約1分間のアイドリングストップにチャレンジ。ちょっと得した気分になった。

○燃費が26%改善

 エコドライブの効果はどうだったのか。走行の後、診断書をもらった。1リットル当たりの走行距離は7・27キロから9・18キロに延び、燃費は26・2%も改善した。エコドライブで1年間に1万キロ走行すれば、CO2削減量は約663キロに上り、杉の木47本分のCO2吸収量に相当するという。

 中本さんは「エコドライブは地球環境とお財布にやさしいだけでなく、同乗者が安心できる安全な運転につながります」と強調した。

 エコドライブはやってみると意外と簡単。効果も大きい。少しの心がけで習慣化できそうだ。良いことずくめのエコドライブの輪をもっと広げたい。

エコドライブ10のすすめ
   鳥取県内の自動車教習所8校が、全国規模でエコドライブを普及するエコモ財団認定のエコドライブ講習を実施している。

 講習では座学と実習を通じて、車から排出されるCO2を減らす運転テクニックをまとめた「エコドライブ10のすすめ」(エコドライブ普及連絡会策定)について学ぶ。これまでに受講者約450人に修了証が授与された。
トップが語る環境問題

もったいない運動9年目

有限会社赤碕清掃 
(琴浦町赤碕)
代表取締役 岡ア 博紀

 琴浦町内で取り組んでいる、古紙回収・リサイクル事業の「もったいない運動」が、おかげさまで9年目を迎えます。リサイクルされず、可燃ごみとして処理 される紙があまりにも多いことに気付き、町内の事業所を対象にした古紙回収としてスタートしました。地域の皆さまへ恩返しするつもりで、取り組みを町内の 一般家庭へ拡大し、今では90以上の地区に回収ステーションを設置させていただけるまでになりました。

 小学校におじゃまして、子どもたちにリサイクルの仕組みなどを伝える「環境学習」も継続しています。リサイクルできる古紙は、潜在的にはまだまだあると考えています。今後も地域の皆さまと環境に役立てるよう、皆さまからのご意見に耳を傾け、事業を継続していきます。

ウォッチ地球環境

地球温暖化は社会に打撃

学校にも行けずテントなどで過ごすシリア難民の子どもたち(写真提供:ドイツ難民支援民間組織フリュヒトリンゲヒルフェ)
 このままのペースで私たちが温室効果ガスを出し続けると、2050年には世界の平均気温が2度も上昇してしまう。国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が警鐘を鳴らし始めて久しいですが、地球温暖化の影響と思われる干ばつや熱波、豪雪などの異常気象が起こる頻度は増加の一途をたどっています。

 そんな中、ヨーロッパで問題になっているシリア難民問題について、実は温暖化が遠因と指摘する専門家がいます。500年に1度の規模の干ばつが20年以上続いた上に、11年の史上最悪の干ばつが社会に打撃を与えたことが紛争の火種になったというのです。さらに、異常気象は紛争が起こる率を高めるとの研究結果も発表されました。

 地球温暖化は人間による大量の温室効果ガスの排出が原因と考えられています。私たちの暮らしが世界中で気候や社会を不安定にし、紛争を起こし大量の難民を発生させる原因の一つとなっているのです。

 (鳥取県地球温暖化防止活動推進センター・山本ルリコ)
トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)