トップ > 記事
特集一覧

2017

vol109“鳥取らしく”学び実践 2017/06/24
vol108冷蔵庫買い替え 電気代安く大幅省エネ 2017/05/24
vol107安全こだわる市民農園 2017/04/23
vol106世代超え楽しく伝える 2017/02/24
vol105温暖化対策にどう取り組む 2017/01/30

2016

vol104激変する鳥取の気候 気象庁・石原調査官が報告 2016/12/23
vol103よみがえれ中海 自然再生への活動を紹介 2016/11/23
vol102企業の社会貢献 取り組み紹介 2016/10/25
vol101減らそう「食品ロス」 2016/09/27
vol100深化する省エネ住宅 2016/08/19
vol99環境と安全な食を守る 2016/06/24
vol98広がる再生可能エネ利用 2016/05/25
vol97エコドライブ体験 2016/04/24
vol96とっとり こどもエコ検定 2016/03/23
vol95省エネ診断で光熱費“見える化” 2016/02/25
vol94広げようエコ活 環境座談会 2016/01/23

2015

vol93次世代資源・メタンハイドレート 2015/12/21
vol92ユニーク エコ活動 2015/10/25
vol91鳥取砂丘を草原化から守れ! 2015/09/26
vol90木質バイオマス発電所稼働半年 2015/08/24
vol89とっとり こどもエコ検定 2015/07/21
vol88中海の環境浄化を目指すNPOの取り組み 2015/06/21
vol87広がる鳥取県産材活用 2015/05/23
vol86エコ生活の達人に学べ 2015/04/25
vol85再生エネ代表 太陽光発電 2015/03/29
vol84究極の低燃費実感 鳥取−境港間をPHVで往復 2015/02/24
vol83マイバッグで行こう! 2015/01/24

2014

vol82官民協働の湖山池アダプトプログラム 2014/12/22
vol81とっとりエコ検定 2014/11/15
 とっとりグリーンウェイブ新聞 2014年度号 2014/10/21
vol80自然を守る達成感 2014/10/20
vol79次世代型ツーリズム推進 2014/09/20
vol78自然のパワー実感 2014/08/28
vol77とっとり こどもエコ検定 2014/07/25
vol76「安全でおいしい野菜」評判 2014/06/22
vol75環境にやさしいまちづくり 2014/05/19
vol74米子で進む「低炭素」への道 2014/04/25
vol73親子で“エコ活”チャレンジ 2014/03/22
vol72環境に優しいエコストーブ 2014/02/27
vol71内窓で快適空間 2014/01/30

2013

vol70とっとり こどもエコ検定 2013/11/29
vol69とっとり次世代エネパーク 見て、触れる環境 多彩な30施設で構成 2013/10/30
vol68とっとり共生の森 官民一丸 守れ カーボン・オフセット 2013/09/27
vol67広がれ 4R 循環型の社会を目指して 2013/08/27
vol66とっとり こどもエコ検定 2013/07/31
vol65自然環境を守り、安全・安心な食担う  2013/06/29
vol64協賛店舗がポイントや割引サービス 2013/05/25
vol63「鳥取エコハウス」普及に力 2013/04/28
vol62県民挙げgreenウェイブ 2013/02/25
vol61新春座談会 より豊かに暮らすヒント 2013/01/29
 
vol.101減らそう「食品ロス」


2016.9.27

フードサポートや削減レシピ 「捨てずに活用」目指す

 
 リサイクルなど“4R”実践活動を推進する鳥取県で、まだ食べられるのに廃棄される食べ残しなどの「食品ロス」が大きな課題となっている。県内の家庭から出る食品ロスは、全ての県民が毎日、おにぎり1個を食べずに捨てる量に相当する。削減に向けた対策は待ったなし。その現状と取り組みを探った。
県生協(鳥取市河原町布袋)を訪れ、提供された食品(写真下)を受け取る八頭町社協の職員たち

■県民運動盛り上げを

 資源循環型社会の構築を目指す鳥取県は、国が提唱する3R(リデュース=工夫して減らす、リユース=繰り返し使う、リサイクル=分別して資源として使う)に、リフューズ=不要なものは断る=を加えた4Rの実践を推進する。  リサイクル率が全国4位に躍進するなど着実に成果を上げる。その一方、食品ロスや生ごみの水切りなど、生ごみを減らすリデュースの不徹底が目立ってきた。  県の2015年度家庭系生ごみの組成調査によると、家庭から出る生ごみの量は年間約4万2千トン。このうち手つかずの食品と食べ残し、食べられる調理くずを合わせた食品ロスが約4割を占める。  危機感を募らす県は、初の「4R推進県民大会」を10月22日、米子コンベンションセンターで開く。先進的取り組みで知られる福井県連合婦人会による食育の事例発表などを通して、食品ロスの現状と問題解決のためのアイデアを学ぶ。  県循環型社会推進課の中西徹課長補佐は「食品ロスの大量発生は、食料資源の浪費、環境への負荷をもたらす。県民にまず問題を認識してもらい、食品ロス削減の県民運動を盛り上げたい」と多くの来場を呼び掛ける。

■生活困窮者に提供

亀崎教授が授業で学生と考案した食品ロス削減レシピ
【レシピ1】ユズの皮を使ったパウンドケーキ。左から60グラム、40グラム、20グラム使用
【レシピ2】キャベツの外葉を使った生八つ橋
【レシピ3】ダイコンの葉を使ったパウンドケーキ
 コメや食パン、牛乳、卵、豆腐…。コンテナの中に多種多様な新鮮な食品が並ぶ。  八頭町社会福祉協議会が4月から始めた「八頭町フードサポート事業」。あらかじめ登録した企業と個人が、販売せずに廃棄する商品や出荷調整で処分する農産物などを生活困窮者に提供する。  休職中やけが、病気療養中などの理由で生活に困っている相談者が支援の対象。最大で5日分の食料を確保し、その間に自立支援プログラムを手配して生活再建を手助けする。  これまでに物流拠点を近くに持つ県生協と農家3人が登録。県生協は組合員への輸送中のトラブルに備えた予備分の食品を、農家はコメや野菜を提供する。提供を受けた人たちは「安心して生活できる」と大喜びだ。  同社協の西尾美砂代係長は「食材の提供をお願いすると、すぐ対応してくださり、困っている人に届けることができる。食品の有効活用にもつながる」と感謝して運用する。

■おいしく“変身”

 「もったいないを広めよう」。8月下旬、食品ロスをテーマにした県連合婦人会の初の研修会。鳥取短大の亀崎幸子教授が講演し、食べられるのに捨てられる調理くずなどで作る食品ロス削減レシピを紹介した。  ミカンの皮を使った菓子、エビの殻を練り込んだうどん、キャベツの外皮を使ったケーキ…。通常捨てられる食材がおいしそうな食品に“変身”。授業で学生たちが開発したレシピだという。  「面白い。ぜひやってみたい」。参加した約230人の女性リーダーたちは、新たな発想に驚きの声を上げた。郡市単位の研修会でも亀崎教授を招いて、食品ロス削減レシピを学ぼうという動きが広がる。  亀崎教授は「商品化できるまでに完成したレシピもたくさんできた。食品ロスの削減につながるように、新たなレシピをもっと開発したい」と意欲を示している。

ウォッチ地球環境

温暖化とサンゴの白化

石垣島名蔵湾にある白化した高さ2メートルを超えるハマサンゴ群体。この他にも、周囲の造礁サンゴの7割以上が白化していた(9月2日撮影)=提供:WWFサンゴ礁保護研究センター長・鈴木倫太郎氏
 今年に入って、温暖化の進行を裏付けるように観測史上最も暑い月が続いています。8月は北日本太平洋側では前線や台風の影響で記録的な多雨となり、北海道や東北など今まで台風がなかった地域が直撃を受けました。

 反対に、私たちの住む西日本は高気圧に覆われやすく、周辺海域では6月から記録的に高い海面水温となりました。そのうえ、いつもなら海水の上下をかき混ぜる役割をする台風が東北にそれたことで、海水温が下がらず沖縄のサンゴが大きな打撃を受け白化が進行しています。

 サンゴ礁はただ美しいだけでなく、魚介類のゆりかごの役割を果たしているため、その減少は魚の減少を意味します。また、島の防波堤としての役割も果たしています。

 さらには、光合成により酸素を供給し、二酸化炭素を樹木の6倍から16倍も吸収するともいわれ、地球の気候を穏やかに保つ立役者でもあります。サンゴの白化は温暖化の被害であるだけでなく、拍車をかけることにつながっているのです。

 私たちの営む社会は絶妙なバランスの気候に支えられていることを認識し、これ以上温室効果ガスを排出しない脱炭素社会の構築を一刻も早く始める必要があります。

 (鳥取県地球温暖化防止活動推進センター・山本ルリコ)
トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)