トップ > 記事
特集一覧

2017

vol111「4R」の循環型社会へ 2017/09/30
vol110EV・PHVが普及 2017/08/31
vol109“鳥取らしく”学び実践 2017/06/24
vol108冷蔵庫買い替え 電気代安く大幅省エネ 2017/05/24
vol107安全こだわる市民農園 2017/04/23
vol106世代超え楽しく伝える 2017/02/24
vol105温暖化対策にどう取り組む 2017/01/30

2016

vol104激変する鳥取の気候 気象庁・石原調査官が報告 2016/12/23
vol103よみがえれ中海 自然再生への活動を紹介 2016/11/23
vol102企業の社会貢献 取り組み紹介 2016/10/25
vol101減らそう「食品ロス」 2016/09/27
vol100深化する省エネ住宅 2016/08/19
vol99環境と安全な食を守る 2016/06/24
vol98広がる再生可能エネ利用 2016/05/25
vol97エコドライブ体験 2016/04/24
vol96とっとり こどもエコ検定 2016/03/23
vol95省エネ診断で光熱費“見える化” 2016/02/25
vol94広げようエコ活 環境座談会 2016/01/23

2015

vol93次世代資源・メタンハイドレート 2015/12/21
vol92ユニーク エコ活動 2015/10/25
vol91鳥取砂丘を草原化から守れ! 2015/09/26
vol90木質バイオマス発電所稼働半年 2015/08/24
vol89とっとり こどもエコ検定 2015/07/21
vol88中海の環境浄化を目指すNPOの取り組み 2015/06/21
vol87広がる鳥取県産材活用 2015/05/23
vol86エコ生活の達人に学べ 2015/04/25
vol85再生エネ代表 太陽光発電 2015/03/29
vol84究極の低燃費実感 鳥取−境港間をPHVで往復 2015/02/24
vol83マイバッグで行こう! 2015/01/24

2014

vol82官民協働の湖山池アダプトプログラム 2014/12/22
vol81とっとりエコ検定 2014/11/15
 とっとりグリーンウェイブ新聞 2014年度号 2014/10/21
vol80自然を守る達成感 2014/10/20
vol79次世代型ツーリズム推進 2014/09/20
vol78自然のパワー実感 2014/08/28
vol77とっとり こどもエコ検定 2014/07/25
vol76「安全でおいしい野菜」評判 2014/06/22
vol75環境にやさしいまちづくり 2014/05/19
vol74米子で進む「低炭素」への道 2014/04/25
vol73親子で“エコ活”チャレンジ 2014/03/22
vol72環境に優しいエコストーブ 2014/02/27
vol71内窓で快適空間 2014/01/30

2013

vol70とっとり こどもエコ検定 2013/11/29
vol69とっとり次世代エネパーク 見て、触れる環境 多彩な30施設で構成 2013/10/30
vol68とっとり共生の森 官民一丸 守れ カーボン・オフセット 2013/09/27
vol67広がれ 4R 循環型の社会を目指して 2013/08/27
vol66とっとり こどもエコ検定 2013/07/31
vol65自然環境を守り、安全・安心な食担う  2013/06/29
vol64協賛店舗がポイントや割引サービス 2013/05/25
vol63「鳥取エコハウス」普及に力 2013/04/28
vol62県民挙げgreenウェイブ 2013/02/25
vol61新春座談会 より豊かに暮らすヒント 2013/01/29
 
vol.108 冷蔵庫買い替え 電気代安く大幅省エネ


2017.5.24
 
 生活必需品ともいえる電気冷蔵庫を見直す動きが広がっている。家電の中でも消費電力量が最大だが、省エネ性能の進んだ最近の機種に替えると、電気代が安くなり、大幅な省エネが期待できる。鳥取県はこの夏、旧型冷蔵庫の処分促進キャンペーンを展開する。

今夏、鳥取県が促進運動 

熱心に冷蔵庫の品定めをする来店者=鳥取市叶のエディオン吉成店

「冷蔵庫を買い替えて電気代が減り、環境にも貢献できてよかった」と話す中山さん=鳥取市用瀬町鷹狩


■熱心に品定め

 鳥取市叶のエディオン吉成店。冷蔵庫コーナーには多種多様な機種が並び、特性や省エネ性能などをアピールする掲示が躍る。暑い夏を控え、買い物客が熱心に品定めする姿が目立ち、関心の高さをうかがわせる。

 「電気代についての質問が、特に女性から多い。最近の機種は電気代がお得なので、購入が増えている」と藤井誠二店長代理が説明する。

 家電の消費電力量を見ると、トップが冷蔵庫(14・2%)で、次いで照明器具(13・4%)テレビ(8・9%)エアコン(7・4%)=2011年の経済産業省調査=の順。冷蔵庫は24時間、365日稼働するため、消費電力量が大きい。

 だが、最近の冷蔵庫は省エネ技術の進歩によって、省エネ性能が格段に進展。10年前の機種と比べると、「64%の節電」「年間電気代が1万3千円お得」と記されたチラシもあった。

■年2万円節約

 鳥取市用瀬町鷹狩の会社員、中山俊一さん(60)は3年前、家庭で2台活用する冷蔵庫のうち、サブ用の中型冷蔵庫を買い替えた。20年間使用したので不具合が出始めたためという。

 山陰エコライフ研究所(鳥取市)の省エネ診断を受けた結果、新型は旧型より容量が40リットル大きかったが、年間消費電力量が756キロワット時も下がった。削減量を二酸化炭素(CO2)に換算すると544キロ(杉の成木約38本分の吸収量)に当たり、年間電気代が約2万円も節約できる計算だ。

 「数字で確認してみて、こんな大きな差があるとは思っていなかった。買い替えて良かった」。中山さんが驚きの声を上げる。

 診断した西村孝一主任研究員は「冷蔵庫を新型にするだけで、大きな節電と経済効果がある。地球温暖化対策の力になる」と買い替え効果を強調する。

■低い節電意識

 鳥取県が今冬、県内の約2千世帯を対象に実施した省エネアンケートによると、県民は冷蔵庫などの利用で節電意識が低いことが浮き彫りになった。冷蔵庫の設定温度の抑制は48・9%で、冷蔵庫の製造時期は「2005年以前」が26・4%に上り、新型への買い替えが進んでいない実態が分かった。

 このほか、県内では2台以上の冷蔵庫を使用する家庭が多い(県地球温暖化防止活動推進センター調査)傾向もある。

 このため、県は2台目以上の冷蔵庫を処分すると、経費相当の県産品をプレゼントするキャンペーンを計画。家庭の冷蔵庫1台化や新型への買い替え促進を狙う。

 地球温暖化対策の新協定「パリ協定」では、日本は2030年の温室効果ガス排出量を、13年比で26%(家庭部門は40%)削減する目標を掲げており、鳥取県は国を上回る26・9%の削減を目指している。

 県環境立県推進課の秋山賢治課長補佐は「このキャンペーンが家庭の生活スタイルを見直すきっかけになれば。無理のない省エネを進めてほしい」と話している。


地球温暖化はいま

太陽光発電システムのトラブル防止のために
必ず保守点検・維持管理を

今年2月の記録的な豪雪の影響で破損した太陽光発電パネル=鳥取市内
 石油、石炭などの化石燃料の使用によって排出される温室効果ガスは、地球温暖化の大きな原因となっています。化石燃料に代わる太陽光、風力などの再生可能エネルギーの導入を促進することは地球温暖化防止対策上、大変重要な取り組みであり、家庭に設置される太陽光発電システムもその一つです。

 太陽光発電システムは、機器の劣化、積雪や台風などの影響により機能が低下することがありますので、定期的な保守点検や維持管理が必要です。点検を怠ったためにパネルの破損や周辺機器の故障に気づかず、最悪のケースとして火災の原因になったという事例が報告されています。

 また、当初の計画通りの発電量が確保されているかどうかのチェックも欠かせません。設置の時には気付かなかった樹木などの影や、家庭に流れてくる電気の電圧の影響で、予測していた発電量を下回ってしまうというトラブルもよくある事例です。

 再生可能エネルギーで発電された電気を、一定の期間、電力会社から購入する価格より高い価格で売ることができる固定価格買い取り制度により、太陽光発電システムの導入は著しく増加しました。

 今年4月1日からこの制度が改正され、今後は保守点検や維持管理などの計画を策定することが義務付けられました。これは既にこの制度の認定を受けて太陽光発電システムを設置している家庭にも適用され、今年9月末までに計画を提出しなければなりません。

 太陽光発電システムの安全性の確保や発電能力を維持するためには、専門的な知識が必要となります。設置者の利益を損なうことなく、また地球温暖化防止対策としてさらに導入を進めるためにも、充実した導入促進制度や保守点検・維持管理のための支援体制が求められています。
 (鳥取県地球温暖化防止活動推進センター、石黒仁士)

お薦めの一冊

「ドイツのコンパクトシティはなぜ成功するのか」

村上敦著

 渋滞は交通問題ではなく不動産問題。豊富な資料を基に、コンパクトシティーといえば公共交通の充実からと思っている人の誤解を解く一冊。
 著者は、既刊書『キロワットアワー・イズ・マネー〜エネルギーが地域通貨になる日、日本は甦(よみがえ)る〜』をきっかけに各地の講演依頼が殺到する在ドイツ環境ジャーナリストで、鳥取県内の地域エネルギー事業にも影響を与える人物。他の先進国と比べて低い日本の労働生産性の要因など、目から鱗(うろこ)が落ちるような指摘も随所に。 (学芸出版・2376円) (鳥取県地球温暖化防止活動推進センター、山本ルリコ)


トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)