トップ > 記事
特集一覧

2017

vol113寄付型商品やCO2排出ゼロ化 2017/11/30
vol112紙類回収、リサイクル 2017/10/28
vol111「4R」の循環型社会へ 2017/09/30
vol110EV・PHVが普及 2017/08/31
vol109“鳥取らしく”学び実践 2017/06/24
vol108冷蔵庫買い替え 電気代安く大幅省エネ 2017/05/24
vol107安全こだわる市民農園 2017/04/23
vol106世代超え楽しく伝える 2017/02/24
vol105温暖化対策にどう取り組む 2017/01/30

2016

vol104激変する鳥取の気候 気象庁・石原調査官が報告 2016/12/23
vol103よみがえれ中海 自然再生への活動を紹介 2016/11/23
vol102企業の社会貢献 取り組み紹介 2016/10/25
vol101減らそう「食品ロス」 2016/09/27
vol100深化する省エネ住宅 2016/08/19
vol99環境と安全な食を守る 2016/06/24
vol98広がる再生可能エネ利用 2016/05/25
vol97エコドライブ体験 2016/04/24
vol96とっとり こどもエコ検定 2016/03/23
vol95省エネ診断で光熱費“見える化” 2016/02/25
vol94広げようエコ活 環境座談会 2016/01/23

2015

vol93次世代資源・メタンハイドレート 2015/12/21
vol92ユニーク エコ活動 2015/10/25
vol91鳥取砂丘を草原化から守れ! 2015/09/26
vol90木質バイオマス発電所稼働半年 2015/08/24
vol89とっとり こどもエコ検定 2015/07/21
vol88中海の環境浄化を目指すNPOの取り組み 2015/06/21
vol87広がる鳥取県産材活用 2015/05/23
vol86エコ生活の達人に学べ 2015/04/25
vol85再生エネ代表 太陽光発電 2015/03/29
vol84究極の低燃費実感 鳥取−境港間をPHVで往復 2015/02/24
vol83マイバッグで行こう! 2015/01/24

2014

vol82官民協働の湖山池アダプトプログラム 2014/12/22
vol81とっとりエコ検定 2014/11/15
 とっとりグリーンウェイブ新聞 2014年度号 2014/10/21
vol80自然を守る達成感 2014/10/20
vol79次世代型ツーリズム推進 2014/09/20
vol78自然のパワー実感 2014/08/28
vol77とっとり こどもエコ検定 2014/07/25
vol76「安全でおいしい野菜」評判 2014/06/22
vol75環境にやさしいまちづくり 2014/05/19
vol74米子で進む「低炭素」への道 2014/04/25
vol73親子で“エコ活”チャレンジ 2014/03/22
vol72環境に優しいエコストーブ 2014/02/27
vol71内窓で快適空間 2014/01/30

2013

vol70とっとり こどもエコ検定 2013/11/29
vol69とっとり次世代エネパーク 見て、触れる環境 多彩な30施設で構成 2013/10/30
vol68とっとり共生の森 官民一丸 守れ カーボン・オフセット 2013/09/27
vol67広がれ 4R 循環型の社会を目指して 2013/08/27
vol66とっとり こどもエコ検定 2013/07/31
vol65自然環境を守り、安全・安心な食担う  2013/06/29
vol64協賛店舗がポイントや割引サービス 2013/05/25
vol63「鳥取エコハウス」普及に力 2013/04/28
vol62県民挙げgreenウェイブ 2013/02/25
vol61新春座談会 より豊かに暮らすヒント 2013/01/29
 
vol.110 EV・PHVが普及


2017.8.31
 
 環境負荷の少ない電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)が、鳥取県内でも普及している。全国トップ級の充電インフラ整備が背景にあり、公共バスやカーシェアリングなど多方面で利用され、エコカーの魅力をアピールする。

全国トップ級 充電インフラ整備 多方面で利用、魅力アピール

住民の足として利用されるEVの巡回バス=日南町生山

智頭石油のカーシェアリングで1番人気のBMWのPHV「i3」=鳥取市富安1丁目の智頭石油サウスステーション

「小回りが利く」と職員らから好評の超小型EV=鳥取県庁

■電欠心配なし

 充電して電気モーターで動くEVは、走行音が静かで、環境に悪影響を与える窒素酸化物(NOx)や温室効果ガスなどを排出しない。PHVは電気とガソリンを併用するが、通常時はEVと同じ電力走行で、電力がなくなると燃料に切り替わる仕組みだ。

 EV、PHVは昨年3月までに全国で約14万台が普及。鳥取県内では、EV502台、PHV427台の計929台が登録(今年7月末現在)されている。これに伴い、充電器の設置台数が大幅に増加。急速充電器78基、普通充電器102基の計180基が整備(同)される。いずれも人口比でみると、全国トップ級の水準を誇る。

 充電器はスーパーやコンビニなど人が集まる滞在型商業施設への整備が重点で、道の駅や観光施設などでの導入も増えた。県境や中山間地を除き、電欠の心配なくドライブできる環境にある。

■住民の足に

 日南町や大山町はEVをバスに導入。住民の足としてすっかり定着し、住民から「静かで乗り心地がいい」と好評という。

 日南町は道の駅「にちなん日野川の郷」(同町生山)から約1キロ圏内に商業、医療、行政機関などを集約したコンパクトビレッジの整備を進めており、EVバスが町の中心地域を運行する。

 環境立町を揚げる同町の施策として昨年、ガソリン車に加えて導入。7人乗りワゴン車で、道の駅を午前9時〜午後3時の約1時間おきに出発。町の中心地域を25分で1周する。運賃は1回200円。

 大山町では2012年、町営巡回バスを廃止し、EV5台によるオンデマンドバスに切り替えた。利用者が年々増えており、現在は町民約1100人が登録している。

 乗車1時間前までに電話で予約。町内168集落に379カ所の乗り場を設け、医療機関やスーパーなど80カ所の目的地まで集落発7便、目的地発8便を設定する。運賃は1回500円。

 両町の担当者は「(EVバスが)自然豊かな町の環境をアピールしてくれる」と町のイメージアップを期待する。

■2次交通にも

 鳥取市の鳥取砂丘コナン空港では、EVとPHVのレンタカー2台が空港利用の観光客やビジネス客に環境にやさしい2次交通として利用されている。人気が高く、予約は連日ほぼ満杯状態だ。

 県の委託を受けた智頭石油(智頭町)が事業を展開。レンタカーは同社や旅行サイトのホームページから申し込み可能。12時間2500円で利用できる。

 また、同社が鳥取市内で運営するEV・PHVのカーシェアリング事業も好調。単身赴任の会社員や学生など約500人が登録。毎月120回を超す利用があり、増加傾向にある。

 カーシェアリングは車の共同利用システム。車の購入や維持管理の必要がなく、安価で利用できるなどのメリットがある。市内に4車種10台が配置され、1番人気はBMWのPHV「i3」という。

■公用車としても

 県は超小型EV5台を公用車として職員が利用するほか、県民に有料で貸し出している。

 幅1・1メートル、高さ1・5メートルとコンパクトな車体で、1回の充電で約50キロ走行できる。県庁と中部総合事務所などに配備される。

 職員が公務に利用し、それ以外は県民も会員登録して専用サイトで予約すれば、平日、休日を問わず15分200円で利用できる。職員らから「運転操作が簡単で、小回りが利くので走りやすい」と評判は上々という。

 県は今後のEV・PHV普及に向けた新たな取り組みとして、次世代型エコツーリズムの推進を挙げる。県環境立県推進課の足立浩司課長補佐は「県外観光客向けカーシェアリングなど、EVを使った観光誘客にも力を入れたい」と話している。


トップが語る環境問題

うちわを再利用

リバードコーポレーション
(鳥取市徳尾)
代表取締役社長 川口 大輔

 川口グループでは「再利用」というエコテーマを掲げており、その一環が本年も「川口グループ連」として参加したしゃんしゃん祭で使用した「うちわ」です。これは弊社しゃんしゃん実行委員会の本部監督と川北委員を中心とするメンバーの発案から、皆で使用済みうちわを手作り補修し、再利用しようという試みです。

 結果、多くの社員の協力のもと、150枚の弊社オリジナルデザインうちわが出来上がり、川口グループ連傘踊りをさらに盛り上げてくれました。

地球温暖化はいま

欧州は半分がディーゼル車 自動車産業のこれから

 日本で乗用車というとガソリン車が常識です。世界の自動車大国である中国やアメリカでもほぼ同じですが、ヨーロッパでは全く違った姿になっています。

 図は、2016年のヨーロッパ各国の新規登録乗用車の中に占めるディーゼル車の割合を示したものです。約半分がディーゼル車となっています。

 もともとディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンに比べると二酸化炭素(CO2)の排出は少ないのですが、窒素酸化物やPM2・5といった大気汚染物質の排出が多いといわれてきました。

 1990年代に入ると新しい技術でマイナス面が改良されてくるようになり、さらにドイツでは小型のディーゼルエンジンの技術が発達して、この結果、ヨーロッパで乗用車への搭載が急速に広がりました。地球温暖化対策に効果的ということも理由の一つです。

 ところが、2015年にドイツのフォルクスワーゲン社の排気ガス不正問題が明るみになり、ディーゼル車への信頼が少し変化しています。これに加えて、今年7月、フランスとイギリスが相次いで「40年までに、ガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する」という方針を公式に発表しました。パリ協定の長期的な目標を達成するための積極的な政策ということです。

 この動きが世界の国々にどのように波及していくのか注目されます。もはや、ガソリン車、ディーゼル車で長所、短所を争っている場合ではなくなってきました。これから先、自動車産業は大変なことになりそうです。

 (鳥取県地球温暖化防止活動推進センター・岡崎誠)

トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)