鳥取県では全県民が環境問題について考え、行動していくためのファーストアクションとして、あなたのエコ宣言を募集しています。自分が取り組みたいエコ活動を宣言することがエコライフの第一歩です。
[新着] エコ宣言
夏のシャワーの温度はぬるめで上等❗ゴン
ごみの減量、どこまでできるか、1週間やってみる!すずか
星がきれいな夜空を見て、素晴らしい環境のなかに住んでいることを実感しましょう。環境を大切にしたいという思いがより強くなれば。けんにい
» もっと見る » 投稿する
2405

 地球環境を守るため、一人ひとりができることがあります。鳥取県は人口57万人の小さな県ですが、全県民が環境問題について興味を持ち、小さなことからでも行動に移していくことができればどうでしょう。鳥取から地球環境を守ることはできるはずです。

 「みんなのエコ宣言プロジェクト」では、鳥取県民の57万人の皆さんからのエコ宣言を募集します。県民として地球のためにできるエコ活動の第一歩となるのがエコ宣言です。節水、節電、ゴミ問題、通勤通学など無理なく取り組めるエコ活動は意外と多いもの。

 まずは気軽に宣言することからはじめてみませんか?

1.
1stアクションとしてエコ宣言に応募してエコライフの第一歩を踏み出そう!
応募はコチラ
2.
宣言したエコ活動について身近な人と話したり、SNSなどで共有するなど鳥取県民で取り組むエコ宣言プロジェクトを広めよう。
3.
宣言した内容を実践しよう。
※エコ宣言応募者には後日、イベントの詳細やお得な情報をお届けします。
※イベントの詳細は2017年夏ごろに発表します。

» 賞品はこちら
※HPやSNSに宣言と名前(ニックネーム)が表示されます。
※メールアドレスは当選通知やお得な情報案内に使用します。一般には公開されません。
※一部の宣言と名前(ニックネーム)は日本海新聞紙面に掲載される場合があります
1次しめ切り…6月30日
2次しめ切り…9月30日
3次しめ切り…12月31日
4次しめ切り…2月28日

 21世紀は環境の世紀という。健康被害や地球の生態系の破壊に関わる環境問題を改善していくには、一人一人が問題を認識し行動することが大切だ。エネルギー関連企業や住民団体などでつくる「とっとり環境推進県民会議」が、鳥取県民から身近な実践目標「エコ活動宣言」を募る中、個人・団体・企業の環境保全につながる取り組みと、それを支援する県の施策などを紹介する。

街を離れ、星空を感じて
八頭町出身、横浜市在住 「小鳥の家族in鳥取砂丘」 主催・水本俊也さん


水本俊也さん

水本さんには「明かりを消して見上げたい夜空」が県内にたくさんあるという=八頭町内(水本さん提供)

 八頭町出身の写真家、水本俊也さん(44)=横浜市在住=は、鳥取県の自然の豊かさを背景に、家族写真を撮影して発表する企画「小鳥の家族」を2013年から主催。14年から始めたのは昼間の鳥取砂丘で撮影を終えた後、夜の砂丘に寝転んでの星空鑑賞だ。夜もこうこうとまちを照らす光から少し距離を置き、瞬く星空を体いっぱいに感じてもらうためだ。今年から県の「星取県ライトダウンキャンペーン」(21日〜8月28日)の関連イベントの一つでもある。

■「もったいない」

 夜の砂丘を撮影した水本さんは「観光客も地元の人も、この星空を見ないなんてもったいない」。宝物を共有したい気持ちで撮影後の星空鑑賞を加えた。

 撮影した家族は100組以上。任意の星空鑑賞に、みんなが参加してくれることに水本さん自身が驚いている。「家族が肩寄せて静かに見て、流れ星の時だけ歓声が上がる」

■引き込まれる

 山間部、川辺、湖畔と、不要な明かりを落として夜空を見上げたい候補地がたくさん。星空の世界に引き込まれているのが伝わる光景は、やがて恵まれた自然環境に思いをはせるきっかけになると感じている。

 県は同キャンペーン期間中、星空コンサートや観測会など、県内全域で星空を楽しむイベントへの参加を呼び掛けている。

エコ活動について詳しくは鳥取県地球温暖化防止活動推進センターサイトをご覧ください。

環境を重視した地域づくり「環境立県」を目指し、「県民とつくる持続可能で安心な暮らしと環境」の実現に向けてさまざまな取り組みを行っています。

鳥取県内の様々な団体や個人をつないで地球温暖化防止活動を盛り上げます!
環境学習会開催等のご相談はお気軽に事務局へご連絡ください。

日本海新聞で月に1回掲載している環境キャンペーン特集の特設サイト。特集記事のバックナンバーや協賛スポンサーの情報を掲載しています。