鳥取ICT最前線

  •  小代を空撮スポットに 動画制作会社社長が現地入り 会員限定記事

    2018年06月15日

     全国の「ドローン操縦者」と、空撮適地としての「香美町小代区」をつなげる仕組み作りが始まった。取り組むのは、香美町地域おこし協力隊の河田愛さんと、空撮動画の制作会社「ドローンエモーション」(東京)の代表、田口厚さん(41)。

    »全文を読む
  •  米子がいな祭、花火費用をネット調達 21日から 会員限定記事

    2018年06月14日

     7月28、29両日に鳥取県米子市で開催する「第45回米子がいな祭」(同祭振興会主催、新日本海新聞社特別後援)のフィナーレを彩る花火について、市はクラウドファンディングで150万円を目標に費用を集める。

    »全文を読む
  •  情報システム 改修を前倒し 県、改元に向け 会員限定記事

    2018年06月13日

     鳥取県は12日、2019年5月1日の新天皇即位に伴う改元に向けた庁内連絡会議の初会合を開き、情報システムについて、各部局で改修準備に順次取り掛かる方針を確認した。新元号の公表が想定される来年4月1日前後は

    »全文を読む
  •  小代を空撮、全国発信 河田さん、ドローン操縦で資格 会員限定記事

    2018年06月13日

     ドローンで美しい小代を空撮-。兵庫県香美町地域おこし協力隊員で、同町小代区の日本で最も美しい村・香美町小代事務局に勤務している河田愛さんが、ドローンの操縦技能証明証を取得した。小代の風景をドローンで空撮し、

    »全文を読む
  •  地元企業の魅力に触れる キャリア教育事業で八頭高 会員限定記事

    2018年06月10日

     企業訪問を通して自分の生き方や将来の仕事について考える本年度1回目のキャリア教育事業(鳥取県中小企業団体中央会主催)が9日開かれ、八頭高探究コースの2年生79人が県東部の8企業を訪問。地方ならではの強みを生かし、オンリーワンの商品や技術を県内外に発信する地元企業の魅力に触れた。

    »全文を読む
  •  地域課題、高校生が解決 SIH県東部説明会 会員限定記事

    2018年06月10日

     高校生が地域課題を見つけて解決に取り組む「ソーシャルイノベーションハイスクール(SIH)2018」の説明会が9日、鳥取市栄町のカフェソースバンケットで開かれた。鳥取県東部6校から参加した37人がアイデアを提案するワークショップなどを体験。仲間と協力しながら、身近な課題を解決に導く魅力に触れた。

    »全文を読む
  •  スマホやテレビどう付き合う? とっとり子どもサミット 会員限定記事

    2018年06月10日

     子どもたちがスマートフォンなど電子メディアとの付き合い方について考える「とっとり子どもサミット」が9日、鳥取市国府町庁の町コミュニティセンターであった。鳥取県東部の小中学生14人が電子メディアの長所と短所を出し合い、使用上のルールや気を付けることを決めた。

    »全文を読む
  •  新技術の効率化に驚き ドローンの除草剤散布実演 会員限定記事

    2018年06月08日

     鳥取県立農業大学校(倉吉市関金町)の近くの実習水田で4日、小型無人機ドローンによる水稲除草剤散布が行われた。同校の作物コースの1、2年生を中心に約20人の学生が散布作業を見学した。

    »全文を読む
  •  農業のデータベース 県内図書館で利用可能に 会員限定記事

    2018年06月06日

     鳥取県立図書館(鳥取市)は、県内18市町村の公立図書館と、農業情報を扱う会員制オンラインデータベース「ルーラル電子図書館」の共同利用をスタートさせた。従来は県立図書館のみで利用できたが、

    »全文を読む
  •  水稲栽培を省力化 スマート田植機、今年も実証試験 会員限定記事

    2018年06月05日

     モノのインターネット(IoT)技術で、土壌の深さや肥沃(ひよく)度を測定しながら最適な施肥量を自動制御する「スマート田植機」の実証試験が始まり、鳥取市内海中の農事組合法人「因幡白兎」のほ場で4日、田植えが行われた。

    »全文を読む